乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【図解・行政】:「国の借金」の推移

2017-01-19 00:01:20 | 金融・財政ニュース

【図解・行政】:「国の借金」の推移

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【図解・行政】:「国の借金」の推移 

 ◎国の借金、1062兆円=1人当たり837万円-9月末

  財務省は10日、国債と借入金などの残高を合計した「国の借金」が9月末時点で1062兆5745億円だったと発表した。6月末時点から9兆1069億円増え、過去最高を更新した。10月1日時点の人口推計(概算値1億2693万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約837万円になる。

 急速な高齢化で社会保障費が膨らむ中、不足する税収を賄う国債の発行額が増えた。厚生労働省は2017年度予算の概算要求で高齢化に伴う社会保障費の自然増を6400億円と見込んでおり、国の借金は今後も増加する傾向にある。
 国の借金は16年度末に1119兆3000億円まで膨らむ見通しだ。

 元稿:時事通信社 JIJI.com  経済 【金融・財政】  2016年11月10日  20:40:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

  ◎国の借金1053兆円=1人当たり830万円-6月末

  財務省は10日、国債と借入金などの残高を合計した「国の借金」が6月末時点で1053兆4676億円になったと発表した。3月末時点から4兆1015億円の増加で、不足する税収分を賄う国債の発行額が増えた。7月1日時点の人口推計(1億2699万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約830万円になる。

 元稿:時事通信社 JIJI.com  経済 【金融・財政】  2016年08月10日  17:59:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 ◎国の借金、1038兆円=1人当たり817万円-9月末

                                 ※記事などの内容は2014年11月10日掲載時のものです

 財務省は10日、国債や借入金などの残高を合計した「国の借金」が9月末時点で1038兆9150億円になったと発表した。過去最大だった6月末に比べ て4981億円減少した。10月1日時点の推計人口(1億2709万人)で割った国民1人当たりの金額は約817万円に上る。

「国の借金」の推移
 国の借金の減少は、為替介入の原資を調達するための政府短期証券の借り換えを一時的に見送ったことが主因だ。高齢化を背景とした医療、年金など社会保障費用の増加傾向は変わっていないため、借金は2015年3月末には1143兆9000億円に膨らむ見通し。
 9月末時点の主な内訳は、普通国債が6月末比5兆2871億円増の758兆6841億円、政府系金融機関などへの貸し付け原資となる財投債が1兆 1853億円減の100兆1075億円。借入金は1443億円減の54兆4724億円。政府短期証券は4兆2898億円減の116兆6187億円。  

 ◎国の借金、1039兆円=1人当たり818万円-6月末

                                     ※記事などの内容は2014年8月8日掲載時のものです

グラフィック1  財務省は8日、国債や借入金、政府短期証券の残高を合計した「国の借金」が6月末時点で1039兆4132億円になったと発表した。3月末に比べ14兆 4563億円増加し、過去最大を更新した。7月1日時点の推計人口(1億2710万人)で割った国民1人当たりの金額は約818万円に上る。
 年金や医療など社会保障費を中心に歳出増に歯止めがかからず、国債の相次ぐ増発で借金が膨らみ続けている。財務省は、2015年3月末には1143兆9000億円に達すると予想している。 

 

 

 ◎「国の借金」1024兆円=過去最大、1人806万円-13年度末

                                        ※記事などの内容は2014年5月9日掲載時のものです

グラフィック1  財務省は9日、2013年度末の「国の借金」が前年度末より33兆円増えて1024兆9568億円となったと発表した。高齢化に伴う医療や年金といった社 会保障費の伸びなどを背景に、借金は過去最大を更新。今年4月1日時点の人口推計(1億2714万人)で割ると、国民1人当たり約806万円を背負う計算 となる。
 国の借金は、国債や借入金、さらに円売り介入を行う際の資金調達手段である政府短期証券の残高の合計額。13年6月末に初めて1000兆円を突破した。財政健全化が進まず、「大変厳しい状況になっている」(麻生太郎財務相)ことが改めて裏付けられた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ◎初の1000兆円突破=「国の借金」膨張止まらず-1人当たり792万円・6月末

                                     ※記事などの内容は2013年8月9日掲載時のものです

グラフィック1  財務省は9日、国債や借入金、政府短期証券の残高を合計した「国の借金」が6月末時点で1008兆6281億円になったと発表した。社会保障費など歳出増 加に伴って借金の膨張に歯止めがかからず、3月末から17兆270億円増え、初めて1000兆円を突破した。日本の厳しい財政事情が改めて浮き彫りになっ た。
 7月1日時点の人口推計(1億2735万人)で割ると、国民1人当たり約792万円の借金を背負う計算となる。
 「借金」の内訳は、普通国債が3月末比11兆3470億円増の716兆3542億円、特殊法人への貸し付けの原資となる財投債は1兆7424億円減の107兆5183億円、政府短期証券は8兆1007億円増の123兆3683億円など。
 財務省は2013年度末の「借金」は1107兆1000億円になると見込んでいる。 

 

 

 

 

 

 元稿:時事通信社 JIJI.com 政治 【政策・財政】  2014年12月11日  09:22:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ... | トップ | リアルタイム財政赤字カウン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。