乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【特集・小池都政】:都民ファーストの会が「国政研究会」を発足

2017-03-31 23:58:30 | 政党・地域政党・政治団体他

【特集・小池都政】:都民ファーストの会が「国政研究会」を発足

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【特集・小池都政】:都民ファーストの会が「国政研究会」を発足

 東京都の小池百合子知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」は31日、国政課題を研究する「国政研究会」を発足させた。

 4月中に第1回の会合を開く。同会所属の都議5人と、同会が公認した都議選候補17人の計22人が参加し、今後、新たな公認候補者もメンバーになる予定だ。都政とも関連する国家戦略特区のあり方や、金融外資の誘致策などをテーマに議論していくという。

 同研究会を巡っては、国政選挙を見据えた「小池新党」の候補者養成の場になるのではとの見方もあるが、小池知事は3月10日の定例記者会見で「その期待に応えられるものではない」と否定している。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【話題・地方自治・東京都・地域政党】  2017年03月31日  23:58:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【三菱東京UFJ銀】:仮想通貨技術で海外送金へ

2017-03-31 23:51:30 | 金融・財政ニュース

【三菱東京UFJ銀】:仮想通貨技術で海外送金へ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【三菱東京UFJ銀】:仮想通貨技術で海外送金へ

 三菱東京UFJ銀行は米バンクオブアメリカ・メリルリンチなど海外の大手銀行6行と連携し、早ければ2018年にも、仮想通貨の技術を使った個人向けの国際送金サービスを始める。

 この取り組みにより、海外送金の手数料を大幅に削減できる見込みだ。

 海外送金する場合、現在は複数の銀行を経由しているため手数料が割高になり、1件あたり3000~5000円程度かかっている。

 三菱東京UFJなどが始める新しいサービスは、「ブロックチェーン」と呼ばれる仮想通貨の技術を使うことで、送金先に直接お金を届けることができ、手数料を大幅に減らせるという。国内外合わせて90行程度が参加する可能性がある。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 経済 【金融・財政】  2017年03月31日  23:51:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園の闇】:当事者ことごとく否定 安倍首相が辻元議員攻撃でまた墓穴

2017-03-31 23:36:30 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園の闇】:当事者ことごとく否定 安倍首相が辻元議員攻撃でまた墓穴

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園の闇】:当事者ことごとく否定 安倍首相が辻元議員攻撃でまた墓穴

 これはまた安倍首相チョンボになるんじゃないか――。森友学園問題で安倍首相逆襲に出て、民進党の辻元清美衆院議員を攻撃した一件だ。

 政府が公開した、安倍昭恵夫人と森友学園の籠池諄子夫人とのメールに辻元議員の名前が登場。そこに、「(辻元議員が)幼稚園に侵入しかけた」「作業員を小学校建設現場に送り込んだ」と書かれていたため、ネットで大騒ぎになった。もちろん民進党は否定していたが、産経新聞が28日、〈辻元氏 「3つの疑惑」〉と報じた。これを受けるかのように、安倍首相は同日の参院決算委員会で森友側への「100万円の寄付」を否定する根拠を聞かれた際、「辻元議員にも同じことが起こっている。これも証明しなければならない」とやったのだ。

衆院予算委員会で質問する辻元氏(C)日刊ゲンダイ

     衆院予算委員会で質問する辻元氏(C)日刊ゲンダイ

 ところが、である。29日、籠池夫人は著述家の菅野完氏の電話インタビューに答え、辻元の幼稚園侵入の記述根拠がないことを白状した。

 「私は(侵入を)見てません。娘がそう言ったので。(そう思ったから書いた?)はい。事実確認したわけじゃありません。(何のエビデンスもないと?)はい」

 ■籠池理事長の証言を「偽証」と言いながら…

 さらに昨夜、TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」が、渦中の作業員に電話でインタビュー。作業員は「辻元さんに送り込まれた事実はない。辻元さんとは面識もない」「正直言って、辻元さんは嫌い」と明言。一部メディアの取材にその旨を伝えた上、誤った報道をしたメディアには抗議をしたことも明らかにした。取材メディアの中には産経新聞も含まれるという。

 「この辻元問題は、森友疑惑本質全く関係がなく、当初、一部のネトウヨが騒いでいただけでした。ところが産経が記事にしたため、安倍首相参院決算委員会言及し、騒ぎが大きくなった。ただ、産経の記事は辻元サイドに短時間に回答を求めて書かれたもので、決算委のある28日付の紙面で、何としても記事化したいという意図があったのではと勘繰りたくなります」(民進党関係者)

 籠池夫人メールについては、菅官房長官が「物的証拠になる」「客観的証拠になる」と発言し、まるで籠池理事長の証人喚問同一視するような発言をしている。しかし、そもそも安倍自民党は、籠池理事長の証言を「偽証」と言っているのに、その夫人のメールは信憑性があるだなんて、論理破綻もいいところだ。

 辻元攻撃はあえなく玉砕の様相。安倍首相墓穴を掘った。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年03月30日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【永田町の裏を読む】:籠池証人喚問の思惑失敗 森友問題で立ち往生の・・・

2017-03-31 23:36:10 | 事件・犯罪・疑惑

【永田町の裏を読む】:籠池証人喚問の思惑失敗 森友問題で立ち往生の安倍政権

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【永田町の裏を読む】:籠池証人喚問の思惑失敗 森友問題で立ち往生の安倍政権

 共同通信の25~26日の世論調査では、安倍晋三昭恵夫妻森友学園国有地取得関与していないと主張していることに「納得できない」が62.6%で、「納得できる」の28.7%を大きく上回った。昭恵夫人を国会に招致して「説明を求めるべきだ」とする人は52.0%で、その「必要がない」とする人は42.8%だった。

幕引きの思惑は完全に失敗(C)日刊ゲンダイ

        幕引きの思惑は完全に失敗(C)日刊ゲンダイ

 同時期に行われたANNの調査では、森友学園の籠池泰典理事長の証人喚問で「疑いがますます深まった」が44%、「ほとんど解決しなかった」が43%で、合わせると87%納得していない夫人が証人喚問か参考人招致か記者会見のいずれかで説明すべきだとする人は合わせて68%にのぼった。内閣支持率はANNで4ポイント減の50.5%、共同で前回11~12日に比べ3.3ポイント減の52.4%だが、前々回2月12~13日と比べると9.3ポイント減とかなり大きな下落となっている。

 これらの数字は、籠池をあえて証人喚問に付して、彼がいかにいい加減な人物かを天下に知らしめることで幕引きを図ろうとした安倍官邸思惑が、完全失敗したことを物語っている。それどころか、多くの人々は、どちらかと言えば籠池が堂々と本当のことを語っていて、安倍夫妻のほうが何やらこそこそと隠し事をしているという印象さえ抱いているということである。

 この国民的モヤモヤ感を吹っ切るには、まずは、両者の言い分が真っ向から対立している100万円の寄付について白黒をはっきりさせるしかない。それには、昭恵を籠池と同じく証人として喚問して国会として、どちらが嘘を言っているのか究明するか、もしくは籠池を偽証罪で告発して司法に解明を委ねるかだが、自民党の下村博文幹事長代行はどちらも「しない」と言っている。

 それでいて下村は、籠池の証言には「事実と違う偽証罪に問われるべき発言が多々あったので、司直の手で対処するということも出てくるのではないか」という言い方もしている。その意味は、「昭恵100万円」問題は早々フタをして、例の3種類の金額の異なる工事請負契約書など別の件で籠池を逮捕させて社会的葬りたいということである。

 しかし、法律の専門家に聞くと、この契約書の件はいかにも怪しいけれども、補助金を実際に詐取していないので補助金適正化法違反に問うのは難しいという。怒りにまかせて籠池を国会に呼んだのはいいが、さあ、次の一手が見つからずに立ち往生しているのが今の安倍である。

高野孟
高野孟ジャーナリスト

  1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年03月30日  06:45:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園の闇】:疑獄を“役人の忖度”に矮小化 目に余る狡猾政権の・・・

2017-03-31 23:36:00 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園の闇】:疑獄を“役人忖度”に矮小化 目に余る狡猾政権印象操作

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園の闇】:疑獄を“役人忖度”に矮小化 目に余る狡猾政権印象操作

