吾妻小舎(あづまごや)オフィシャルブログ 吾妻山便り

吾妻山の四季の移ろいや登山道の様子、吾妻小舎の宿泊情報、交通情報などをお知らせします

8月18日の浄土平 余談:スマートフォン悲喜こもごも

2017-08-19 16:47:46 | 季節の移ろい(夏)

ブログの更新が滞り、皆様への情報提供が1か月余りなかったこと
申し訳なく思っております。


実は…
7月16日のブログで記載したように、管理人・高橋のスマートフォン移行により
画質が向上した写真つきでの情報提供が可能になったと思っていましたが
完全なる糠喜びに終わりそうです

トホホ…

高橋は、ガラケーのショートメールを覚えるのに14年掛かったそうで
ガラケーとは異なるスマートフォンの操作に
完全に混乱(錯乱?)状態に陥っています。
メールはおろか、メールへ写真を添付する操作
いえいえ、それ以前に、写真撮影も儘ならないとのこと。
7月16日の写真は、操作ができる方に頼んで送ってもらった事実が発覚しました。

ガガーン

困ったブログ管理人は、ボランティアスタッフの一人の方に写真提供を依頼。
その方が快く引き受けてくださいましたので
今後、スタッフが小舎に上がった際には
写真つきでの情報提供が出来るようになると思います
感謝、感謝です


では、早速ボランティアスタッフ撮影の写真をご紹介しながら
8月18日(金)の浄土平の様子をお知らせします。


<リニューアルした浄土平ビジターセンター>


浄土平ビジターセンターは、火山噴火に備えた屋根補強を伴う工事のため
昨年9月から閉館していましたが、8月3日(木)に再開館しました。
浄土平にお越しの皆様、ぜひお立ち寄りください。



<登山に向かう人の列>


残念ながら、登山シーズン真っ只中というのに
天候がぐずつきがちで、雨や濃霧の日が多いのが今年の特徴です。
しかし、噴火警戒レベルの引き下げに伴い
昨年10月19日から浄土平から酸ヶ平経由で一切経山に登れるようになったため
天候に恵まれないなかでも登山をする方は多いようです。
一切経山は急峻な崖や滑落しやすい岩場など、危険な場所はありませんが
濃霧では方向がわかりにくくなったり
吹き曝しの環境のため、体感温度が急激に下がる低体温症になる危険性が高い場所です。
浄土平から一切経山までは、標高差もさほどなく、歩行時間も短いので
簡単な登山と考えがちですが、しっかりした装備と余裕のある計画で行動してください。



<浄土平湿原のウメバチソウ>


ウメバチソウが咲くと、秋の足音を感じます。



<色づくクロマメノキの実>

なんと、既に色づいているクロマメノキの実があるようです。
真っ青な空に入道雲が沸き上がるような夏の光景をあまり見ないうちに
秋が確実に迫ってきていることを感じます。
錦の紅葉に彩られた吾妻も美しいですが
今は静かでゆったりとした時間の流れる吾妻をお楽しみいただける季節です。
皆様のお越しをお待ちしております。

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吾妻小舎のシャクナゲが開花... | トップ | 郡川正次写真展 「工場外町、... »
最近の画像もっと見る

季節の移ろい(夏)」カテゴリの最新記事