乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【余録】:気持ちがふさいだ人、不安を抱える人を…

2016-10-17 02:26:30 | 国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米

【余録】:気持ちがふさいだ人、不安を抱える人を…

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【余録】:気持ちがふさいだ人、不安を抱える人を…

 気持ちがふさいだ人、不安を抱える人を笑顔にさせる食べ物がある。おにぎりだ。おいしいだけではない。地震の被災地で台風や大雨の時の避難所で、炊き出しのおにぎりが人々を元気づけてきた▲不思議な力を宿すおにぎりを、途上国の支援にむすびつける活動が始まった。「日本の食で世界を変えたい」との願いを込めた「おにぎりアクション」である。おにぎりが写った写真を1枚、インターネットで投稿する。だれでも、世界のどこからでも無料だ▲すると、現地での5食分の学校給食をまかなえる100円を、ますやみそ(広島県呉市)や伊藤園などの協賛企業が寄付してくれる。呼びかけは「テーブル・フォー・ツー」(二人の食卓)。日本で生まれた国際貢献の団体である▲各地の社員食堂などに寄付金付きメニューの導入を働きかけ、アフリカやアジアでの給食支援を続けてきた。学校給食は飢餓解消だけでなく、子どもが学校に通うきっかけを生む。約8年間で約4200万食を届けた。今回は、国連の「世界食料デー月間」にあわせた活動だ。来月末までに10万食を目標に掲げる▲ちょうど新米の季節。会社での弁当や子どもとの昼ご飯、運動会や新幹線の車中から次々に写真が届いた。発案者の大宮千絵さんは「心が温かくなり、おなかもすいてきますね」と見ているだけで顔をほころばせた。すでに投稿は6万食分を超え、予想外の反響だ▲どんどん投稿が増えても寄付は10万食分の用意しかないのが残念でもある。多くの人が込めた思いがもったいない。20万円あれば1万食がまかなえるという。おにぎりの力をもっと生かしたい。

 元稿:毎日新聞社 東京朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【余録】  2016年10月17日  03:46:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【社説①】:「新潟」野党勝利... | トップ | {社説②}:大阪万博の誘致 思... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。