乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

バー禁煙化進む「カクテルのまち」客離れ懸念も

2016-10-08 10:23:30 | 医療・病気・健康・医薬品

バー禁煙化進む「カクテルのまち」客離れ懸念も

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:バー禁煙化進む「カクテルのまち」客離れ懸念も 

 「カクテルのまち」を掲げる宇都宮市中心部で、禁煙化を進めるバーが徐々に増えている。

 2020年東京五輪・パラリンピックへ向け、厚生労働省は受動喫煙対策の強化を検討している。しかし、「酒にたばこはつき物」と考える人も多く、客離れを懸念するバー業界は禁煙化が進まない。そんな中、独自に禁煙化し、嫌煙家や女性など新たな顧客開拓につなげている店もある。

客のたばこの煙を吸わないよう、カウンター内で小さな扇風機を回していた金子さん(9月29日午後、宇都宮市中央本町のDANで)

  客のたばこの煙を吸わないよう、カウンター内で小さな扇風機を回していた金子さん(9月29日午後、宇都宮市中央本町のDANで)

 「宇都宮も国際化してきており、たばこの意識も国際化する必要があると思う」

 同市中央本町のミュージックバー「DAN」のオーナー金子憲之さん(53)は、今月から店内を全面禁煙とした。

 客の7割が喫煙者だが、煙を嫌って早々と退席する客もいたという。自身もたばこをやめて10年。カウンター内に小さな扇風機を設置し、煙を拡散していたが、店は約40平方メートルと狭く、煙がこもり、息を止めて接客することもあった。

 禁煙化で店外にランプと灰皿を用意し、金子さんは「喫煙者も『時代だよね』と、理解してくれている」と喜んでいる。

 同市江野町の老舗カクテルバー「シャモニー」は、オーナーの永岡正光さん(49)が県立がんセンターで「禁煙セラピー」を受け始めた2014年、金土日の曜日限定で全席禁煙にした。永岡さんは「女性や医師のお客さまが来るようになった」と話す。

 同市本町の果実酒バー「フルールドゥリス」を経営する原百合子さん(34)は、修業先のママから「禁煙だと客がつかない」と教えられたが、果物を漬ける酒びんに煙が入って質が落ちるため、開店から2年後の14年、全面禁煙にした。客の反応は意外に良く、愛煙家の常連客が店外に灰皿台を手作りしてくれた。「たばこが苦手で来られるバーはここだけ」という客も来るようになったという。

 他にも、ワインの味と香りを損ねたくない(シャンラン)、スタッフのテイスティングに影響する(ブルーマジック)、などの理由で全席禁煙としているバーもある。

 栃木県健康増進課が13年に行った調査では、487の飲食店のうち、受動喫煙対策をしていたのは約4割の204店。このうち、バーは2店で、残る10店は、「客が減る恐れがある」「費用がかかる」「狭くて喫煙場所が作れない」などの理由で対策を取っていなかった。

 神奈川県や兵庫県は受動喫煙防止条例を制定し、店に禁煙や分煙の対策を義務づけているが、バーなど小規模の店は例外措置として、努力義務にとどめている。

 宇都宮市議会では13年8月、受動喫煙防止に関する陳情を不採択とした。理由は、同市が定めた健康作りの指針「健康うつのみや21」で既に、禁煙や分煙推進の数値目標が設定されており、内容が重複するため。

 業界団体の栃木県社交飲食業生活衛生同業組合は、「規模の小さなバーが多く、一律に禁煙化を指導はできない。自主的に取り組んでもらうのが望ましい」としている。(円詞央里、都梅真梨子)

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【話題】  2016年10月08日  10:23:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

『栃木県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 航空機排出CO2、削減制度... | トップ | 石灰から出火か、車庫を全焼…... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療・病気・健康・医薬品」カテゴリの最新記事