乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【社説②】:消費者団体裁判 制度を動かすために

2016-10-16 01:30:30 | 裁判(最高裁・高裁・地裁・簡易裁)

【社説②】:消費者団体裁判 制度を動かすために

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説②】:消費者団体裁判 制度を動かすために

 悪徳商法など多発している消費者被害を救済する新たな裁判制度が始まった。特定の消費者団体が被害者に代わって加害企業の賠償責任を問う。制度を根付かせ、被害者の泣き寝入りを防ぎたい。

 悪質な商法で購入契約をさせられた。語学学校の入学を辞退した際に、法外なキャンセル料を取られた-。多発する同じような被害をまとめて救済しようと、新たな集団訴訟制度が始まった。

 首相の認定を受けた「特定適格消費者団体」が被害者に代わって原告となり、被害金を取り戻すための裁判を起こす。その手続きの根拠となるのが、今月施行された「消費者裁判手続き特例法」だ。

 裁判は二段階で進められる。まず、消費者団体が事業者を訴える。事業者に賠償責任があると判断された場合に、次の段階として被害者が裁判に加わる。裁判所が個々の賠償額を確定し、被害金を取り戻していくという流れだ。

 判断力の落ちた高齢者を狙った消費者被害も増え続けている。消費者をどう守るのか。被害の防止と救済は消費者行政の柱である。

 だが、消費者が事業者に直接、被害金の返還を求めても、交渉力に圧倒的な差がある。裁判を起こすにも費用や手間がかかる。この点で交渉力のある組織が裁判の先頭に立てる仕組みは有効だ。類似制度はフランスにもある。

 消費者団体が被害者に代わって原告となる裁判制度は二〇〇七年に創設されたが、不当な勧誘や契約をやめさせる請求はできても、賠償責任までは追及できなかった。新制度は積み残されてきた損害賠償に踏み込むものだ。

 それでもなお課題は残る。被害金の返還に特化したため、精神的苦痛に対する慰謝料の請求は手続きの対象外とされた。

 経済界には、大勢の被害者が裁判に参加すると経営に影響が出る、乱訴が心配だ、と制度の導入に反対する声もあった。だが、まともな企業がみだりに訴えを起こされるだろうか。不当表示でごまかしたり、欠陥製品を売らない。消費者と適正な契約を交わす。これは企業として当然ではないか。

 「特定適格消費者団体」として認定を申請したのはまだ一団体のみ。被害金返還という大きな事務負担では活動を担える団体は限られるのだろうが、その数が少ないと訴訟の数も限られる。団体の体制整備を支援し、消費者が頼れる制度にしたい。

  元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2016年10月14日  01:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【筆洗】:音楽好きとして、... | トップ | 【社説①】:ボブ・ディラン ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。