乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【金口木舌】:地方創生と大学の魅力

2016-10-14 06:02:30 | 【地方創生・まち・ひと・しごと創生】:

【金口木舌】:地方創生と大学の魅力

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【金口木舌】:地方創生と大学の魅力

 県内の大学進学者のうち、地元の大学に進学した人の割合は54%で全国7位と多い。一方で、他県大学への進学者数から、他県から県内大学への入学者数を差し引いた流出超過数は1822人に上る

 ▼旺文社が、文科省の学校基本調査を基に分析した。地方創生が叫ばれる中、大学進学を契機にした人口移動に注目、進学時の都市部への一極集中を明らかにした
 ▼沖縄は地元進学率が高い一方で流出超過であるのは、他県から来る学生が少ないことを意味する。県外から見た大学の魅力づくりが課題だ
 ▼県内大学生らが、やんばる産パイナップルを使った新製品を開発し、先月、琉大祭で試験販売した。琉大4年の神谷奈々代さん(21)は「やんばるの魅力を伝えたいと思うと必死になる。知られていない地域の魅力があると思うので、地域がもっと大学を利用してほしい」と語った
 ▼ことし開学30周年を迎えた県立芸術大の比嘉康春学長は本紙インタビューにこう話した。「東アジアの中心にある大学として、海外との交流を通し、平和の懸け橋となれる大学にしたい」
 ▼県内大学の可能性は豊かだ。大学の持つ魅力が学ぶ意欲を伸ばし、人材を育て、ひいては沖縄の発展にもつながる。地域の魅力を発掘し、「東アジアの中心」という特性を生かす。そんな大学の挑戦が、沖縄の明るい未来を切り開く。

 元稿:琉球新報社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【金口木舌】 2016年10月13日  06:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【社説①】:記者排除を正当化... | トップ | 【社説②】:宮古島市契約問題... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。