 どうして、こんな数字になるのか。森友疑惑窮地に立たされている安倍内閣支持率上昇しているのだ。

 先週23日に行われた籠池泰典理事長(64)の証人喚問の直後、日経新聞が世論調査を実施すると、なんと支持率は前回調査(2月下旬)の60%から62%へ2ポイントもアップしていた。

(C)日刊ゲンダイ

                (C)日刊ゲンダイ

 本来、森友疑惑は、安倍内閣即刻総辞職追い込まれてもおかしくない一大疑獄である。なのに、なぜ支持率上昇するのか。理由は、この問題の“本質”を国民が分かっていないからではないか。大手メディアの報道も、野党の追及も、本質から大きくズレはじめている。

 いつの間にか森友問題の焦点は、森友学園に払い下げられた国有地をめぐって、役人の「忖度」があったのかどうかに移っている。今年の流行語大賞は「忖度」で決まり、などと揶揄されるほどだ。

 安倍首相昭恵夫人に付いていた政府職員が、国有地について財務省照会していたことが発覚したことをキッカケに、野党は「首相夫人首相意向役人忖度したのではないか」と追及し、安倍首相ムキになって「忖度するのであれば、私の地元の陳情はすべて通る。忖度していないことは明らかだ」と否定している。

 しかし、森友問題の焦点が「役人忖度」の有無とは、的外れもいいところだ。間違っても、この疑惑の主役は役人ではないし、役人の責任が問われる話でもない。疑惑の“本丸”は、安倍首相に決まっている。そもそも、役人が「忖度」し、安倍首相の知らないところで勝手判断するなんてあり得ない話である。

 ■安倍首相の意思表示はあった――が自然

 「忖度ということは、明確な指示もないのに、首相の気持ちを推し量った役人が勝手に動いたということでしょう。そんなことがあるわけがない。今回の一件は、国民財産である国有地を8億円も不当安く払い下げた異常行政です。もし、忖度が間違っていたら首が飛ぶ。前例踏襲、保身第一の役人が、そんな危険なことをやるはずがないでしょう。安倍首相から、なんらかの意思表示があった。そう考えるのが自然です」(政治評論家・本澤二郎氏)

 そもそも、安倍首相本人は「国有地の払い下げ」にも「小学校認可」にも関わっていないということが前提になっているが本当なのか。

 もともと、安倍首相と籠池理事長との間に深いつながりがあったのは間違いない。少なくとも、安倍首相が森友学園の教育方針共鳴していたことは確かだ。国会で「妻から籠池先生の教育に対する熱意は素晴らしいと聞いている」と称賛していた。急きょ中止となったが、幼稚園で講演することも籠池理事長と約束していた。キャンセルが決まった時は、わざわざ電話をかけて丁寧謝罪している。

 なぜか大新聞テレビは報じようとしないが、安倍首相籠池理事長のために動いた傍証もある。

 「怪しいのは、2015年9月4日前後の動きです。当日の4日、森友学園サイド、財務省、国交省の3者が近畿財務局の会議室に集まって、国有地の価格交渉をしています。なぜか、前日の3日、安倍首相は国有地を管理する財務省の理財局長と官邸で会い、翌4日には自ら大阪に足を運んでいる。さらに、翌5日には昭恵夫人小学校名誉校長就任しています。3日間何があったのか。本当に安倍首相国有地売却に関与していないのか疑問です」(本澤二郎氏=前出)

 大手メディアも野党も、安倍首相本人の疑惑から離れ、「昭恵夫人が籠池理事長に100万円の寄付を渡したかどうか」ばかりをクローズアップしているが、問題矮小化したい安倍官邸まんまと乗せられているのではないか。

 ◆「森友小学校」は安倍首相理想モデル校

 森友疑惑焦点は、ハッキリしている。右翼仲間である籠池理事長に、安倍首相が便宜を図ったのかどうか、その有無である。

 森友問題の異様さは、園児に「教育勅語」を暗唱させるような偏った教育をしている学校法人がこの時代存在していたことと、そのカルトのような学校法人に総理大臣肩入れしていたことだ。海外メディアが大きく報じたのも、そのことに驚いたからである。英ガーディアン紙は、森友学園を〈レイシズム主張するウルトラナショナリスト教育機関〉と断じている。しかも、その学校法人が、評価額9億円の国有地タダ同然入手していた。

 少なくとも籠池理事長が安倍首相の便宜を期待し、便宜を受けたと信じているのは間違いない。証人喚問の時、堂々と認めている。

 〈安倍晋三先生敬愛以上のものを持っていた。昭恵夫人ともども、小学校開設ご助力いただいていると認識していた。国有地取得では神風が吹いた。なんらかの政治的関与、口利きがあったのだと思う。九分九厘できていたのに、応援してくれていたヒラを返すように離れていった。安倍首相も国会で私を「しつこい人だ」と言い出した〉

 立正大名誉教授の金子勝氏(憲法)がこう言う。

 「籠池理事長が新設しようとした小学校は、安倍首相にとっても、是が非でも開設したい理想モデル校だったのだと思います。教育基本法を変えて教育目標に〈愛国心〉を盛り込み、道徳を教科化した安倍首相教育方針と、籠池理事長の教育方針はピタリ一致している。当初、小学校の名称を〈安倍晋三記念小学校〉としようとしていたのは象徴的です。だから、籠池理事長も賄賂を贈らなくても安倍首相便宜を図ってくれると確信していたのだと思う」

 どう釈明しようが、森友問題安倍首相自身疑獄である。

 ■このままでは森友疑惑は幕引き

 なのに、大新聞テレビだけじゃなく、野党まで「役人の忖度はあったのか」「昭恵夫人は100万円の寄付金を渡したのか」など、森友問題本質離れたことを連日、大きく取り上げているのだからどうしようもない。なぜ、安倍首相疑惑正面から追及しないのか。

 とうとう、「この際、首相夫人の立場を整理すべきだ」などと、トンチンカンなことを主張する野党議員まで現れる始末だ。大手メディアも「たとえ安倍首相が100万円を寄付していても法律には触れない」などと、もっともらしく解説しているのだから話にならない。法に触れようが触れまいが、園児に「教育勅語」を暗唱させるような学校法人に100万円を寄付すること自体が問題だということが、なぜ分からないのか。教育勅語は、戦後、日本政府が正式に排除失効決議したシロモノだということを知らないのではないか。

 これでは、国民森友疑惑イコール安倍疑惑だと理解できず、内閣支持率下落しないのも当然である。なかには「安倍夫妻籠池理事長利用されたみたいだ」と本気で思っている国民までいるから重症である。

 「森友疑惑が不気味なのは、過去疑獄事件と違って金銭動いていないことです。日本最大右翼組織〈日本会議〉に連なる政治家や文化人が、学校開設に一肌脱いで協力した。その中心にいたのが、安倍首相なのではないか。籠池理事長は、まだすべてを話していない可能性もあります。安倍官邸は、昭恵夫人の100万円の寄付など、シロクロがつかない問題に国民の関心が集まっていることをいいことに、最後まで〈ない〉と言い続ければ幕引きを図れると思っているのでしょう。大手メディアも野党も、安倍官邸の印象操作に完全に乗せられている状況です」(金子勝氏=前出)

 このままでは昭恵夫人証人喚問実現せず、内閣支持率上昇し、森友疑惑終息――という最悪結末になりかねない。 

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年03月29日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園の闇】:82年入省組に共通点 「森友」解明阻む悪徳財務官僚の・・・

2017-03-31 23:35:50 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園の闇】:82年入省組に共通点 「森友」解明阻む悪徳財務官僚の源流

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園の闇】:82年入省組に共通点 「森友」解明阻む悪徳財務官僚の源流

 真相解明を求める世論批判が高まるばかりの「森友疑獄」。疑惑が晴れない原因のひとつは、財務省が森友との国有地売買に関する書類を一切破棄して“証拠隠滅”を図ったことだ。さらに国会審議をめぐっても、佐川宣寿理財局長が答弁で「控えさせていただきたい」と回答拒否を続けている。国民をなめきった態度怒り心頭に発するが、「森友疑獄」に登場する財務官僚にはある“共通点”がみられる。

 〈82年度大蔵省新入りエリート骨相――これが現代秀才標本箱

 2001年に休刊した新潮社の写真週刊誌「フォーカス」で、こんな見出しの記事が躍ったのは、81年12月11日号だ。〈この秋、大蔵省が採用を決定した役人のタマゴは27人〉とあり、1人ずつ写真付きで簡単な略歴とエピソードが紹介されている。並んでいるのは今回の「森友疑獄」に絡む人物ばかりだ。

