乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

ベッキー地上波出演で復活気分も 古巣から“過去の人扱い”

2016-10-16 09:15:40 | 新聞社・マスコミ・雑誌・ミニコミ

ベッキー地上波出演で復活気分も 古巣から“過去の人扱い”

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:ベッキー地上波出演で復活気分も 古巣から“過去の人扱い”

 ベッキー(32)が、ようやく地上波復帰。先の情報バラエティー「ワイドナショー」(フジテレビ系)に、ゲストコメンテーターとして出演し、“元カレ”である「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)との交際や、先日発表されたバンドの活動自粛について語った。

ようやく地上波復帰したが…(C)日刊ゲンダイ

     ようやく地上波復帰したが…(C)日刊ゲンダイ

 「ことし5月、TBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』に出演した際は、TBS以外の局に義理を欠いたとバッシングされたんです。その苦い経験もあって、番組放送の2日前にチーフマネジャーが各局を挨拶回りしていました。もっとも、その言動には『オタクが使ってくれないからフジに出るんだ』という恨み節がありありで、嫌な感じでしたね」(キー局プロデューサー)

 今回は地ならしもして完全復帰といきたいのだろうが、現実は厳しい。最もレギュラーの多かった日本テレビが「過去の人扱い」だというのだ。ベッキー抜きで放送中の「世界の果てまでイッテQ!」「天才!志村どうぶつ園」は高視聴率をキープしている。

 「それでなくても、お茶の間には不倫騒動への反感が消えたとはいえない。各局側も、ベッキーがスポンサーに正式に事の真相を語らなかったこともあり、今も不信感は拭えない」(放送関係者)

 日曜午前の「ワイドナショー」は司会の松本人志が独自の理論を展開しており、今回の出演でベッキーに「色がついた」というのがテレビ界の反応なのだとか。関係者によると、ベッキーは「男性には懲りた」と言っているそうだが、この一年は棒に振ることになりそうだ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 芸能 【エンタメニュース】  2016年10月16日  09:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『芸人』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AV嬢在籍ソープ経営 “吉原の... | トップ | ドラマ秋の陣で差くっきり 絶... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。