乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【熊本地震】:熊本城本丸御殿、内部は最小限の被害…報道公開

2016-10-12 11:21:40 | 災害・地震・津波・台風・竜巻・地滑り

【熊本地震】:熊本城本丸御殿、内部は最小限の被害…報道公開

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【熊本地震】:熊本城本丸御殿、内部は最小限の被害…報道公開

 熊本市は12日、熊本地震の発生後初めて、熊本城の本丸御殿内部と天守閣出口を報道陣に公開した。

 市熊本城調査研究センターによると、天守閣の石垣は崩れたが、別棟の本丸御殿内部は最小限の被害にとどまっていたという。

報道陣に公開された熊本城本丸御殿大広間の「昭君之間」(12日午前9時41分、熊本市で)=浦上太介撮影

  報道陣に公開された熊本城本丸御殿大広間の「昭君之間」(12日午前9時41分、熊本市で)=浦上太介撮影

 本丸御殿は1877年に焼失し、2008年に復元した。地上3階地下1階(延べ床面積約2950平方メートル)で、使った瓦は14万枚。25部屋あり、きらびやかな金箔(きんぱく)の障壁画や天井絵が飾られている。

 地震で、本丸御殿西側の石垣の一部が沈み、内部の畳や床が約5センチずれたほか、壁のしっくいの一部が崩れ落ちていた。ただ、御殿大広間の「昭君之間(しょうくんのま)」などに飾られた障壁画や天井絵はほぼ無傷だった。天守閣出口は、内部につながる階段に接する石垣が崩れており、立ち入りできない状態だった。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【災害・熊本地震】 2016年10月12日  11:21:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『熊本県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲田防衛相の控訴棄却…週刊誌... | トップ | 「残業百時間で過労死、情け... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。