吾妻小舎(あづまごや)オフィシャルブログ 吾妻山便り

吾妻山の四季の移ろいや登山道の様子、吾妻小舎の宿泊情報、交通情報などをお知らせします

吾妻小舎のシャクナゲが開花しました

2017-07-16 20:08:04 | 季節の移ろい(夏)

今年は5、6月の雨不足と低気温で、植物の開花や成長が遅れがちでした。
吾妻小舎の庭のシャクナゲも、7月13日(木)に、やっと2輪開花しました。
これから徐々にシャクナゲの開花が進みます。
吾妻小舎より10日ほど早く咲き始めた浄土平周辺のシャクナゲのほか
桶沼歩道・鎌沼周辺・高湯温泉登山道・ラクダ山コースなどでもシャクナゲは見られます。

そしてな、な、なんと
管理人・高橋がケイタイをガラケーからスマートフォンに変え

現地から送られてくる写真がきれいになりました~

管理人・高橋は、慣れないスマートフォンに四苦八苦しているようですが
使い勝手が馴染めば、きっと季節の変化がわかる写真が届くようになると思います。
今はまだ練習中のようで、なかなか思うようにいかないとのことでした。




<吾妻小舎にあるネモトシャクナゲ>


7月14日(金)には、吾妻小舎のネモトシャクナゲが開花しました。
写真は高橋が撮影した物です。
(いいね~その調子)。
ネモトシャクナゲは、ヤエハクサンシャクナゲ(八重白山石楠花)とも言い
福島県の県花に指定されています。
ハクサンシャクナゲのおしべが花弁化して、八重咲き状に変化したもので
吾妻山・安達太良山以外では、岩手山・鳥海山・男体山で確認されているだけだそうです。



<カラマツソウも咲き始めました>


吾妻小舎の庭や桶沼に続く斜面では、カラマツソウが咲いています。
(う~んもう少し寄って、アップがほしい~



©郡川正次
<線香花火のようなカラマツソウの花>


カラマツソウの花は、線香花火が火花を散らしてもう終わる…、という頃の
最後の儚い様子に似ている気がします。
目立つ花ではありませんが、蕾も花も大変かわいらしい雰囲気を醸し出しています。
吾妻小舎の庭以外では、姥ヶ原から東吾妻山までの登山道でも見ることができます。


各地で真夏日が続き、夜も気温が下がらないことで寝苦しく
睡眠不足に陥っていらっしゃる方も多いと思います
吾妻小舎は標高1580mですので、福島市街地の気温より約10度低く
また、湿度も低いので、快適にお過ごしになれます
蒸し暑く寝苦しい夜から逃れて、吾妻小舎でゆっくりお休みになりませんか。

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花はそこに咲くから美しい ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む