(上)「フォーカス」の記事(下)左から迫田国税庁長官、武内財務省国際局長、佐川財務省管財局長(C)日刊ゲンダイ

 (上)「フォーカス」の記事(下)左から迫田国税庁長官、武内財務省国際局長、佐川財務省管財局長(C)日刊ゲンダイ

 例えば、〈高校時代は、芥川龍之介、柴田翔などを読み、大学では高橋和巳を読んだ〉と紹介されていたのは、佐川理財局長だ。高圧的な態度で答弁している今とは異なり、表情は温和。

 〈大学時代、古典音楽鑑賞会に入り、「いいコンサートをいい席で聴くことに努めた」〉とあったのは、国会の参考人招致で「政治的な配慮をするべくもなかった」と関与を全否定した前理財局長の迫田英典国税庁長官。髪形は「九一分け」で、今よりはフサフサだった。

 ■森友学園が学校建設に動いていた時期に……

 そして、〈「ぼくは(学校の)成績悪いですよ。ボクシングの話しかしませんでした」〉とコメントしていたのが、冨永哲夫現国交省政策統括官だ。冨永氏は2014年7月に理財局次長から近畿財務局長に就任し、昨年6月に国交省に出向。近財局長だった時は、ちょうど森友学園が学校建設に動いていた時期と重なる。国交省のHPによると、政策統括官の仕事は〈多数に渡る関係者間のハイレベル調整必要となる業務を行っている〉。なるほど、財務、国交両省に加え、大阪府も関わった今回の国有地売買調整役ピッタリだ。

 ちなみに、BSフジのニュースで、森友の籠池泰典理事長の「100万円寄付」証言に対し、〈びっくり、呆れた。大変失礼な話〉と批判していた片山さつき参院議員も記事に載っていたが、まあ、どうでもいいだろう。それよりも、おそらく安倍政権は「俺たちには強固財務官僚バック控えているから大丈夫」と思っているに違いない。どうりで、土俵際に追い詰められているにもかかわらず、ヘラヘラ笑っていられるワケだ。元財務官僚で民進党の玉木雄一郎衆院議員はこう言う。

 「今回の問題が長引いている原因は財務省情報公開拒んでいることです。私が入省した時、どの役所よりもメモを取ること、保存しておくことが重要かを叩き込まれました。廃棄はあり得ませんよ。公開しないのは、よほど都合悪い情報が含まれているからと類推せざるを得ません」

 記事は〈国家ガマグチ番人〉と紹介していたが、「番人」の役割はすっかり捨て去り、今や安倍政権の「番犬」に成り下がっている。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年03月30日  06:45:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園の闇】:橋下氏が援護射撃 “森友疑獄”松井知事のエゲつない・・・

2017-03-31 23:35:40 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園の闇】:橋下氏が援護射撃 “森友疑獄”松井知事のエゲつない延命策

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園の闇】:橋下氏が援護射撃 “森友疑獄”松井知事のエゲつない延命策

 森友学園疑惑キーパーソン松井一郎大阪府知事保身躍起になっている。公職にありながらツイッター一方的釈明垂れ流すだけでは飽き足らず、露骨言論封殺にまで手を掛け始めた。エゲツない男だ。

保身に躍起(C)日刊ゲンダイ

             保身に躍起(C)日刊ゲンダイ

 標的にされたのは、ノンフィクション作家の菅野完氏。ベストセラー「日本会議の研究」の著者で、森友学園の新設小に対する大阪府私学審議会のスピード審査をめぐり、松井知事責任追及している。その菅野氏に松井知事が内容証明郵便で「通知書」を送り付けたという。差出人は日本維新の会と顧問契約を結ぶ「橋下綜合法律事務所」に所属する代理人弁護士。

 内容はこうだ。

 菅野氏が15日に自宅前で応じたぶら下がり取材で、「私学審議会を曲げたのはこの男 大阪府知事 松井一郎」と添え書きされた松井知事らの写真を掲げ、「この人たちこそが悪いヤツ」と名指し。それについて、「根拠について証拠資料を添えてご回答いただきたい」と通知したという。菅野氏を「炎上商法狙い自称ジャーナリスト」とコキ下ろしたのはすっかり棚上げだ。

 ■橋下前知事がガード「ハシゴをかけたのは僕

 笑っちゃうのが、通知書の作成日。国会で証人喚問を受けた籠池理事長が松井知事に怒りの矛先を向けた23日なのだ。日本維新の会所属議員もグダグダだった。浅田均参院議員が「松井府知事喚問要求します」と言えば、下地幹郎衆院議員は「松井さんハシゴをかけた」と口を滑らせた。証人喚問終了後、報道陣の取材要請を拒否して松井知事トンズラ。それで何をしていたのかといえば、“菅野対策”に知恵を絞っていたわけだ。

 政治学者の五十嵐仁氏はこう言う。

 「松井知事からすれば、菅野氏の発言で自身に疑惑の目が向けられた。だったら、泥仕合に持ち込み、菅野氏にうさんくさい印象を植え付けて発言信憑性を低めればいい。そうした意図を感じます」

 松井知事はマイクを向けられると「証人喚問で話をした方が早い」と威勢のいいことを言うが、コソコソやるのがよほど好みらしい。27日放送の「橋下×羽鳥の番組」(テレビ朝日系)では、橋下徹前大阪府知事が森友学園の認可について「意向忖度がありました」「ハシゴをかけたのは僕」などと松井知事を守り、懸命火消し。ますますもって怪しい

 そうでないのなら、国会招致を待たずに会見でも開いて、時間を取ってキッチリ説明すればイイだけの話だ。

  元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年03月29日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【政局】:安倍首相を解散に走らせる 自民議員“薬物逮捕”の衝撃情報

2017-03-31 23:35:20 | 事件・犯罪・疑惑

【政局】:安倍首相を解散に走らせる 自民議員“薬物逮捕”の衝撃情報

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【政局】:安倍首相を解散に走らせる 自民議員“薬物逮捕”の衝撃情報

 「ウソをついているのは籠池理事長なのか。それともか。国民を問いたい!」――安倍首相が前代未聞の「争点」を掲げ、いよいよ4月解散に打って出るのではないか。そんな臆測が永田町で飛び交っている。夫婦潔白証明できず長引く森友騒動に、首相が追い込まれて錯乱している証拠だろう。さらに先週末から現職衆院議員にまつわる“激ヤバ”情報が一斉に駆け巡り、安倍破れかぶれ決断後押ししつつあるようだ。

国会ではヤジにキレまくり(C)日刊ゲンダイ

       国会ではヤジにキレまくり(C)日刊ゲンダイ

 森友疑惑が吹き荒れる中、総選挙を断行すれば自民党議席の大幅な減少は避けられない。それでも4月解散説が、錯乱首相の単なる暴挙とは言いきれないのは、森友騒動収束図る以外にも、多数メリットがあるからだ。

 世論調査の内閣支持率は軒並み、下降気味とはいえ、まだ50%台をキープ。対する野党は共闘が暗礁に乗り上げたまま。第1党の民進党内は蓮舫代表の党内運営を巡り、旧維新グループが分裂した。とても4月解散には対応できない状況だ。

 5月末までに第三者機関が勧告する、衆院の区割り変更も「今のうちに」と思わせる理由のひとつ。何せ今回の勧告によって区割り変更となる選挙区は100前後の見通し。対象選挙区の議員や候補者にとって政治家人生を左右する大問題だ。「新しい区割りになる前に」と党内説得する材料にはなる。

 「小池百合子都知事の勢いを削ぐという側面もあります。7月の都議選で小池新党の『都民ファーストの会』が圧勝すれば、世論の注目が小池新党の国政進出に集中するのは間違いない。その機先を制する形で4月解散に打って出て、小池氏の出る幕を奪い取る狙いです」(自民党関係者)

 そして、ここにきて、安倍の背中を押す大きな理由になりつつあるのが、西日本選出自民党衆院議員スキャンダルである。ズバリ、違法薬物に手を染めたかどで、逮捕されそうだというのだ。

