乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【党首討論】:言葉躍る「脱原発」自民など異議 TPP争点化で首相“自爆”

2012-11-30 23:57:00 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)
【党首討論】:言葉躍る「脱原発」自民など異議 TPP争点化で首相“自爆”

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【党首討論】:言葉躍る「脱原発」自民など異議 TPP争点化で首相“自爆”

 衆院選に向けて日本記者クラブが開いた党首討論会では、出席した11党首のうち6人が冒頭発言で原子力政策に触れ、最も活発に議論が交わされた。「脱原発」「卒原発」などの言葉が躍る中で、自民党の安倍晋三総裁と日本維新の会の石原慎太郎代表はこうした風潮に異を唱えた。野田佳彦首相(民主党代表)は安倍氏に環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関する見解をただし、争点化を図った。

 ■原発
 全原発を廃炉とする「卒原発」を掲げて結成された新党「日本未来の党」の嘉田由紀子代表から自民党政権の原子力政策の責任を問われると、安倍氏はすぐさま反論した。
 「安全神話に寄りかかってきたのは反省しなければならない。一方、中国が原子力発電を続ける中で日本だけが止め、事故が起こったときに大丈夫なのか」
 石原氏も原発廃止論を批判したが、他党からの主張は、「脱原発」のオンパレードとなった。
 首相「2030(平成42)年代に原発依存ゼロを目指す」
 嘉田氏「大地を汚し故郷を奪う原発から10年後までの卒業を目指す」
 原発ゼロを実現する時期に違いはあるが、民主、未来など冒頭発言でアピールした6党と、マニフェスト(政権公約)で「1年でも早く原発ゼロを」と主張している公明党の計7党が、衆院選に向けて脱原発の方向性を打ち出している。

 ■TPP
 「アクセルを踏むのかブレーキを踏むのかがよく分からない。TPPを進めるか、明確に答えてほしい」
 首相は安倍氏をこう挑発した。安倍氏は「聖域なき関税撤廃は関税自主権を手放せと言っているようなもの。民主党政権で日米同盟関係の信頼がずたずたにされ、事前調整ができなかった」と慎重論を唱えた。
 争点化を図った首相だが、民主党マニフェストはTPPを「日中韓自由貿易協定(FTA)、東アジア包括的経済連携(RCEP)と同時並行的に進め、政府が判断する」との表現にとどめている。党内の慎重論に配慮したものだが、「アクセルを踏むのか…」という問いかけは、ブーメランのように首相自身に跳ね返ってくる。
 このほか、みんなの党が参加を訴え、共産党、社民党、新党大地が反対を表明した。

 ■尖閣国有化
 外交問題では沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中関係が主要な争点となった。
 「漁民を救うため、最低のインフラとして灯台と船だまりを作ってもらいたい。国土を守り、日本をチベットにしないために」
 東京都知事として尖閣諸島を購入しようとした石原氏は安倍氏に求めた。これに対し、安倍氏は船だまりの建設と、島を守るための公務員の常駐を検討することを約束した。
 尖閣諸島を国有化した首相は「中国が感情的に反発している。公務員の常駐を今、議論することがどういう影響を及ぼすか聞きたい」とただしたが、安倍氏は「民主党政権の外交敗北で中国は尖閣にチャレンジしている」と反論した。
 
 ■景気対策
 公明党の山口那津男代表は首相に、補正予算の編成による10兆円規模の緊急経済対策を求めた。首相は「本格的な補正予算が必要だ。ぜひ知恵を借りたい」と、同党に秋波を送った。
 首相は討論で、経済環境の急変時に増税を見合わせる消費税増税法の「景気条項」を挙げ、「切れ目のない経済対策をしっかりと講じ、消費税の引き上げができるような環境整備に全力を尽くす」と述べた。(加納宏幸)
 ※(写真):党首討論会に出席した(左から)自見庄三郎・国民新党代表、福島瑞穂・社会民主党党首、志位和夫・日本共産党委員長、山口那津男・公明党代表、安倍晋三・自由民主党総裁、野田佳彦・民主党代表、嘉田由紀子・日本未来の党、石原慎太郎・日本維新の会代表、渡辺喜美・みんなの党代表、鈴木宗男・新党大地・新民主代表、舛添要一・新党改革代表 =30日午後、東京・内幸町の日本プレスセンター(三尾郁恵撮影)
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2012年11月30日  23:57:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特定パーティー、政治団体6割強が減収 11年収支報告書

