乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【皇室】:天皇と安倍総理が「決定的に対立する日」 「生前退位」めぐり・・・

2017-11-19 09:45:30 | 【天皇家・皇室・女性宮家問題】

【皇室】:天皇と安倍総理が「決定的に対立する日」 「生前退位」めぐりご学友に圧力?

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【皇室】:天皇と安倍総理が「決定的に対立する日」 「生前退位」めぐりご学友に圧力? 

 ◆発言は控えていただきたい

 「現在、政府の行っていることは、陛下のご意向とはまったくズレています。昭和の初めに生まれたいち日本人として心配に思い、陛下の思いを伝えようと考えました」

 こう語るのは、学習院の幼稚園からこれまで天皇と親しくしてきた、ご学友・明石元紹氏である。

 '16年8月に「おことば」が発表されて以来、注目を集める天皇の生前退位問題。安倍官邸の退位への「消極性」は際立ち、天皇と官邸の意向はまったく嚙み合わない。


 そんな官邸を揺るがす「事件」が起きたのは12月1日のこと。新聞各紙が、明石氏が今年の夏に天皇から退位について相談を受けたことを報じたのだ。明石氏が言う。

 「7月21日、陛下から電話がありました。『自分が生きているうちに退位したとしても驚くようなことではない』『摂政は感心しない』『自分だけでなく、以降も生前退位をできるようにしたい』と本心を吐露されました」

 明石氏が4ヵ月以上も経ってこのことを明かしたのは、政府があまりに天皇を軽んじているように見えるからだという。

 「8月、陛下の思いを伝えようと官邸にうかがいました。杉田和博官房副長官が応対してくれましたが、彼は事前に話すことを決めていたようで、『制度化は難しい』と。『結論ありき』に思えました。その後の議論を見ても、陛下のこれまでの行動の意味を真摯に汲み取ろうとしているとはとても思えません」(明石氏)

 退位に消極的な官邸にとって、天皇の「真意」が漏れ出る報道はきわめて都合が悪い。

 「麻生太郎副総理は、学習院人脈を通じて明石氏に『法案は有識者会議の答申を待って国会に提出する。これ以上の発言はお控えいただきたい』と伝えた。いわば『圧力』です。政府と陛下の考えに齟齬があることが明らかになってはいけないから、担当の杉田さんを筆頭に情報管理に必死なのです」(官邸スタッフ)

                                                Photo by GettyImages

 そんななか、12月14日には、退位についての有識者会議で、生前退位を「恒久法化」するのは難しいとされた。前出の官邸スタッフが明かす。

 「官邸の意向が影響しています。総理は以前から、麻生副総理や菅義偉官房長官に『陛下には、有識者会議の答申を踏まえた特措法を受け入れていただきたい』と話し、意思統一を図っている」 

 天皇の思いには反するものだが、なぜ政権は恒久法化を避けるのか。皇室ジャーナリストの久能靖氏が解説する。

 「安倍総理は皇室典範の改正に話題が及ぶのが怖いのです。現政権は保守的な層が支持基盤ということもあり、女性・女系天皇誕生につながる典範改正の議論は避けたい。有識者会議を引き延ばし、やり過ごそうとしている」

 こうして天皇の真意に気付かないふりを続ける官邸が戦々恐々とするのが、12月23日の天皇誕生日を前にした会見だった。

 「陛下が何をお話しになるのか、杉田さんは会見を前にすっかり緊張状態。誕生日会見での発言の大半は陛下ご自身が書いており、宮内庁長官すら直前まで見ることができない。官邸は、宮内庁次長として送り込んだ西村泰彦元警視総監などを駆使し、必死で情報収集中しました」(前出・官邸スタッフ)

 もうひとつ官邸が恐れるのが、2月23日の皇太子誕生日だ。宮内庁クラブの記者が言う。

 「天皇陛下は『おことば』発表の3~4年前から、退位について皇太子、秋篠宮さまと3人でよく話し合われてきたそうです。お二人は陛下のお気持ちをよく理解している。

 実際、秋篠宮さまは11月の自身の誕生日で、『おことば』について〈私もそのお考えに、非常に同じような気持ちを持っております〉と陛下を援護する発言をされた。皇太子殿下の誕生日でも、発言があるかもしれない」

 天皇と安倍総理の「決裂」の表面化は近い。

「週刊現代」2016年12月31日・1月7日合併号より

 元稿:現代ビジネス 主要ニュース 政治・政策 【皇室:担当 週刊現代】  2017年01月10日  09:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【僭越ながら論】:天皇陛下... | トップ | 【日本外交と政治の正体】:... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-04-12 21:35:15
生前退位が2018年12月下旬に検討されてますが、早過ぎます。生前退位は東京オリンピック後で2021年3月31日にするべきです。2020年度夏に東京オリンピックがありますが、東京オリンピックの時はまだ平成のままにするべきです。また、2018年度は4で割り切れないので4で割り切れる年度の節目としても新元号は2021年4月1日からにするべきです。現在は平成ですが前は昭和でした。現在今上天皇が公務をしており平成です。昭和(1989年3月以前)に設置されたエレベーターの開閉ボタンの表記は漢字ですが、平成(1989年4月以降)に設置された開閉ボタンの表記は三角や矢印で平成になったから変わったと思います。消費税は平成元年3月31日(昭和63年度)までありませんでしたが、平成元年4月1日(平成元年度)に消費税が導入されてますので、平成になったからだと思います。南海ホークスが福岡○○ホークス(2004年度までは福岡ダイエーホークス、2005年度以降は福岡ソフトバンクホークス)になったのは平成になったから変わったと思います。不定期で放送されたNHK特集が終了してNHKスペシャルが常時で放送がスタートしたのは平成になったからだと思います。紅白歌合戦が放送時間を拡大したのは平成になったからだと思います。福井放送が日本テレビ系列フルネットから日本テレビ系列とテレビ朝日系列のクロスネットになったのは平成になったからだと思います。ライオンやサントリーなどの企業がローマ字に変わったのは平成になったからだと思います。花王は平成21年10月1日に漢字からローマ字に変わってます。三菱電機は平成26年4月1日(CMは同年度6月、提供クレジットは7月)に「MITSUBISHI」から「MITSUBISHI ELECTRIC」に変わってます。
平成から次の元号になった時に変更してほしいこと
エレベーターの開閉ボタンの標記の変更(三角表記、矢印表記からひらがなと英語表記に変更)
プロ野球の廃止(プロ総合野球開幕)
消費税の廃止
紅白歌合戦終了(男女対抗歌合戦スタート)
NHKスペシャル終了(NHK特番スタート)
福井朝日テレビ開局(同時に福井放送は日本テレビ系列フルネットに戻す)
一部企業のロゴ変更
ライオンの企業スローガン変更(「今日を愛する」から「暮らしを豊かに」に変更)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

【天皇家・皇室・女性宮家問題】」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。