 「不逮捕特権の切れる通常国会の会期末(6月18日)を迎えたら、即逮捕に踏み切るという具体的な日程もささやかれています。しかも、『内偵に動いているのは警察ではなく、厚労省の麻薬取締官だ』『一緒に“ヤクをキメていた”愛人が先週末に六本木で逮捕され、取り調べで議員の名前を挙げた』『あの議員はヤクなしでは2日と持たない』などと、やたらディテールだけは細かい真偽不明の情報が、ジャンジャン飛び交うありさまです。国政選挙を差配する幹事長室も相当、ナーバスになっています」(ある自民党議員)

 仮に現職議員違法薬物逮捕されれば、前代未聞出来事だ。憲政史上汚点となる。安倍自民党にとっては森友問題長期化に加えて、痛烈ダブルパンチだ。

 「6月に同僚議員逮捕されるくらいなら、その前に」――。安倍ヨコシマな思いを抱かせるには十分情報である。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年03月29日  07:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【二極化・格差社会の真相】:安倍夫妻と籠池氏 100万円授受巡る・・・

2017-03-31 23:35:10 | 事件・犯罪・疑惑

【二極化・格差社会の真相】:安倍夫妻と籠池氏 100万円授受巡る税務記録の確認が必要

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【二極化・格差社会の真相】:安倍夫妻と籠池氏 100万円授受巡る税務記録の確認が必要

 永田町では籠池泰典・森友学園理事長の逮捕説が飛び交っているそうだ。容疑は詐欺か贈賄。政権基盤を揺るがされた首相官邸が東京地検特捜部に命じて、支持率回復に直結し得るタイミングを見計らっているのだとか。


              安倍晋三&昭恵首相夫妻(C)日刊ゲンダイ

  検察側には、「逮捕してくれたら共謀罪を強行採決してやる」というエサまで提示されているという。にわかには信じがたい話だが、もしかしたら、と思わされてしまうところが現政権だ。権力の座に居座るためなら、どんな非道でもやりかねない。

 だったらなおさら、今のうちに野党とメディアが政府に要求しておくべきことがある。籠池氏と安倍晋三・昭恵夫妻の税務記録の確認だ。

 例の100万円を、籠池氏は確かに昭恵夫人から受け取ったと主張する。夫人自身は一切を否定しているが、ある時期までは安倍周辺が、「受け取ってもらえなかった講演料を、寄付の扱いにしたのでは」という見立てをしきりに流していた。

 こうまで不透明なカネの流れには、普通、たちまち税務調査が入る。それどころか、きちんと申告していても、たとえば反権力的な言動の多い納税者に対しては、恫喝と嫌がらせを兼ねた呼び出しを繰り返すのが当局流だ。周知の疑惑の当事者となった彼らだけが例外にされてたまるものか。

 政権は森友疑獄の幕引きに躍起である。籠池逮捕説が浮上した所以だが、断じて終息させてはならない。この国の政治が、ネット右翼と差別主義者の一群に乗っ取られつつある証明のような事件なのだから。

 24日には迫田英典氏と武内良樹氏が国会に参考人招致された。森友学園への国有地払い下げ交渉当時のそれぞれ理財局長と近畿財務局長だった官僚だが、何もかも知らぬ存ぜぬで押し通された。

 だが迫田元理財局長は2015年9月3日、つまり件の100万円のやりとりがあったという前々日に、官邸で安倍首相と面会している(当時の朝日新聞「首相動静」欄)。この間の4日には、首相自身が関西に出張。安保法制の審議が大詰めを迎える中で、わざわざ在阪テレビ局の番組に出演した不自然さが話題になったのを思い出そう。

 豊中市議や同市民ら230人が22日、近畿財務局の職員(氏名は特定されていない)を背任容疑で大阪地検に告発した。告発の対象が元理財局長や首相と明記される可能性は大いにある。いや、そうでなければ、この国はすでに民主主義国ではないし、そもそも国家である資格もない。 

斎藤貴男
 斎藤貴男 ジャーナリスト

 1958年生まれ早大商卒業、英国・バーミンガム大学大学院修了(国際学MA)。『日本工業新聞』入社後、『プレジデント』編集部、『週刊文春』の記者を経て独立。弱者の視点に立ち、権力者の横暴を徹底的に批判する著作を出し続けている。消費税の逆進性を指摘する著作も多数。「機械不平等」「安心のファシズム」「戦争のできる国へ 安倍政権の正体」「ちゃんとわかる消費税」など。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2017年03月28日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園問題】: 籠池氏証言、与党は偽証罪での告発も視野 全会一致が

2017-03-31 23:35:00 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園問題】:籠池氏証言、与党は偽証罪での告発も視野 ■全会一致が通例、野党は慎重

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園問題】:籠池氏証言、与党は偽証罪での告発も視野

 ■全会一致が通例、野党は慎重 

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、与党は、証人喚問された学園の籠池(かごいけ)泰典氏の証言について、真偽の検証を進めている。

 虚偽と判断した場合は偽証罪での告発も視野に入れる。国会の告発には重い責任が伴うため、全会一致で決めるのが通例だが、野党は籠池氏の証言をもとに政権への追及を強めており、実現のハードルは高い。 

 自民党が問題視しているのは、籠池氏が「安倍晋三記念小学校」の名称で寄付金を集めていた期間だ。

衆院予算委員会の証人喚問で質問に答える籠池泰典氏(23日)

 籠池氏は、安倍首相が2012年12月に政権に返り咲く前の「衆院議員の時期の一瞬」と証言したが、自民党は15年頃まで首相の名を利用したとみている。首相は24日の参院予算委員会で、「私の名前を使ったのは『ほんの一瞬』と証言していたが、調べてみると2年以上は使っていた。大変遺憾だ」と述べた。

 籠池氏は、昭恵首相夫人が学園の幼稚園で講演した際、同行者1人に席を外すよう言って園長室で2人だけになり、100万円の寄付金を受け取ったと主張した。しかし、昭恵氏は、同行者は2人おり、籠池氏と2人だけになる機会はなかったと反論している。

 自民党は「籠池氏はかなりのウソつき」(高村正彦副総裁)として、議院証言法に基づく偽証罪(懲役3月以上10年以下)での告発の検討に着手。早期の事態収拾を図りたい考えだ。

 衆参両院事務局によると、過去に18人が同法違反(偽証)で告発されたが、告発時には捜査当局に逮捕されている事例も多い。国会関係者は「国会単独の調査、検証だけで偽証を裏付けるのは難しい」と指摘する。 

 告発するには、喚問を行った委員会での「3分の2以上の多数」が必要だ。籠池氏を喚問した衆参両院の予算委員会のうち、衆院予算委は与党だけで3分の2以上を満たしているが、記録が残る1976年以降の12人はすべて全会一致だったという先例がある。このため、「野党が納得できる虚偽証言でなければ、告発は難しい」(自民党中堅)との見方がある。

 民進党内では「密室での寄付などは水掛け論になり、反証しにくい」(幹部)と告発に慎重な意見が多い。真相解明のため、昭恵氏の証人喚問を求めている。

 森友学園を巡っては、籠池氏夫妻が国有地取得に絡んで鴻池祥肇・元防災相に賄賂を渡そうとしたとして贈賄(申し込み)容疑で大阪地検特捜部に告発状が出されている。

 元稿:週刊東洋経済新報社 ONLINE 主要ニュース 政治・経済 【担当者:讀賣新聞】 2017年03月28日 07:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【DOL特別レポート】:森友問題の泥沼化に官邸も怯える、「安倍独裁」が・・・

2017-03-31 23:34:50 | 事件・犯罪・疑惑

【DOL特別レポート】:森友問題の泥沼化に官邸も怯える、「安倍独裁」が裏目に

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【DOL特別レポート】:森友問題の泥沼化に官邸も怯える、「安倍独裁」が裏目に

 3月23日、学校法人森友学園への国有地払い下げ問題に関連して、渦中の人物である森友学園の籠池泰典理事長の証人喚問がおこなわれた。この問題が発覚して以来、安倍政権の支持率は下がり続ける一方で、与党内部からは、先行きを危惧する声も上がり始めている。長期安定政権に見えた安倍政権を揺さぶり続ける森友学園問題の背景と、証人喚問が今後、安倍政権に与える影響について、ジャーナリストの鈴木哲夫氏に聞いた。(取材・文/清談社)

