乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【新潟県知事選】:鹿児島からも歓迎の声 川内原発反対の県民

2016-10-16 22:10:30 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)

【新潟県知事選】:鹿児島からも歓迎の声 川内原発反対の県民

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【新潟県知事選】:鹿児島からも歓迎の声 川内原発反対の県民

 7月の知事選で脱原発を掲げた三反園訓(みたぞの・さとし)氏が初当選した鹿児島県で、九州電力川内(せんだい)原発(同県薩摩川内市)の運転に反対する県民からも、新潟県知事選の結果を歓迎する声が上がった。

 鹿児島県労連議長で、脱原発候補を三反園氏に一本化するため、知事選への立候補を取りやめた平良(たいら)行雄さん(56)は「脱原発を求める流れが全国的に広がっていることを示した。国は原発に頼った今の政策を根本的に見直すべきだ」と語った。

 三反園知事は就任後、川内原発の即時一時停止を九電に申し入れたが、九電は拒否。現在は1号機が定期検査のため停止中で、12月上旬には運転再開の是非が焦点となる。平良さんは「選挙結果を重く受けとめ、知事は安易に再開を認めないでほしい」と話した。

 薩摩川内市で脱原発を求める市民団体のメンバー、上原正利さん(69)も「選挙結果は国に歯止めをかける意味で大きい。反対運動に勢いがつく」と喜んだ。ただ、16日に告示された同市長選(23日投開票)では立候補した2人がいずれも原発稼働を主張している。それでも、上原さんは「今や多くの市民が原発に頼ったまちづくりに疑問を持っている。活動を続けたい」と話した。【杣谷健太】

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース 社会 【話題・選挙・新潟知事選】  2016年10月16日  22:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

『新潟県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新潟知事に野党系米山氏 与... | トップ | 【新潟県知事選】:原発政策... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。