乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【大弦小弦】:〈金(きん)は火で試す。女は金(かね)で試す…

2016-10-14 08:22:40 | 在日米軍基地・再編問題・防衛・武器

【大弦小弦】:〈金(きん)は火で試す。女は金(かね)で試す…

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【大弦小弦】:〈金(きん)は火で試す。女は金(かね)で試す…

 〈金(きん)は火で試す。女は金(かね)で試す。男は女で試す〉。米国のことわざにある。本質を探りたければ、その弱点を突くのが近道だという意味である

 ▼それに倣い、安倍政権は、〈翁長雄志知事は高江で試す〉ということなのだろう。北部訓練場の年内返還の方針を「歓迎」と評価した自身の発言で、事実上の撤回に追われる知事の姿を見て思う

 ▼国家権力による圧力の「火」にも動じない。振興策を絡めた「金」で揺さぶっても乗ってきそうもない。政府交渉でも毅然(きぜん)と臨む翁長知事にとって、「高江」が唯一とも言えるアキレス腱(けん)と映ったのだろう

 ▼確かに、東村高江のヘリパッド建設に対する知事の言動は分かりにくい。オスプレイ配備撤回を唱えながら、工事強行に「遺憾」と批判しても、建設反対とは明言していないからである

 ▼知事自身、「矛盾」していると認めて「沖縄の抱えている厳しいところだ」と言うが、やはり言葉が足りない。どんな強固な「一枚岩」も、小さな亀裂を放置すると、やがて亀裂は広がり、静かに壊れていく。それを避けたいなら、丁寧に説明してもらうしかない

 ▼為政者の心得を表した格言に「よりよく統治するには分断せよ」とある。いまだ歯切れの悪い翁長知事の言葉に、「知事、その調子その調子」との声がどこからか聞こえてくる。 (稲嶺幸弘)

 元稿:沖縄タイムス社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【大弦小弦】  2016年10月13日  07:57:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【社説】:[放置される虫歯... | トップ | 【社説】:[翁長知事「歓迎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。