 ◆安倍総理の権力濫用 証人喚問を決めたトンデモ背景

 問題発覚以降、自民党は一貫して野党が要求する籠池理事長の証人喚問にゴーサインを出さなかった。その風向きが変わったのは、3月16日に行われた参議院の予算委員会の理事たちの現地視察だ。その場で籠池理事長が「安倍総理からの100万円の寄付」の存在を明言したのである。 

 籠池氏の「100万円寄附」発言に激怒し、強引に証人喚問に踏み切った安倍政権。しかし、結果は完全に裏目に出て、幕引きを図るどころか、新たな疑問が次々に出てきただけ。泥沼化の様相を呈してきた森友学園問題は、安倍政権にとって“蟻の一穴”になるかも知れない Photo:Natsuki Sakai/AFLO

 「自民党はそれまでは『民間人を安易に国会に呼ぶのはいかがなものか』と理屈をつけて、籠池理事長の招致に徹底して反対していました。もちろんそれは建て前で、本音は国会に呼んであることないことを理事長にしゃべられたらどうなるか分からない、口利き議員の名前がさらに出される可能性を恐れて反対していたわけです。ところが、安倍総理からの寄付について言及されると、すぐに参考人よりも重い証人喚問を行うことを決めたわけです」(鈴木氏)

 参考人招致に比べ、証人喚問は、嘘の証言をしたことが明らかになった場合、偽証罪に問われる。証言者の責任もより重くなる。なぜ自民党は、証人喚問を求めたのか。

 「自民党の予算委員会のメンバーから聞いた話ですが、籠池理事長の発言に安倍総理が激怒して証人喚問の実施を決めたそうです。しかし、これはおかしな話です。これまで散々『民間人だから』という理由で拒否していたのに、安倍総理の名誉を損なう発言をしたというだけで一転、証人喚問をするというのですから。これでは政権に批判的な人間を証人喚問して圧力を掛けようとしているとの批判が出るのも当たり前でしょう。権力の濫用と言われても仕方ありません」(鈴木氏)

 ◆財務省の関与を伺わせる FAXを暴露した籠池理事長

 まるでどこかの独裁国家と変わらないようなやり方である。だが23日の証人喚問では、森友学園問題に早期に幕引きをしようという自民党の思惑は果たされなかった。

 籠池理事長は、堂々とした態度で証人喚問に臨み、安倍総理からの寄付や他の政治家の名前などを具体的に証言し、それだけでなく安倍昭恵総理夫人付職員からのFAXの存在まで明らかした(のちに菅義偉官房長官が、FAXは実物であると発表している)。

 野党は、安倍昭恵総理夫人や松井一郎大阪府知事の国会招致を求め、問題はさらに拡大の様相を見せている。

 「今回の籠池理事長の証言により、昭恵夫人との発言の食い違いが公の場で明らかになりました。嘘を言えば偽証罪に問われる証人喚問の場でなされた発言は重い。また、総理夫人付職員からのFAXも、財務省の関与をうかがわせるものです。結果的に自民党は証人喚問で、籠池理事長の発言の信憑性を貶めるのではなく、新たにいろいろな疑問へと広げる形になってしまいました。籠池理事長ひとりの証人喚問だけでこの問題にケリをつけたいという思惑は、完全に裏目に出たかたちです」

 証人喚問の翌日の24日、国会は払い下げの交渉当時の理財局長である迫田英典国税局長官と元近畿財務局長の武内良樹財務省国際局長の参考人招致を行うなど、自民党は早くもさまざまな動きを見せている。今後、この問題はどのような様相を見せるのだろうか。

 「自民党は問題の鎮静化を急ぎたいでしょうが、世論がそれを許すかどうかです。財務省や大阪府の担当者は『記録がない』の一点張りで、具体的なやり取りをいまだに明らかにしていません。何一つ真相は解明されず、疑惑は深まるばかりです。寄付自体は違法ではないとはいえ、安倍総理自身が国会で『私や妻は一切関わっていない。もし関わっていたら間違いなく、首相も国会議員も辞任するということを、はっきり申し上げる』とまで断言しているわけですから、野党も追及の手を緩めることはないでしょう」(鈴木氏)

 ◆証人喚問で開いたパンドラの箱 安倍政権の行方は世論とメディア次第

 安倍政権は、森友学園問題のほかにも、危うい答弁を繰り返す稲田朋美防衛大臣の資質問題や、南スーダンの自衛隊の日報問題、「共謀罪」を創設する組織的犯罪処罰法改正案など難題を抱えている。また、6月には小池百合子東京都知事と対決する東京都議会議員選挙も控えている。今後の政界の動向は、政局含みで展開するのは間違いないだろう。

 「森友学園問題が泥沼化することによって、安倍内閣の国会戦略が行き詰まりを見せていく可能性はあります。安倍内閣の支持率にもさらに影響を与えるでしょう。結局、今回の証人喚問はパンドラの箱を開けてしまったようなもので、官邸や自民党はとにかくこれで終わりにしたいのでしょうが、一方でどこまで問題が波及するのか見当がつかないと本音を漏らす人もいます」

 「これまでのリスクマネジメントが奏功しているとはまだ言えないでしょう。予算の成立に合わせて、予算委員会という議論の場を閉じることはできますが、あまり強引に推し進めれば、それこそ『森友学園問題隠しだ』と世論に受け止められ、さらに支持率が下がる可能性もあります。今後はメディアがどこまで真相に迫れるのか、そして世論がこの問題に対して、どこまで高い関心を持ち続けるのかがカギを握るでしょう。森友学園問題が長期安定政権のように見えた安倍政権を揺さぶる“蟻の一穴”になる可能性はあります」(鈴木氏)

 果たして、森本学園問題は安倍政権の「終わりの始まり」になるのだろうか。まだまだ森友学園問題の展開は予断を許さない。

 ※せいだんしゃ/紙媒体、WEBメディアの企画、編集、原稿執筆などを手がける編集プロダクション。特徴はオフィスに猫が4匹いること。http://seidansha.com

 元稿:ダイヤモンド社 online 主要ニュース 政治・経済 【担当:清談社】  2017年03月28日  08:55:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園の闇】:青山繁晴が森友問題で晒した醜態! 塚本幼稚園の・・・

2017-03-31 23:34:30 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園の闇】:青山繁晴が森友問題で晒した醜態! 塚本幼稚園の応援宣言までしながら「知らない」、証人喚問では籠池氏から逃亡

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園の闇】:青山繁晴が森友問題で晒した醜態! 塚本幼稚園の応援宣言までしながら「知らない」、証人喚問では籠池氏から逃亡

  安倍昭恵夫人の土地取引への関与を示す「満額回答」手紙が明らかになり、昭恵夫人の証人喚問を求める声がより高まるなか、官邸は言い逃れに必死になっている。なかでも安倍首相は、寄付問題の追及に対して辻元清美議員へのネット上の陰謀論を振りかざし、ネトウヨ脳を全開にして抵抗するという下劣っぷりを見せている。

青山繁晴が森友問題で晒した醜態! 塚本幼稚園の応援宣言までしながら「知らない」、証人喚問では籠池氏から逃亡の画像1
     「青山繁晴の道すがらエッセイ」より

 だが、与党自民党の姑息さが目立つ国会において、もっとも笑えるのが、ネトウヨが「真の国士」と褒め称える参院議員・青山繁晴センセイが晒した“醜態”だろう。いま、ネット上では、籠池理事長の証人喚問の際の青山議員の態度が面白すぎると密かに話題を呼んでいるのだ。

 証人喚問の動画を見ると、たしかに参院予算委員会のメンバーとして青山議員は委員席の最前列のいちばん端に着座している。籠池理事長が座る椅子は質疑者の座席のほうを向いていたため、籠池理事長の視界に青山議員は入っていないと思われる。だが、青山議員のほうは何を怯えているのか、籠池理事長のほうに視線を向けようとせず、その上、質疑者のほうも見ず、ただ真っ直ぐ前を見ていた。他の議員が籠池理事長をじっと見つめるなかにあって、それは異様な態度だ。

 しかも、前列の議員が前のめりになっている一方で、青山議員だけが椅子に深く椅子にもたれている。この姿勢に対してネット上では「隣の議員を壁にしているつもりでは」と推測。現に、隣の議員が青山議員と同じ座り方をすると、「壁」がなくなって心配になったのか、すかさず青山議員は俯いて机の上の紙に何やら書き込みをはじめる。まるで顔を上げたくなくて必死のようだ。

