乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【トランプ大統領誕生】:どこよりも早い新政権人事 「ペイリン女史」まで・・・

2016-11-11 15:03:40 | 国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米

【世界が激震 トランプ大統領誕生】:どこよりも早い新政権人事 「ペイリン女史」まで長官候補に

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【世界が激震 トランプ大統領誕生】:どこよりも早い新政権人事 「ペイリン女史」まで長官候補に

 次期大統領に決まったトランプは、当選翌日から政権人事に動きだしている。

8日、投開票当日トランプ大統領候補についてインタビューを受けるペイリン元アラスカ州知事(C)ロイター

 しかし、日本とでは事情が異なる。日本では新首相が選ばれると、閣僚人事はすぐに発表されるが、米国は一定期間を置く。

 来年1月20日の就任式までが“一応”の目安である。

 “一応”と記…、詳細は、本紙を参照下さい。

 ※この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

堀田佳男
 堀田佳男 ジャーナリスト

 1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社などを経て1990年に独立。以来、ワシントンDCを拠点に政治、経済、社会問題など幅広い分野で取材・執筆。25年間の滞米生活を経て2007年帰国。国内外で精力的にジャーナリスト活動を続ける。著書に「大統領はカネで買えるか」「大統領のつくりかた」「エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明」など。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2016年11月11日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ大統領にスリ寄る 安... | トップ | 【日本外交と政治の正体】:... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米」カテゴリの最新記事