乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【筆洗】:<泣笑ひしてわがピエロ/秋じゃ!秋じゃ!と歌ふなり。>

2016-10-17 01:30:30 | 事件・犯罪・疑惑

【筆洗】:<泣笑ひしてわがピエロ/秋じゃ!秋じゃ!と歌ふなり。>

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:<泣笑ひしてわがピエロ/秋じゃ!秋じゃ!と歌ふなり。>

 <月のやうなる白粉(おしろい)の顔が涙を流すなり>。堀口大学の「秋のピエロ」である。<道化たピエローの面(かお)のなにかしらさみしい感じ>は北原白秋の「思ひ出」。顔で笑って心で泣いて。どうもピエロと聞けば、泣いているようにも見える表情の裏側に潜む寂しさや悲しさを想像してしまうか▼「秋じゃ!秋じゃ!」ではあるまいに嘆かわしい。最近の欧米での気味の悪いピエロ騒動である。ピエロに扮(ふん)した人物が世界各地に出没し、子どもを追い掛けて怖がらせるなど、悪質な嫌がらせを働いている▼サーカス小屋なら笑えても場違いな街角などであの顔を見れば、確かに不気味で特に子どもには泣きだしたくなるほど怖かろう▼スウェーデンではピエロの仮面をかぶった者による傷害事件も起きている。米国では少なくとも二十州で「ピエロ」出没の通報があったそうで、一部の学校はやむなく休校する事態にもなっている▼八月に米国で起きた一件のピエロ騒ぎがネットなどを通じて広まり、これをまねて、世界中に不届きな「ピエロ」たちが出現するようになったらしい▼ハロウィーンも近いが、ばかげた「病」の日本への感染を心配する。何がおもしろいのか理解できぬが、人を怖がらせて騒ぎの主役にでもなりたいのか。なるほど「ピエロ」の心は寂しく、悲しい。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2016年10月17日  01:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【私設・論説室から】:外の... | トップ | 【社説②】:トヨタとスズキ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。