 なぜ、青山議員はそこまでして籠池理事長の視界から逃げようとしていたのか。それは無論、青山議員は籠池理事長の“応援団”だったからだ。

 実際、青山氏は塚本幼稚園で講演会を行ったことがある極右論客のひとりだが、講演会のみならず、2011年3月に公開された「チャンネル桜」での自身の番組『青山繁晴が答えて、答えて、答える!』のなかでも、「愛国心と誇りをもった人間に育てるために推薦できる学校はどこか?」という質問に、こんなふうに大宣伝を繰り広げていた。 

 「大阪の塚本幼稚園。ここはまったくのフェアな愛国心を育てている幼稚園として推薦できます!」
 「僕はそこに講演に呼ばれて、バカな僕は『園児に講演するんですか?』と聞いたら『違います、青山さん。父兄に話してください』ってことで、ごく普通の父兄がこられているのに、子どもたちが毎朝、『朕オモフニ』からはじまる教育勅語を熱唱すると。その教育の実をあげておられる塚本学園というのを応援します」
「何よりも、塚本幼稚園、塚本幼稚園園長、がんばってくださいね!」

 青山氏が強調するように「がんばってくださいね!」とエールを送った相手。その塚本幼稚園園長こそが籠池理事長その人だ。また、29日には菅野完氏がTwitter上に一枚の画像をアップしたが、そこに写っていたのは、籠池理事長と、陽気なアロハシャツを着た楽しげな青山氏の仲睦まじい姿だった。

 にもかかわらず、森友学園問題が発覚するや否や、青山議員は見事に手のひらを返した。『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCシアター)では、「塚本幼稚園……だったと思うんだけど、この森友学園という学校法人、僕はこの事件ではじめて聞いたんですけど」(2月27日放送分)などと白々しさ満載の態度を披露。証人喚問が行われた3月23日の夜に収録されたという同番組(27日放送)でも、ネット上ですでに青山議員の異様な態度が指摘されていたことを知っていたのか、「朝から昼まで、ずっとメモを取りながら克明に聞いてました。なぜかほかの議員はメモを取らないんだけど」などと言い訳し、塚本幼稚園がHPで天皇が訪問したとでっち上げていた疑惑を取り上げ、「これは偽証にあたると思いますよ」「(籠池理事長は)虚言癖」「人間困った生き物」と徹底批判したのだった。

 「困った生き物」と言うのなら、それはアンタのほうだろう。籠池理事長を「がんばってください!」と猛烈に応援し、広告塔のように宣伝していたのは、ほかでもなく青山氏なのだ。

 もっと言えば、青山議員は誰かのことを「虚言癖」と言えるような立場でもないだろう。昨年6月に「週刊文春」(文藝春秋)が報じた記事によれば、参院選で青山氏は選挙ビラで共同通信記者時代の“武勇伝”として〈「昭和天皇の吐血」など歴史的スクープ連発〉と謳っていたが、当時を知る記者から「青山氏の報道は全く印象に残っていません」とバッサリ一蹴されている。

 ほかにも、ニコニコ生放送の番組で“菅政権が僕を逮捕しようとした!”と言い出したり、“仕上がった原稿はウイルスで2回破壊された! 警察庁の外事情報部も関心をもっている!”と主張するなど、青山氏には「ホントかよ!」と言いたくなる話がわんさとある。2014年6月4日放送の『スーパーニュースアンカー』(関西テレビ)にいたっては、青山氏は「金正恩第1書記が独裁者になってからずっと安倍さんを『案外気に入ってるんだ』とか、人によっては(金正恩は安倍首相のことを)『好きなんだよね』と(語っている)」と語っていたが、一体どんなパイプを使ったら、金正恩が「安倍さん好きなんだよね」と言ったという情報が入ってくるのだろうか。

 元稿:LITERA・リテラ(本と雑誌の知を再発見) 主要ニュース 社会 【ジャーナリズム】  2017年03月30日  10:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園の闇】:安倍応援団の報道圧力団体「視聴者の会」が・・・

2017-03-31 23:34:20 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園の闇】:安倍応援団の報道圧力団体「視聴者の会」がNEWS 加藤シゲアキにまで「偏向」と攻撃! 言ってもない台詞をでっち上げ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園の闇】:安倍応援団の報道圧力団体「視聴者の会」がNEWS 加藤シゲアキにまで「偏向」と攻撃! 言ってもない台詞をでっち上げ

 森友学園・籠池泰典理事長の“爆弾証人喚問”はテレビマスコミを含む多くのメディアを賑わせたが、週明けの今週、ワイドショーは目に見えて取り扱う時間を縮小、嘘のように報道が下火になりつつある。これはやはり、テレビメディアが安倍政権の顔色を伺ってまたぞろ“自主規制”に走った。そういうことなのだろうか。

shichoushanokai_01_170329.jpg
               放送法遵守を求める視聴者の会ホームページより

 そんな風に思っていたところに、本日、あの“安倍政権の報道圧力代行団体”こと「放送法遵守を求める視聴者の会」が、都内で「緊急記者会見」を行った。本サイトではもうおなじみだろうが、「視聴者の会」とは、『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)なる“安倍ヨイショ本”でデビューした自称文芸評論家・小川榮太郎氏を筆頭に、安倍政権を応援する右派文化人らが2015年秋に結成した会。不気味極まりない新聞意見広告を打って、放送法や「国民の知る権利」を曲解し、政策批判をしたというだけで報道を糾弾。当時『NEWS23』(TBS)のアンカーだった岸井成格氏を降板に追い込んだ、あの団体だ。

 しかも、森友問題をめぐっても、例のアッキーメールで、昭恵夫人が“自分たちの味方をしてくれる人”として「視聴者の会」事務局長・小川氏このことを籠池夫人に紹介していたことが明らかになっている。

 そんな連中が安倍首相大ピンチのタイミングで「緊急」と題した会見を行うのだから、きっと“森友問題の報道は偏向だ!”“安倍政権を貶める報道はけしからん!”とがなりたて、さらに“テレビ業界は左翼に支配されている”なる陰謀論をご開陳するのだろうと思っていたら、ほんとうにそのまんまだった。

 まず、冒頭は新たに「視聴者の会」の代表呼びかけ人に就任した作家の百田尚樹センセイの挨拶。作曲家・すぎやまこういち氏が「多忙」等で退任し、その後任として新たに就任したのだが、その挨拶はずっと昔から「視聴者の会」に参加していたように、まさにマスコミ偏向批判をがなり立て続けた。それはそうだろう。百田センセイといえば、一昨年夏、例の自民党議員の会合で、「沖縄の2つの新聞はつぶさなあかん」と発言。モロな言論弾圧発言で大問題になった御仁。こんな人間が代表呼びかけ人になるということ自体、「視聴者の会」が安倍政権に批判的なメディアや報道を「つぶす」ことを目的にしている証明に他なるまい。

 だが本番はここからだ。同会の中心的人物である上念司氏のスピーチでは、「ちょっと調べたらですね、(安倍首相と昭恵夫人は森友問題と)全然関係ないということがわかってしまった」などと一方的な幕引き宣言。さらに、例のネトウヨの願望と妄想の結晶である辻元清美議員に関するデマを、ネットに流れるそのままに「疑惑」としてもちだすのだった。

 まあ、それでもここまでは予定調和だから、驚かない。思わず吹き出しそうになってしまったのが、上念氏が「テレビが『昭恵夫人を証人喚問に呼ぶべき』という大キャンペーンを張っているんですよ」などと煽って、テレビキャスターやコメンテーターらの発言をあげつらったことだ。

 会場のスクリーンにはその「発言集」とやらが列挙されたのだが、そこでは『報道特集』(TBS)の金平茂紀氏や『報道ステーション』(テレビ朝日)の後藤謙次氏、『羽鳥慎一モーニングショー』(同)の玉川徹氏、田原総一朗氏、TBSの佐古忠彦氏などの名前が並ぶ。会見では一緒くたに「彼らが昭恵夫人の証人喚問を要求している」などと解説されていたが、一応突っ込んでおくと、会場のスクリーンに映し出されたセリフの引用は、約半分は必ずしも証人喚問を求めているわけでなく、国会で説明するべきと話しているケース。これこそ印象操作だと思うのだが……。

