乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【「やまゆり園」お別れ会】:家族ら「悲しみの淵、悔しさでいっぱい」

2016-10-17 06:15:05 | 事件・犯罪・疑惑

【「やまゆり園」お別れ会】:家族ら「悲しみの淵、悔しさでいっぱい」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【「やまゆり園」お別れ会】:家族ら「悲しみの淵、悔しさでいっぱい」

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で十九人が刺殺され、二十七人が負傷した事件で、同園のお別れ会が十六日午後、非公開で実施され、家族や職員らが犠牲者をしのんだ。

お別れ会に参列するため、「津久井やまゆり園」に入る関係者=16日、相模原市で

写真

 時折小雨が降る中、白いユリの花束などを手にした人が車やバスなどで続々と到着。関係者によると、家族会の会長が「現在も悲しみの淵に沈み、悔しさでいっぱい。園の再生に心を合わせて取り組みたい」と別れの言葉を述べた。

 会場となった体育館の壇上には犠牲者の遺影と花が飾られ、園側が名前と共に「畑仕事が得意な人」「音楽が好きな人」などと人柄を紹介。最後に全員がカーネーションを献花した。

 参列した七十代の男性は「『安らかに眠ってください』と手を合わせた」と話した。別の七十代男性は「あっという間に三カ月が過ぎようとしている。このままでは事件が忘れられてしまう」と風化を懸念した。

 園の前に設置された献花台には、十以上の花束や菓子などが供えられていた。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社会 【事件・犯罪・疑惑】  2016年10月17日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【東京都】:情報開示縮小を... | トップ | 視覚障害男性が線路転落 電... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。