2012-11-30 23:56:00 | 政治・政策・行政・政局ニュース
特定パーティー、政治団体6割強が減収 11年収支報告書

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:特定パーティー、政治団体6割強が減収 11年収支報告書

 1千万円以上を集める大規模な政治資金パーティー(特定パーティー)を2010年と11年の2年連続で開いた現職国会議員関連の81の政治団体のうち、6割強にあたる53団体が11年分は減収だったことが、総務省が30日公表した政治資金収支報告書から分かった。昨年3月に起きた東日本大震災の影響でパーティーの中止や縮小が多かったとみられる。
 収支報告書によると、81団体の11年分の特定パーティー収入の合計額は28億252万円。1回で8千万円以上の収入がある大型パーティーを実施した団体があり、総額は前の年より2%減にとどまった。
 特定パーティー収入が減った53団体の平均減収幅は約670万円。主な原因とみられるのが、昨年3月に起きた東日本大震災だ。昨年3~5月の3カ月間の特定パーティー開催は24件で、前の年(45件)からほぼ半減した。
 東北地方が地盤の衆院議員の関連団体は昨年、予定していた上半期のパーティーを震災後に中止。下半期に3回実施したが、通年では例年より1回少なくなり、2800万円の減収になった。
 千葉県の衆院議員の団体は、3月に予定していたパーティーを延期。セミナー形式に簡素化したが「縮小ムードでパーティー券の販売が困難」(秘書)で、収入は500万円分減った。
 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2012年11月30日  23:56:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【衆院選】:維新、原発政策で足並み乱れ ■石原氏「公約見直す」、幹事長は否定

2012-11-30 23:55:00 | 政党・地域政党・政治団体他
【衆院選】:維新、原発政策で足並み乱れ ■石原氏「公約見直す」、幹事長は否定

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:維新、原発政策で足並み乱れ 

 ■石原氏「公約見直す」、幹事長は否定
 党首討論会では日本維新の会が原発政策をめぐる内部の足並みの乱れを露呈した。
 石原慎太郎代表は、29日に維新が発表した公約に付属する「政策実例」に明記した「既設炉による原子力発電は2030年代までにフェードアウトすることになる」との文言について「それは違う。その公約は直させた」と主張した。「直っていない」と指摘されると修正する考えを示した。
 これに対し、維新幹事長の松井一郎大阪府知事は30日夜、「代表と(橋下徹)代表代行が確認し合って出しているので、はっきりと党としての決定だ」と、公約の見直しを否定した。「安全基準や使用済み核燃料の最終処分地の問題を詰めていけばフェードアウトするのは間違いない」とも述べた。
 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2012年11月30日  23:55:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【党首討論】:「国民への約束」言葉の吟味必要 現実主義か目標優先か

2012-11-30 23:50:00 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)
【党首討論】:「国民への約束」言葉の吟味必要 現実主義か目標優先か

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【党首討論】:「国民への約束」言葉の吟味必要 現実主義か目標優先か