 しかし、驚いたのは、こうしてあげつらったのが、ジャーナリストやキャスターだけではなかったということ。たとえば、元Jリーガーの中西哲生や、パックンマックンのパックンことパトリック・ハーランなども取り上げて、“ほら、こんなに昭恵夫人の証人喚問を求めている人たちがいますよ、テレビは偏っていますよ”という印象操作に利用したことだ。しかも、中西とパックンがテレビで言ったのは、昭恵夫人がFacebookで「反論」したことはフェアではないという趣旨にすぎず、別に証人喚問までは言っていない。

 さらに上念氏の八つ当たり(?)は、あのNEWSの加藤シゲアキにまで及んだ。ご存知の通り、加藤は『白熱ライブビビット』(TBS)の金曜レギュラーを務めている。会場では、加藤が『ビビット』で語ったセリフがこのように引用された。

 「早く対応したかったということがあるんでしょう。だからあえてFacebookっていう手法を(昭恵氏は)使ったと思うんですけど、結果的にその、やっぱりアンフェアな感じはしますよね。偽証罪に問われるものと、やっぱり嘘をついていいわけではないですけれども、問われないという部分では、ちょっと全然重みが違うから、そこはちょっと気になるなと思いますね」

 見ての通り、加藤の発言は、籠池理事長が偽証罪に問われかねないところに出てしゃべったのに、昭恵夫人はFacebookってアンバランスじゃないか?という程度。実に視聴者目線であり、大部分の国民の感覚もこんなところだろう。ところが、確認だが、これを上念氏は「昭恵夫人を証人喚問すべきという大キャンペーン」などと吹いて紹介したのだ。いや、もうほとんど“当たり屋”レベルのやり口。こんなネトウヨみたいなオッサンに突然、言いがかりデマを打たれた加藤がちょっとカワイソウにすらなってくる。

 だが、連中は自分たちがデマをふりまいてることなんておかまいなしだ。新代表の百田センセイも我が意を得たりと、上念氏のデタラメデータをもちいて、「こういうことを言うコメンテーターの声を非常に民放は多く放送していますよね」と受け、「これも完全にバランスを欠いた放送かと思います」などと主張。だったら聞くが、籠池理事長の証人喚問の前後にワイドショーをハシゴし、官邸の情報操作を垂れ流しまくっていた“御用ジャーナリスト”の山口敬之氏や田崎史郎・時事通信特別解説委員などはどうなる。加藤シゲアキのFacebook云々発言と比べるまでもないだろう。

 その後も「視聴者の会」の暴走は止まらない。ケント・ギルバート氏はBPO(放送倫理・番組向上機構)を攻撃。「委員の顔ぶれを見てください。これ、ひどいです。(しんぶん)赤旗に出てる人とか、『特定秘密保護法案に反対する映画人の会』とか、『マスコミ9条の会』とか、『ギャラクシー賞』(選考)委員。あのね、(昨年受賞した)『報道ステーション』の番組自体がなんでBPOの対象にかからなかったのか不思議でならないんですよ」などと言って“左翼組織”に認定。完全にネトウヨ脳全開だが、あげく「頭おかしい弁護士がこういうこと(BPO審議議員)をやる」などという誹謗中傷まで言い出す始末だった。

 この昂ぶるネトウヨムードに百田センセイも躍動。「民放は自分たちの言って欲しいコメンテーターを呼んで(政権批判を)言ってもらう」「ここにいる(視聴者の会の)メンバーは民放に呼んでもらえないと思いますよ」などと、“われわれは保守だからテレビから干されている”という被害妄想をアクセル全開にした。

 それにしても、森友問題は偏向報道だとか、BPOは頭のおかしい左翼だとか、言いたい放題だが、一方のお前らはどうなのか、といいたくなるではないか。事務局長の小川榮太郎氏は完全に政権とベッタベタの関係だ。それで「中立」「公平」がどうとかこうとか、一体どの口がと言わざるをえない。小川氏は26日、自身のFacebookで昭恵氏のメールの件についてこう釈明していた。

 〈昭恵夫人が10日、籠池夫人にメールで私の記事を伝へた所、籠池夫人から私に連絡を取りたい旨の打診があつた。〉
 〈籠池氏並びに森友学園をメディア被害から守る為に微力でも役立てればと思ひ、昭恵夫人に対し、先方と連絡先を交換する事を了承した。
 その後、10日夕方から、籠池理事長と電話のやり取りをし、メディア対応に限定した助言を数回やり取りした。〉

 昭恵夫人から連絡を受けて電話を入れるというのは、まさに政権と切っても切れない親密な関係と言わざるをえない。ちなみに、さらにその後には、著述家の菅野完氏に対して、〈メールから確実に推定されるのは、菅野氏が籠池氏に「安倍総理が地検に云々など」と荒唐無稽な話をそこで吹き込んだのだらうといふ事だ〉〈籠池氏は身の破滅の中で、溺れる藁をもつかむ思ひで菅野氏と野党4党の何らかの甘言に乗つたのではないか〉という陰謀論を爆発させていた。

 そのあげくが、今回のとほほな会見である。まあ、おかげで「視聴者の会」がいかに、安倍首相を守るという偏った目的をもつ“トンデモ言論弾圧代行団体”であるかを再確認できたわけだが、しかし、トンデモだからと言って笑ってすますわけにはいかない。小川氏は今回の会見の最後、「視聴者の会」の今後の活動について、こんな計画をぶちあげていた。

 「当会は、放送事業者の健全性の担保のために、放送法・電波法に基づく行政処分、業務停止などの不利益処分も含む検討・研究を開始する」

 つまり「視聴者の会」は、いよいよ政府によるテレビ局へ「業務停止」について、現実的な検討段階に入ったというわけである。なにが「視聴者の知る権利に応えていただきたい」(同会HP)だよ。もう体裁すらとり繕ってないじゃないか!

 昨年の高市早苗総務省による「電波停止」発言もそうだが、同会の動きと安倍政権の動向が不気味にリンクしていることを考えると、これはトンデモといっても完全にヤバいトンデモである。大メディア、とくにテレビ局はそろそろ無視をやめて、この“報道圧力団体”の本性が剥き出しになったいまこそ、徹底して反論・追及していくべきだ。(編集部

 元稿:LITERA・リテラ(本と雑誌の知を再発見) 主要ニュース 社会 【ジャーナリズム】  2017年03月29日  10:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園の闇】:松本人志が森友問題から逃げてたのはこのせい?

2017-03-31 23:34:10 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園の闇】:松本人志が森友問題から逃げてたのはこのせい?ダウンタウンが大阪万博大使に就任し松井府知事と仲良く壇上に!

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園の闇】:松本人志が森友問題から逃げてたのはこのせい?ダウンタウンが大阪万博大使に就任し松井府知事と仲良く壇上に!

 やはりそういうことだったのか……。

 2025年に万博の大阪開催を目指すための誘致委員会「2025 日本万国博覧会誘致委員会」の発足式が27日に東京・経団連ホールで行われた。

 森友問題で渦中の松井一郎大阪府知事や自民党の二階俊博幹事長らが出席するなか、その誘致委員会のアンバサダーとして登場したのが、ダウンタウンの2人だった。松本人志は、渦中の松井府知事と仲良く壇上にならび、万博誘致アンバサダーという立場について「オリンピックにおける滝川クリステルみたいなもんでしょ。向こうは『おもてなし』、こっちは『なにもなし』で」といった冗談を飛ばすなど会場を湧かせていたと報じられた。この発表で、はっきりとわかったことがある。

松本人志が森友問題から逃げてたのはこのせい?ダウンタウンが大阪万博大使に就任し松井府知事と仲良く壇上に!の画像1           フジテレビ『ワイドナショー』番組ページより

 何がわかったのか。森友学園騒動に関して『ワイドナショー』(フジテレビ)で松本がかたくなに沈黙を守っている意味である。政権に都合の悪い話は扱わないニュース番組やワイドショーでも、この問題に関しては連日長い時間を割いて取り扱い続けているわけだが、『ワイドナショー』は突出して森友に関する扱いが少ない。バラエティー要素の強いワイドショーにとって、籠池泰典元理事長の「面白おじさん」っぷりなど格好のネタのはずなのだが、にも関わらず、一貫してこの問題を扱っていないのだ。まるで、そこから逃げているかのように……。

 たとえば、19日の放送では、裏の『サンデージャポン』(TBS)が番組冒頭から30分近く大々的に森友学園問題を取り上げていたのに対し、『ワイドナショー』はアリバイ的に5分ほど触れただけ。

