乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【第一生命】:1日から持ち株会社化 国内外11社統括

2016-10-01 00:03:30 | 産業・経済・企業・ビジネスニュース

【第一生命】:1日から持ち株会社化 国内外11社統括

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【第一生命】:1日から持ち株会社化 国内外11社統括

 第一生命保険は1日、持ち株会社体制に移行する。国内市場が超低金利や人口減少の逆風にさらされる中、持ち株会社が司令塔になってグループの経営資源を効率的に使い、海外の保険会社の買収や、他社との提携などの成長戦略を加速させる。

         持ち株会社に移行する第一生命

 持ち株会社の第一生命ホールディングス(HD)を設立し、国内外11の生保、資産運用会社をぶら下げる。中核子会社である第一生命の渡辺光一郎社長がHD社長を兼務する。

 第一生命は2010年に相互会社から株式会社に移行後、米国やアジアの保険会社に出資するなど海外を中心に事業を拡大、15年度の最終利益の2割超を海外事業が占める。規模拡大に伴い、グループ全体の運営と個々の事業会社の経営を分ける必要性が高まっていた。

 第一生命幹部は「社会の変化に柔軟に対応する組織を作る」としており、成長市場での買収や、子会社と他社との提携戦略などで、持ち株会社が迅速な経営判断を問われる。「いかに子会社同士の連携を実現させて安定収益につなげるか」(大手証券会社アナリスト)との見方もあり、日銀のマイナス金利政策の長期化が展望される中、グループの資産運用の一体化などにも関心が集まりそうだ。【中島和哉】

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース 経済 【企業・産業】 2016年10月01日  00:03:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。  

『保険』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【介護サービス】:移行停滞... | トップ | 【コメ作況指数】:全国は103 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

産業・経済・企業・ビジネスニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。