 11党もの政党が参加した30日の党首討論は、自民党の安倍晋三総裁に質問が集中し、すでに安倍政権の復活を見越したかのようだった。勢い、他党は背景へと埋没しがちだったが、その中でも各党首の考え方や政策の相違点は改めて明確化した。有権者には各党首の言葉をよく吟味した上での選択が求められる。
 「政権政党でもないのに次々と質問をいただいて、大変、光栄だ」
 討論では、質問攻めを受けた安倍氏がこう述べて会場の笑いを誘う場面もあった。日本維新の会の石原慎太郎代表も「おそらく第一党に、そして首相指名を受けるだろう安倍さんに聞く」と質問するなど、安倍氏を中心に議事は進んだ。
 その安倍氏が、特に表情を引き締めたのが「自民党のポジションは原発維持か」との質問だった。
 「(原発維持かゼロかの)シロかクロか言葉遊びするべきではない」
 安倍氏はこう指摘し、自民党の公約が向こう3年間、再生可能エネルギーの最大限の導入、省エネの最大限の推進を図るとしたことを念頭に主張した。
 「3年間で集中的に国家資本を投入していく。でも、それはうまくいくかいかないか、今は断言できない。できる限り原発に依存しない社会を作っていこうと決めているが、軽々にゼロにするとは言わない」
 これに対し野田佳彦首相(民主党代表)は、民主党が2030年代の原発依存ゼロを目指す一方、使用済み燃料の再処理事業は継続する矛盾を突かれても、民意を持ち出してこう「ゼロ」を強調した。
 「国民の覚悟が将来はゼロ、稼働させないということだ。いろいろと工夫をしながら前に進めていく努力をする」
 現実主義をとるか、まずは目標を掲げるか-。二大政党の政策課題へのスタンス、国民への約束の仕方が分かれる部分だろう。
 第3勢力として新たに登場した「日本未来の党」の嘉田由紀子代表は、「卒原発」以外は「国民の生活が第一」の小沢一郎代表の主張そっくりである点を尋ねられるとこう胸を張った。
 「小沢さんを使いこなせずに、官僚を使いこなすことはできない!」
 ただ、このセリフは政権交代直前、月刊誌の手記に「小沢さんの力を活用できるのは自分しかいない」と書いた鳩山由紀夫元首相のその後を連想させ、いただけない。(阿比留瑠比)
 ※(写真):11党首が参加して行われた討論会=30日、東京・内幸町の日本記者クラブ(三尾郁恵撮影)
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2012年11月30日  23:50:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【福島第1原発事故】:帰還困難住民は再編後も96% 福島・大熊町の警戒区域再編

2012-11-30 23:33:00 | 原発事故・放射能 被曝・汚染
【福島第1原発事故】:帰還困難住民は再編後も96% 福島・大熊町の警戒区域再編

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【福島第1原発事故】:帰還困難住民は再編後も96% 福島・大熊町の警戒区域再編

 政府の原子力災害対策本部は30日、東京電力福島第1原発事故で全域が警戒区域となり、全ての町民が避難している福島県大熊町の警戒区域を解除し、「帰還困難区域」「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」の3区域に再編することを決めた。実施は10日。
 原則立ち入りができない帰還困難区域内の住民は約3890世帯、約1万560人で、人口全体の96%を占める。
 全域が警戒区域の自治体の区域再編は初めて。居住制限区域と避難指示解除準備区域は立ち入りが可能になるが、第1原発がある大熊町は復興計画で区域種別にかかわらず「5年間は帰らない」と宣言している。
 大熊町の北側に隣接し同じく第1原発がある双葉町と、南側の富岡町は区域再編のめどが立っていない。
 福島県内の区域再編は川内村、田村市、南相馬市、飯舘村、楢葉町に続き6自治体目。
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 事件 【福島第1原発事故・放射能被曝・放射能汚染】  2012年11月30日  23:33:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【原発事故】:対策なしなら20キロ圏内が「7日で100ミリシーベルト超」 被曝リスク予測

2012-11-30 23:20:00 | 原発事故・放射能 被曝・汚染
【原発事故】:対策なしなら20キロ圏内が「7日で100ミリシーベルト超」 被曝リスク予測

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【原発事故】:対策なしなら20キロ圏内が「7日で100ミリシーベルト超」 被曝リスク予測

 被曝(ひばく)リスクシミュレーションでは、1年の平均的な気候と、被曝の影響が出やすい気象条件の2通りのデータで計算し、被曝線量が国際原子力機関(IAEA)の防護基準である「7日で100ミリシーベルト」を超えるか否かをグラフに示した。
 対策をしないケースで、影響が出やすい気象条件の場合、IAEAの基準を超えて被曝するエリアが原発から約20キロまで及んだ。平均的な気候でも、原発から約5キロまでは、IAEAの基準を超えた。
 避難や屋内退避などの対策を講じた場合、いずれの気象条件でもIAEAの基準を下回った。
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 事件 【原発事故・放射能被曝・放射能汚染】  2012年11月30日  23:20:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安住氏、財務相在任中に大規模パーティー NHK経営委員長から10万円寄付も

2012-11-30 23:07:00 | 政治・政策・行政・政局ニュース
安住氏、財務相在任中に大規模パーティー NHK経営委員長から10万円寄付も

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:安住氏、財務相在任中に大規模パーティー NHK経営委員長から10万円寄付も