 別に独自の大きなネタがあったわけではない。この日の『ワイドナショー』がいちばん大きく取り上げたのは、なぜか野球のWBC。といっても、野球解説者や元野球選手など専門家でなくただ野球好きというだけのトータルテンボスの藤田憲右を呼んで解説させるというやる気のなさ。そもそも松本はかつて『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ)が野球中継に差し替えられたことにブチキレて番組終了につながったこともあるほど野球嫌いで有名で、この日も「試合時間が長すぎる」などと文句を言っていた。WBCを中継しているのはTBSとテレビ朝日で、べつに番宣としてやらざるを得ないわけでもない。いったいなんのためにやっているのか。

 そのあとも、茂木健一郎の「日本のお笑い芸人は権力批判できない」発言問題を、世間から1週間以上遅れで取り上げる。松本があえてなにか言いたいことでもあるのかと思ったら、「茂木さんはおもしろくないから、この発言きいてもなんとも思わなかった」と切り捨てるのみ。プロの芸人がそれを言ってしまったら、もうそれで議論は終わりである。『JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)のなかで「日本のお笑いだって全部世相を反映している」と真っ正面から反論した太田光のように、もっとちゃんと議論に参加してほしかった。

 じゃあ、そんなこと取り上げずに、いまいちばん話題の森友学園問題をやればいいではないかと思っていたら、中井貴一のコンプライアンス批判発言を取り上げ、その後にようやく森友学園問題。しかしわずか5分ほどで、松本はといえば、東野の「本筋は国有地問題なのに野党は100万円寄付問題に終始しそう」という野党ディスに「そっちがおもしろいんでしょうねえ」と相づちを打ったのと、100万円寄付問題について「昭恵さんも、なんか微妙な言い方ですよね。『記憶にない』っていう言い方って、なんか非常に危ないなあって」と話したくらい。「危ない」って、お前は官邸か自民党のリスク管理の人間かと言いたくなるが、とにかくアリバイ的に取り上げただけで、ほとんど触れていないのだ。

 その一週間後、26日の放送ではどうだったのか? 数々の新事実が発覚した籠池証人喚問直後だったが、この放送で最もピックアップしていたのは、またもや茂木健一郎による「政治に関して語れない日本のお笑いはオワコン」論争。そんなにこの話が好きなら、先週あっさりと「茂木さんはおもしろくないから、この発言きいてもなんとも思わなかった」と切り捨てていたのは何だったのか。

 茂木本人をわざわざスタジオに招いてまでこの問題を取り扱ったものの、肝心の内容は、「センスがない」と言われてしょんぼりする茂木を松本がひたすら上からイジり倒すだけで、論争の本題に踏み込むことは一切なし。これなら太田光の出演する裏の『サンデージャポン』に出たほうが茂木にとっても視聴者にとっても本当に見たいものが見られたと思うのだが。

 この日の放送では他に山本裕典騒動も大きく扱い、森友学園に関しては冒頭で7分ほど軽く取り上げたのみ。そこでの松本は「いろいろと言いたいことはありますけど……」と話し始めたものの、すぐに「本題ではない100万円のことに論点がすり替わっている」「我々が望んでるリングはそれじゃない」などと問題そのものに踏み込まない。結局「言いたいこと」も「本題」もなんだったのかは語らぬまま、今度は「自分たちの身の回りで起こる「忖度」」について卑近な例を出し合ったり、いつも通り何を言っているか分からない宮本浩次(エレファントカシマシ)をイジっているうちにコーナーは終了。何かを言っているようでいて、何も言っていないまま、この話題は終了した。

 ちなみに、松井一郎大阪府知事が証人喚問される可能性もあるという話になったとき、松本はその話には一切触れず、すぐさま「籠池さんがここでナンボ頑張ったところで何も変わらないじゃないですか。籠池さん自身は。もう学校もできないし。じゃあ、何と戦って、何をいまがんばってるんですか?」と、またもや全然違う話に変えていた。

 元稿:LITERA・リテラ(本と雑誌の知を再発見) 主要ニュース 芸能・エンタメ 【お笑い】  2017年03月29日  10:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【森友学園問題】:政府が隠していた手紙の中身が判明! 籠池理事長・・・

2017-03-31 23:34:00 | 事件・犯罪・疑惑

【森友学園問題】:政府が隠していた手紙の中身が判明!籠池理事長から昭恵夫人への口利き依頼はゼロ回答どころか満額回答だった

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【森友学園問題】:政府が隠していた手紙の中身が判明!籠池理事長から昭恵夫人への口利き依頼はゼロ回答どころか満額回答だった

 FAXによって安倍昭恵夫人の土地取引への関与が取り沙汰されているが、本日、さらに驚きの“物証”が出てきた。本日開かれた参院決算委員会で、共産党の大門実紀史議員が疑惑の“手紙”の内容に踏み込んだのだ。

 この手紙というのは、籠池泰典理事長の証人喚問の際、自民党の西田昌司議員が公開した籠池理事長から昭恵夫人付きの職員である谷査恵子氏へ送ったとされる封筒の中身にあたるもの。この手紙の返答が、件のFAXだと見られていた。証人喚問で西田議員はなぜか封筒のコピーしか取り上げず、肝心の中身に触れようとしなかったのだが、この手紙のコピーを共産党が独自に入手したのだという。

森友問題で政府が隠していた手紙の中身が判明!籠池理事長から昭恵夫人への口利き依頼はゼロ回答どころか満額回答だった  の画像1
                安倍昭恵オフィシャルサイトより

 そして、この手紙の中身は衝撃的なものだった。大門議員は手紙のなかで籠池理事長が谷氏へこのような依頼をしていたと明かす。

 「定期借地契約が10年なのは短すぎる。50年契約にした上で、じつはいちばんの眼目は『早く買い取ることはできませんか』ということ」

 件のFAXでは、籠池理事長が土地の買い受け特約が10年であるところを50年契約にできないかともちかけていたと思われ、実際に財務省の国有財産審理室長は〈これ以上の長期定借は難しい状況〉と返答していた。だが、この手紙の本題は契約期間の延長ではなく、「国有地を早く買い取りたい」ということだったのだ。

 しかも、籠池理事長は手紙のなかで「賃料が高い」「賃料を半額程度にしてもらえないか」と要望。また、工事費の立て替え払いについても「平成27年度予算で返してくれると言ったのに、平成28年度に遅れるのは何事か」と記述しているという。

 この手紙の内容は極めて重要だ。なぜなら、これらの籠池理事長の要望は、その後、すべて叶えられているからだ。手紙は2015年10月26日に送られたものだが、その後、2016年4月6日という平成28年度予算がはじまってたった6日というスピードで工事費の立て替え分1億3176万円が支払われ、さらには同年6月20日にごみの撤去費用8億1900万円を差し引いた1億3400万円という格安価格で国有地を売却。15年5月に近畿財務局と締結した貸付契約では月額賃料が227万5000円だったが、この16年6月の契約では、頭金が2787万円、毎年1100万円と延納利息1%という10年間分割払いという内容で、月額にすると100万円以下となる。手紙当時の月額賃料227万5000円から見事に「半額以下」となっているのだ。

 つまり、自民党はFAXの財務省からの回答を「形式的なもの」「ゼロ回答だ」と主張してきたが、根本の手紙を見れば、現実は籠池理事長の願い通りに事が進んだことになる。これは「満額回答」以外の何物でもない。

 しかし、この期に及んでも菅義偉官房長官は「内容からして、まさにゼロ回答だと思っている」などと強弁。安倍首相にいたっては「(手紙は)一部しか読んでいない」と逃げたのだ。

 だが、こんな詭弁が通用するはずがあるまい。そもそも自民党が封筒しか取り上げなかったのは、その中身である手紙を公開すると「満額回答」であることが発覚してしまうからこそ隠してきたことは明白。にもかかわらず、安倍首相は同じ決算委員会で昭恵夫人の100万円寄付問題を言及されると、「辻元(清美)議員との間にも同じことが起きている。きょうの新聞に『3つの疑惑』と出ていましたね」「(辻元は)証明しないといけない」などとネトウヨ脳がつくり上げた辻元議員の陰謀論を振りかざす始末だった。

 元稿:LITERA・リテラ(本と雑誌の知を再発見) 主要ニュース スキャンダル 【不祥事・トラブル】  2017年03月28日  10:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加