乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【小池都政】:都庁に「職員目安箱」 小池知事へ何でも直談判

2016-10-13 15:15:50 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【小池都政】:都庁に「職員目安箱」 小池知事へ何でも直談判

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【小池都政】:都庁に「職員目安箱」 小池知事へ何でも直談判

 東京都は、都職員が小池百合子知事に意見を直接伝える仕組みとして、「職員目安箱」を十二日に新たに設置したと発表した。意見は都庁内ネットワークや封書の郵送で知事に直接届くようにし、知事が内容を確認して対応を指示する。

 都によると、対象者は警視庁や東京消防庁、都議会局を除く都職員。意見の内容に特に制限はなく、職員が抱いている問題意識、提案などを幅広く受け付ける。匿名での意見提出も可能という。

 目安箱の設置は小池氏の選挙公約の一つ。都知事選への出馬を表明した七月六日の記者会見で、小池氏は「財源が豊富な東京ではさまざまな利権が発生する。どんな利権があるのか、情報提供をお願いする目安箱を設けたい」と発言していた。

  元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 政治 【地方自治・東京都】  2016年10月13日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【出光】:昭和シェルの合併... | トップ | 【東京都】:豊洲問題で市場... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。