乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【東京都】:豊洲地下の水銀「直ちに影響ない」 専門家会議、発生源調査へ

2016-10-16 06:15:12 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【東京都】:豊洲地下の水銀「直ちに影響ない」 専門家会議、発生源調査へ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【東京都】:豊洲地下の水銀「直ちに影響ない」 専門家会議、発生源調査へ

 東京都が開設する豊洲市場(江東区)の建物下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で、生鮮食品を扱う市場としての安全性を検証する「専門家会議」の初会合が十五日、築地市場(中央区)内であった。都は、盛り土せずに地下空間になっていた建物下の空気から、国が定める指針値の最大七倍の水銀が検出されたことを報告。会議は原因が不明だとして、調査することを決めた。 

 ただ、人体への影響について、委員の内山巌雄京都大名誉教授は「指針値は七十年間、毎日吸入した場合に生じる健康リスクを示したもので、今回の値は非常に微量。直ちに影響はなく、まず大丈夫」と語った。

 初会合では、都が先月下旬と今月上旬の二回実施した大気測定で、青果棟と水産卸売場棟にある地下空間の空気から、国の指針値(年平均値で一立方メートル当たり〇・〇四マイクログラム以下=マイクロは百万分の一)の七倍に当たる最大〇・二八マイクログラムを検出したことを伝えた。

 委員の駒井武東北大大学院教授は「コンクリートや砕石層の影響が考えられるが、発生源はよく分からない。詳しく観測した方がいい」と述べた。建物下は換気のない密閉空間のため、空気中の水銀が濃縮された可能性もあるという。

 豊洲市場で定点観測している地下水調査で、二百一地点のうち三地点で環境基準を上回るベンゼン、ヒ素が検出された問題を巡っては、座長の平田健正(たてまさ)放送大和歌山学習センター所長は会合終了後の記者会見で「これから二年間安定するまで、地下水監視を継続する必要がある」との見解を示した。

 専門家会議は月一回のペースで審議する予定。小池百合子知事は、来年一月に出る地下水調査の結果や専門家会議の意見を踏まえ、移転の可否について「総合的に判断する」との意向を表明している。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社会 【話題・東京都が開設する豊洲市場(江東区)の建物下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題】  2016年10月16日  06:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【東京都・豊洲専門家会議】... | トップ | 【復興五輪】:「メッセージ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。