乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【習近平「アジア皇帝」への野望】:<第31回>ついに始まった中国・・・

2016-10-18 15:03:50 | 外交・中国・台湾・尖閣国有化

【習近平「アジア皇帝」への野望】:ついに始まった中国“ゾンビ企業”の破綻劇

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【習近平「アジア皇帝」への野望】:ついに始まった中国“ゾンビ企業”の破綻劇

 今月10日、大連市中級人民法院が、東北地方最大規模の国有企業の一角である東北特殊鋼集団(特鋼)の破産申請を受理した。

習国家主席はハムレットの心境か?(C)AP

 中国でいよいよ大型国有企業の破綻が始まったのだ。

 この会社の前身は1905年、日露戦争に勝利した日本が大連を占領した際につくった大…、詳細は、本紙を参照下さい。

 ※この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

近藤大介
 近藤大介 「週刊現代」編集次長

 1965年生まれ。埼玉県出身。東京大学卒業後、講談社入社。「フライデー」「週刊現代」「月刊現代」などで記者・編集者を務める。現在、「週刊現代」編集次長、明治大学国際日本学部講師(東アジア論)。2009年から2012年まで、講談社(北京)文化有限公司副総経理。「対中戦略」「日中『再』逆転」「中国模式の衝撃」「中国経済『1100兆円破綻』の衝撃」他、著書多数。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2016年10月18日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【二極化・格差社会の真相】... | トップ | 【ノーベル賞】:「ディラン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。