乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【韓国】:「原潜建造論」急浮上

2016-10-18 20:34:30 | 【外交・韓国・従軍慰安婦、竹島問題】

【韓国】:「原潜建造論」急浮上

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【韓国】:「原潜建造論」急浮上

 【ソウル米村耕一】韓国政府と与党セヌリ党は18日、北朝鮮の核・ミサイル開発への中長期的な対応策を協議した。与党側から「原子力潜水艦の早期確保」に向けて積極的に取り組むよう求める声が相次ぎ、国防省側も「慎重に検討する」と回答したことから、「原潜建造論」が韓国内で急浮上している。

 原潜を求める声が高まっているのは、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発を進め、8月には発射実験で500キロ飛行するなど成果を上げつつあるためだ。北朝鮮の潜水艦がいったん基地の外に出ると、その動きを探知し、SLBMを防ぐことが難しいとの見方から、「原潜で24時間、水面下から北朝鮮の基地を監視し、有事には先制打撃を加えるのが最善だ(聯合ニュース)」と考えられている。月刊誌「朝鮮」11月号は2003年中盤から韓国で原潜開発が進められていたと報じ「政治決断さえあれば2年で建造できる」との開発関係者の証言を伝えた。

 ただ、実際に原潜を建造するには燃料となる濃縮ウランの確保などのため米国の同意が必要だ。また米韓間の原子力協定では濃縮ウランの移転などについて「いかなる軍事的目的も含まない」と明記されている。03〜04年当時も米国など周辺国の協力や国際的な条約や規約の問題から開発を断念したという。今回も実際には困難だと見られる。

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース 国際 【アジア・オセアニア・韓国】 2016年10月18日  20:34:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【相撲協会】:春日山2力士... | トップ | ネットへの「同時配信」、課... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。