 民主党の安住淳幹事長代行(50)=宮城5区=が財務相だった平成23年、大臣規範で自粛を求められる大規模な政治資金パーティーを開き、約1320万円を集めていたことが30日、分かった。国対委員長在任中に、当時のNHK経営委員長から計10万円の寄付を受けていたことも判明した。
 大臣規範は「疑惑を招きかねない大規模なパーティー」自粛を求めているが定義があいまいで、過去にも問題になっている。安住氏の事務所は「定例会として開催した。規範に抵触するとの認識はない」とした。
 安住氏の政治団体「淳風会」の23年分政治資金収支報告書によると、パーティーは10月26日に東京都千代田区のイベントホールで開催。券は、664の企業や団体などに販売していた。
 また安住氏が国対委員長だった同年5月と8月、当時NHK経営委員長の数土文夫氏から計10万円の寄付を受けた。経営委は国会同意人事。数土氏は「個人的なことでコメントは控えたい」、安住氏の事務所は「政治活動に理解と支援を頂いている」とした。
 ※(写真):安住淳幹事長代行
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2012年11月30日  23:07:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【衆院選2012 福島】:「顔」見えない選挙戦 県内外に避難 連呼にためらいも

2012-11-30 22:58:00 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)
【衆院選2012 福島】:「顔」見えない選挙戦 県内外に避難 連呼にためらいも

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【衆院選2012 福島】:「顔」見えない選挙戦 県内外に避難 連呼にためらいも

 「有権者の顔が見えない」-。東京電力福島第1原発事故で、周辺自治体から県内外に住民が避難した福島県の衆院選挙区。立候補予定者は県内の仮設住宅に力を入れるが、県外の避難所までは手が回らない状況だ。「避難者の情報がつかみにくい」。立候補予定者にとって手探りの選挙戦が展開されそうだ。(日出間和貴、森本充)

 ■「復興に責任持て」
 原発事故で原則立ち入り禁止の警戒区域に指定されている浪江町や双葉町、富岡町が含まれる福島5区。立候補予定の民主党前職、吉田泉氏(63)は復興副大臣として何度も足を運んだ。「復興に向けた足取りが遅い」と非難を浴びることもあった。
 震災以降初めての衆院選の戦い方は未知数の部分が多いという。「県内の仮設住宅を丹念に回って、政策を直接訴えていくしかないだろう。これまでの選挙とは違うやりにくさを感じている」と吉田事務所。
 「有権者がいない所で選挙カーを走らせても…」「仮設住宅で連呼するのは迷惑だろう」。各陣営からは戸惑いの声が聞こえる。インターネット交流サイトのフェイスブックを通じて支持を訴えようと考える立候補予定者もいる。
 有権者の反応はどうか。浪江町から福島市の仮設住宅に避難する60代の男性はしらけた様子で話す。「震災後、親身に震災対応に動いた国会議員がどれだけいたか。福島の復興に責任を持って当たってほしい」
 
 ■ビラや電話で…
 県外避難者への訴えはより難しさを増す。双葉町が役場ごと移転した埼玉県加須(かぞ)市の避難所では、町民約160人が生活する。東京都江東区の公務員宿舎「東雲(しののめ)住宅」には、南相馬市や浪江町などから避難した約1300人が暮らす。
 昨年4月から同11月に延期された県議選では、加須市の避難所周辺に演説に来た候補者はほとんどいなかった。東雲住宅でも候補者の姿は見られず、支持を訴える電話が数件、各世帯にかかってきただけだった。
 今回の衆院選は準備期間が短い。南相馬市などがある福島1区で立候補を予定する日本未来の党の前職、石原洋三郎氏(39)の事務所は「避難者の声は聞きたいが、県外まで手を広げられない」との姿勢。
 全国に散る避難者の把握が容易ではないことから、自民党元職の亀岡偉民(よしたみ)氏(57)の事務所は「有権者の避難先を知る支援者を通じ、ビラの送付や電話などで訴えていく」と話す。
 東雲住宅の避難者は1日遅れで届く地元紙や週2回の避難者同士の交流の場で情報を集めている。加須市に避難する双葉町の鵜沼(うぬま)友恵さん(37)は「思いを託せる人がだれなのか分からない」と困惑している。
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2012年11月30日  22:58:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【衆院選】:民主、大阪3区に公認候補

2012-11-30 22:48:00 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)
【衆院選】:民主、大阪3区に公認候補

