乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【現地リポート】:沖縄・高江ヘリパッド強行“無法地帯”の実情

2016-10-19 09:44:40 | 在日米軍基地・再編問題・防衛・武器

【現地リポート】:沖縄・高江ヘリパッド強行“無法地帯”の実情

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【現地リポート】:沖縄・高江ヘリパッド強行“無法地帯”の実情

 沖縄県北部の小さな村・高江で強行に進められる米軍のオスプレイ離着陸用のヘリパッド建設。現地では反対派住民らがテントを張って抵抗し、機動隊とのにらみ合いが続いている。今月6日には安倍昭恵首相夫人が“視察”に訪れた。現地からのリポート。

沖縄・東村高江でヘリパッド建設反対を訴える住民ら(C)日刊ゲンダイ

   沖縄・東村高江でヘリパッド建設反対を訴える住民ら(C)日刊ゲンダイ  

  ※(写真):なぜか安倍昭恵夫人も“視察”に訪れた(C)日刊ゲンダイ

 「法治国家なら法的に私たちを連れ出せ!」

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は県内外から数多く集まった有志の市民らを前に声を枯らし、訴えた。そして、弁護士の小口幸人氏がマイクを引き継ぎ、抗議行動の正当性を解説した。

 高江では、警察が法的根拠なく県道を封鎖。機動隊600人の暴力により、座り込みする市民は肋骨を粉砕し、このままでは死人が出る恐れすらある無法状態が続いている。

 普段は人口150人ほどの静かな村だ。しかし、リオ五輪開幕と原爆忌の重なる6~8日が市民排除の修羅場になる可能性があるとの呼びかけに全国の有志が 呼応。9年前から基地反対活動を続けている地元民に加え、県内外から延べ2000人以上が集まった。これに東京からキー局のテレビ報道クルーが中継車まで 出して来沖。結果、焦点の3日間、権力側の暴挙を食い止めた。

 「私たちの森に基地は要らない。高江は沖縄の水瓶、命の源である。戦争のための砂利は一粒たりとも渡したくない」

 「防衛省に聞きたい。あなたの家の隣に基地が出来たら、あなたは反対しないのか?」

 8日午後7時、「N1裏」と呼ばれるゲート前に、スピーカーから悲痛な叫びが響き渡る。集会場では悔しさからか、涙を押し殺す声が漏れていた。

 「五輪開幕。広島・長崎への原爆投下。本質的に平和を考えるべき大きなニュースの影で沖縄は泣いている。私たちはいつまで安倍の持ち物=TVの情報に頼るのか?」

 「高江の姿は日本の将来の姿だ。人権を無視した暴力的な脅しは“緊急事態条項”の予行演習そのものだ」

 現場では今、こんな危機感が共有されている。暴挙は毎度、大きなニュースに隠れて繰り返されてきた。

 8日、東京の主要メディアが高江から引き揚げたため、機動隊による強制撤去が9日にも始まるかもしれない。

 私たちは知るべきだ。南国特有の豪雨と晴天の間、やんばるの森、夜空には流れ星が無数に瞬いている。しかし、沖縄にはいまだ“戦後”は一度たりとも訪れていない。(Freelance Journalist・大嶽創太郎)

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 社会 【話題ニュース】  2016年08月10日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ヘリパッド建設】:高江で... | トップ | 【沖縄・高江の弾圧激化】:... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。