乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【日本】:ユネスコ分担金44億円を留保 背景に「南京大虐殺」登録…

2016-10-14 15:10:20 | 国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米

【日本】:ユネスコ分担金44億円を留保 背景に「南京大虐殺」登録…制度の改善促す

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【日本】:ユネスコ分担金44億円を留保 背景に「南京大虐殺」登録…制度の改善促す

 岸田文雄外相は14日の記者会見で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に対する今年の分担金や、外務省の任意拠出金など計約44億円の支払いを留保していると明らかにした。昨年、ユネスコが「南京大虐殺」関連資料を「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録したことへの反発が背景にあり、登録制度の改善を促す狙いがあるとみられる。歴史問題で対立する中国が、日本批判を強める可能性がある。

 外務省によると、ユネスコ分担金の支払いは加盟国に義務付けられている。日本は2016年度予算に約38億5千万円を計上。予算成立後の春に拠出するのが通例だが、10月に入っても支払っていない。

 今年の日本の分担率は9・6%で米国(22%)に次ぐ2位。ただ米国は11年からパレスチナの加盟に反発し、分担金拠出を凍結。ここ数年は日本が最も多い財政負担をしている。

 元稿:夕刊フジ 主要ニュース 政治・社会 【政治ニュース】  2016年10月14日  15:05:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【韓国財団】:元慰安婦へ来... | トップ | 【蓮舫氏vs三原氏】:「二... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。