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【衆院選】:民主、大阪3区に公認候補

 民主党は30日、次期衆院選で大阪3区に学習塾経営の藤原一威氏を公認候補として擁立すると発表した。
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2012年11月30日  22:48:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嘉田氏の参院選出馬を示唆 小沢氏 嘉田氏は否定

2012-11-30 22:46:00 | 政党・地域政党・政治団体他
嘉田氏の参院選出馬を示唆 小沢氏 嘉田氏は否定

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:嘉田氏の参院選出馬を示唆 小沢氏 嘉田氏は否定

 日本未来の党に合流する国民の生活が第一の小沢一郎代表は30日、文化放送の番組で、未来代表の嘉田由紀子滋賀県知事が来年夏の参院選に出馬する可能性を示唆した。これに対し、嘉田氏は県庁で記者団に「ない。(小沢氏に)そんなことは申し上げていない」と否定した。ただ、日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長をかつて「劇薬」と答えたのに対し、小沢氏については「苦い薬。良薬は口に苦しだ」と改めて持ち上げた。
 ※(写真):党首討論会に出席した嘉田由紀子・日本未来の党代表=30日午後、東京・内幸町の日本プレスセンター(三尾郁恵撮影)
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2012年11月30日  22:46:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江田氏、嘉田氏に「小沢氏を使いこなせるのか?」

2012-11-30 22:31:00 | 政治・政策・行政・政局ニュース
江田氏、嘉田氏に「小沢氏を使いこなせるのか?」

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:江田氏、嘉田氏に「小沢氏を使いこなせるのか?」

 みんなの党の江田憲司幹事長は30日の記者会見で、日本未来の党代表の嘉田由紀子滋賀県知事が、国民の生活が第一の小沢一郎代表に関し「小沢さんを使いこなせずに官僚を使いこなすことはできない」と発言したことに対し「(小沢氏と官僚を)比較するのはナンセンスだ。小沢氏という大政治家を使いこなせる政治家はいるのか」と皮肉を込めて答えた。
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2012年11月30日  22:31:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【党首討論】:討論会の要旨

2012-11-30 22:22:00 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)
【党首討論】:討論会の要旨

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【党首討論】:討論会の要旨

 【経済政策】
 安倍晋三自民党総裁 自民党は2%というインフレ目標に向かってあらゆる手段を取る。世界が注目するような成長戦略を立て新たな投資分野を作る。
 野田佳彦首相 当面の物価上昇目標を1%として努力する。本格的な補正予算編成で景気のテコ入れは必要。バラマキでなく成長分野に種をまく。
 山口那津男公明党代表 10兆円規模の緊急経済対策、補正予算を組む。低所得者対策として軽減税率を導入すべきだ。
 石原慎太郎日本維新の会代表 国の会計制度を変えるべきだ。

 【政界再編、連携】
 安倍氏 公明党とは長年連立を組んできた。(他党とは)選挙の結果を受けてからだ。野田さんは好きだ。一緒に酒を飲んだら楽しいだろうが、官公労主体の民主党は倒さねばならない。
 野田氏 国民新党は友党。2番目に公明党を挙げようと思ったが物議を醸す。安倍総裁には一定のリスペクト(尊敬の念)は持っている。
 石原氏 (憲法改正に)公明党が同意しないなら、公明党と連立する限り自民党には期待できない。

 【原発・エネルギー】
 嘉田由紀子日本未来の党代表 大飯原発3、4号機は236万キロワットしか動いてない。ほぼ原発ゼロの状態だ。具体的な卒原発プログラムを出す。
 安倍氏 白か黒か言葉遊びをすべきではない。3年以内に再稼働の可否を判断し、再生可能エネルギーに集中的に投資する。10年間でベストミックスを考える。
 野田氏 2030年代の原発稼働ゼロに向け政策資源を総動員する。
 
 【尖閣問題】
 石原氏 灯台や船だまりを造るべきだ。
 安倍氏 船だまりや公務員常駐は公約に書いた。実効支配は譲らない。

 【「国防軍」明記、憲法改正、集団的自衛権】
 安倍氏 国内に向かっては軍ではないという詭弁(きべん)は憲法改正し、やめるべきだ。96条の改正手続きから変えていきたい。
 山口氏 自衛隊の名称を変える必要はない。集団的自衛権の行使を認めることは慎重に考えたい。

