乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【クイックVote】:第291回 小池都知事の働きぶり、どう評価? 

2016-10-01 06:05:00 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【クイックVote】:第291回 小池都知事の働きぶり、どう評価? 五輪・豊洲問題は?

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【クイックVote】:第291回 小池都知事の働きぶり、どう評価? 五輪・豊洲問題は?

 日本経済新聞社は「電子版(Web刊)」の有料・無料読者の皆さんを対象とした週1回の意識調査を実施しています。第291回は就任から2カ月となる東京都の小池百合子知事に関して皆さんのご意見をお伺いします。

 小池知事は9月28日、就任後初となる都議会定例会で所信表明に臨みました。

 小池知事をめぐっては、都知事選のさなかから、都議会の最大会派の自民党との対立が注目されていましたが、8月に就任してからも、2020年東京五輪・パラリンピック開催費用問題や築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の安全問題など、問題が次々と明らかになり、話題に事欠きません。

 あなたは都政改革を掲げる小池知事のこの約2カ月間の働きぶりを評価しますか、しませんか。

 東京五輪の開催費用問題では、都の調査チームが9月29日に、招致段階では約7300億円だった費用が、その4倍にあたる3兆円超に膨らむとの試算を発表しました。

 ちなみに、過去の五輪大会の費用は、12年のロンドン五輪で2兆5000億円、14年のソチ五輪は5兆円だったといわれています。

 東京五輪の総費用が仮に3兆円を超えたとしても、他の大会と比べ決して巨額すぎるとはいえませんが、招致の際に算出した金額は本体工事のみの計上とはいえ、実際の費用と大きな乖離(かいり)があることは否めません。

 都は大会組織委員会に対してコストカットを求めていますが、あなたはその必要があると考えますか。

 運営費の膨脹に関連して、都は都内3施設の規模縮小や会場変更を求めています。

 対象となっているのは、東京湾中央防波堤のボート・カヌー会場と、江東区の水泳会場とバレーボール会場で、都はボート・カヌー会場の代替地として宮城県長沼ボート場を挙げています。

 また、水泳会場とバレーボール会場については規模縮小や既存施設の活用を提案しました。

 ただ、一部の施設はすでに建設工事が始まっており、開催まで4年を切った段階での変更は工期に大きく影響することが必至です。加えて、地方にも会場を設けた場合、都内の狭い範囲でさまざまな競技が行われることを利点として「コンパクト五輪」を掲げていたことと矛盾することになります。

 組織委の森喜朗会長は国際オリンピック委員会(IOC)で決定済みであることを引き合いに「日本側からひっくり返すことは極めて難しい」と反論しています。

 あなたは3施設の計画を見直したほうがいいと考えますか。

 次に、築地市場からの移転先となる豊洲市場をめぐる問題についてお聞きします。

 都は2年前から豊洲市場で定期的に地下水調査を実施しています。8回目となった8~9月の調査で、環境基準をわずかに上回るベンゼンとヒ素が検出されたことが9月29日に明らかになりました。環境基準を超す有害化学物質が検出されたのは初めてのことです。

 都は9回目の調査を11~12月に実施し、17年1月に結果を公表する予定ですが、今回の結果をふまえ再調査を行うとなると、さらに2年間の歳月がかかることになります。

 小池知事は8月に11月7日の予定だった移転の延期を決めましたが、その決定がさらに2年以上延びる可能性も出てきました。

 移転後の築地市場の跡地は、東京五輪での大会関係車両の駐車場とする計画があり、移転日程は東京五輪と密接に関係しています。

 あなたは豊洲市場の安全が確認できるまで移転を延期すべきだと考えますか。それとも東京五輪に影響が出ないよう、できるだけ早く移転すべきだと考えますか。

 小池知事が移転延期を決定した後に、豊洲市場の主要施設の地下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題が発覚しました。

 内部調査を指示していた小池知事は9月30日の記者会見で、盛り土を行わず地下空間を設ける方針をいつ、誰が決めたのかといったことの特定ができなかったと結論付けました。

 あなたはこの結論に納得しますか、しませんか。

 今回は4日(火)午後1時までを調査期間とし6日(木)に結果と解説を掲載します。毎回実施している内閣支持率調査にもご協力ください。アンケートには日経電子版のパソコン画面からログインして回答してください。ログインすると回答画面があらわれます。電子版の携帯向けサービスからは回答いただけません。

  元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【クイックVote】  2016年10月01日  06:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« {社説①}:ハンガリー 自国エ... | トップ | 中国の国産空母、スピード建... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地方行政、自治・住民自治・議会」カテゴリの最新記事