乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【東京都】:小池知事の都庁粛清リストに局長級の名前が複数 

2016-10-12 15:07:10 | 地方行政、自治・住民自治・議会

【東京都】:小池知事の都庁粛清リストに局長級の名前が複数 逃げた石原慎太郎氏は“崖っぷち”

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【東京都】:小池知事の都庁粛清リストに局長級の名前が複数 逃げた石原慎太郎氏は“崖っぷち”

 東京都の小池百合子知事が、都の体質に怒り心頭に発している。自己検証では、豊洲新市場の「盛り土」未実施問題の真実は明らかにならず、全容解明のために、行政監察の手続きやプロジェクトチームなどを駆使する意向なのだ。小池氏が狙う「豊洲問題の事件化」とは。石原慎太郎元都知事(84)時代の「負の遺産」が指摘されるなか、処分対象候補をまとめた「粛清リスト」なるものが取り沙汰されている。

小池知事(写真)が豊洲問題の全容解明を進めるなか、石原氏は公開の場を避けている

  小池知事(写真)が豊洲問題の全容解明を進めるなか、石原氏は公開の場を避けている

小池知事が豊洲問題の全容解明を進めるなか、石原氏(写真)は公開の場を避けている

  
 「都の調査に協力する意思に変わりはなく、『聞き取りを拒否した』という報道に戸惑っている」「年を重ね、記憶が正確でなく、このところ体調がすぐれない。できることなら書面によりご質問いただければ、記憶を整理して誠意をもってお答えしたい」

 石原氏は6日、こんなコメントを発表した。同日朝刊などで、「石原氏、聴取拒否」「慎太郎氏、逃げた」などと批判され、釈明したのだ。

 だが、石原氏は都政への信頼を失墜させた、豊洲新市場の「盛り土」未実施が決まった当時の最高責任者である。最近もベストセラーを執筆し、都知事選では小池氏を「大年増の厚化粧」と罵倒し、報道番組では「都の役人は腐敗している」などと吠えていた。

 普段から「男らしさ」を強調している御仁なのだから、多少の体調不良を押してでも、正々堂々、都民の前で事実を語る責任があるはずだ。

 豊洲新市場については、建設工事の基本設計が発注された2011年3月には地下空間に関する記載はなかったが、同年6月に完成した基本設計は地下空間を設けることになっていた。

 この背景について、「石原氏は当時、新銀行東京の不良債権問題で追い込まれていた。これに豊洲の問題が重なり、『政治判断』が行われたようだ」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)という分析もある。

 「豊洲の闇」に迫るため、小池氏は「行政監察」の手続きや、「プロジェクトチーム」を駆使して、真相解明に迫ろうとしている。

 「行政監察」とは、都が行った業務や国の補助事業などが適正に行われているかを、都が自らチェックするという仕組みだ。都の場合、通常は総務局内の行政監察室が担うことになるという。

 ある都職員は「どこに光を当てるかで、監察の仕方も違ってくる。都議会の一般質問で、知事は『退職者も含めて懲戒処分などの、しかるべき対応をとる』と答弁した。豊洲新市場の事業に関わった人物が、その職責を果たしていたのかどうか、詳細にチェックすることになる」と語る。

 当然、石原氏についても監察すべきだろう。

 「プロジェクトチーム」の動きも注目される。

 小池氏は「都民ファースト」「情報公開」「税金の有効活用」を掲げて、9月29日に「内部統制プロジェクトチーム」を立ち上げた。メンバーは、元会計検査院の飯塚正史氏と、慶応大学教授の上山信一氏、弁護士の加毛修氏、元検事で弁護士の坂根義範氏、一橋大学教授の佐藤主光氏、公認会計士・税理士の須田徹氏で、いずれも都の特別顧問となっている。

 今後はプロジェクトチームの助言を得ながら、処分の対象となる歴代市場長や元職員、幹部職員を特定していく。

 当然、犯罪行為が見つかれば、捜査当局に通報することになる。

 そんななか、処分対象候補をまとめた「粛清リスト」が存在するという。関係者によると、西新宿にそびえ立つ本庁勤務の約60人の局長級(次長、理事などを含む)のうち、複数人の名前も掲載されているようだ。処分の時期については、都議会が終わる来週以降になるという。

 小池氏の狙いと、石原氏の不可解な動向をどう見るべきなのか。

 政治ジャーナリストの角谷浩一氏は「小池氏は、一連の不祥事を事件化していきたいと考えているのではないか。石原氏は、公開の場で『背任』的なイメージを貼られるのを嫌っているのだろう。今後、都職員たちは責任を押しつけられないよう、どんどん情報を出してくる。石原氏は『進むも地獄』『退くも地獄』という状況に追い込まれそうだ」と語っている。

 元稿:夕刊フジ 主要ニュース 政治・社会 【政治ニュース】  2016年10月08日  15:05:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ニッポンの新常識】:小池... | トップ | 【東京都】:小池知事“激怒”... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。