 【TPP参加交渉】
 野田氏 通商国家の要になるという積極的な戦略でいきたい。
 安倍氏 守るべきものを守らなければいけない。聖域なき関税撤廃は関税自主権を手放すことだ。

 【沖縄基地問題】
 野田氏 嘉手納以南の(米軍施設の)返還など負担軽減策を急ぐ。

 【震災復興】
 安倍氏 復興庁が機能していない。政治主導を取り戻し、復興に役立つ観点から役人にも裁量権を発揮してもらう。

 【消費税増税】
 野田氏 安定財源を確保しなければ年金や医療、介護に揺るぎない安心は作れない。
 志位和夫共産党委員長 大企業優遇など不公平税制を先に正すべきだ。
 ※(写真):党首討論会に出席した(左から)安倍晋三・自由民主党総裁、野田佳彦・民主党代表、嘉田由紀子・日本未来の党、石原慎太郎・日本維新の会代表=30日午後、東京・内幸町の日本プレスセンター(三尾郁恵撮影)
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2012年11月30日  22:22:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【党首討論】:(11)改革・舛添代表「何より景気回復。大幅に金融緩和」

2012-11-30 22:20:00 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)
【党首討論】:(11)改革・舛添代表「何より景気回復。大幅に金融緩和」

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【党首討論】:(11)改革・舛添代表「何より景気回復。大幅に金融緩和」

 何より景気回復。デフレを克服するために規制緩和や法人税減税、大幅な金融緩和をやる。消費税はデフレを克服してから増税すべきだ。長期的には増税は必要だが、デフレのもとでやると経済を悪くする。個人消費を冷え込ませることはやめる。もう一つ個人消費が冷え込む理由に老後の不安、子育ての不安、医療の不安がある。全力を挙げて社会保障改革に取り組む。
 ポピュリズムを打破し、品格ある政治を取り戻す。新党改革は小さい政党だが、山椒(さんしょ)は小粒でもピリッと辛い。この政党は国民のために不可欠だ。
 ※(写真):党首討論会に出席した舛添要一・新党改革代表=30日午後、東京・内幸町の日本プレスセンター(三尾郁恵撮影)
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2012年11月30日  22:20:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【党首討論】:(10)国民新・自見代表「助け合いの絆復活」

2012-11-30 22:19:00 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)
【党首討論】:(10)国民新・自見代表「助け合いの絆復活」

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【党首討論】:(10)国民新・自見代表「助け合いの絆復活」

 いま中小政党が林立しているが、国民新党はファーストランナーという自負がある。小泉純一郎元首相が進めた新自由主義の政治は地方と弱者を切り捨て、金とマーケットが最も大事だった。おかしいというブレない羅針盤をもって、少数といえども強い結束のもと政党をつくった。新自由主義の行き過ぎた郵政民営化を改正した。
 正しい国家の羅針盤、団結力、重厚な経験を持つ保守政治をきちんとやれば国家も動かせることを証明したい。そして、日本人の助け合いの絆を復活させていく政治をやりたい。
 ※(写真):党首討論会に出席した自見庄三郎・国民新党代表=30日午後、東京・内幸町の日本プレスセンター(三尾郁恵撮影)
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2012年11月30日  22:19:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【党首討論】:(9)大地・鈴木代表「若者に夢。北海道が日本の元気」

2012-11-30 22:18:00 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)
【党首討論】:(9)大地・鈴木代表「若者に夢。北海道が日本の元気」

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【党首討論】:(9)大地・鈴木代表「若者に夢。北海道が日本の元気」

 景気回復と雇用創出を訴えていく。自民党の小泉政権以後、新自由主義で勝ち組と負け組で格差が広がる社会ができた結果、若者はやる気を失った。その若者に夢を与える。それが新党大地の考えだ。もちろん反消費増税、原発ゼロ。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は断固反対だ。
 選挙のために政党が一緒になるのは野合だ。政治家に大事なのは志であり、不撓(ふとう)不屈の精神だ。北海道の地域政党だが、全国政党になった。北海道が良くなれば日本が良くなる。北海道の元気が日本の元気だ。この思いで頑張る。
 ※(写真):党首討論会に出席した鈴木宗男・新党大地・新民主代表=30日午後、東京・内幸町の日本プレスセンター(三尾郁恵撮影)
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・衆院選】  2012年11月30日  22:18:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加