乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【きょうの潮流】:北朝鮮が5回目の核実験を強行しました。

2016-09-14 04:15:20 | 北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題

【きょうの潮流】:北朝鮮が5回目の核実験を強行しました。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【きょうの潮流】:北朝鮮が5回目の核実験を強行しました。

 公式発表によると、「米国をはじめとした敵対勢力の脅威と制裁騒動に対する実際的対応措置の一環」だといいます▼ なぜこの時期に実験を行ったのか、専門家の推測はさまざまです。「次期米政権との対話に備え有利な立場を固めようとした」「9月9日の建国記念日に合わせ た」「『制裁は無意味』だとのメッセージを発した」▼意図が何であれ、核実験がもたらすものは、国際社会からのいっそうの孤立と制裁強化でしょう。5月に 36年ぶりに開かれた朝鮮労働党大会は、核開発と経済再生の「並進路線」を確認しましたが、未来のある道とは思えません▼北朝鮮研究の専門家として知られ る韓国・仁済大学の金錬鉄(キムヨンチョル)教授は、核問題を解決したいなら「あるがままの北朝鮮と向き合うべき」だと主張します。「相手を把握し、意図 を分析し、対策を立てよ」と▼「あるがままの北朝鮮と向き合う」という文言は、1999年に対話を通じた問題解決に乗り出した米クリントン政権下の「ペ リー報告」にもありました。北朝鮮の「体制崩壊」を待つのでも軍事的手段に訴えるのでもなく、政治的解決に向けた努力です▼「ペリー報告」は6カ国協議へ とつながり、2005年9月19日の共同声明へと実を結びます。北朝鮮の核開発放棄、米朝・日朝国交正常化など、様々な問題を包括的に解決しようという合 意でした。それから11年。互いに「脅威」とみなす関係を変える努力こそ再び始めるべきでしょう。

 元稿:しんぶん赤旗 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【きょうの潮流】 2016年09月10日  04:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【主張】:この秋のたたかい ... | トップ | 【主張】:北朝鮮核実験強行 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

北朝鮮・拉致被害・朝鮮総連問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。