乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【大弦小弦】:判決に正直、驚いた。裁判官には、時代や世の流れ…

2016-10-14 08:22:50 | 裁判(最高裁・高裁・地裁・簡易裁)

【大弦小弦】:判決に正直、驚いた。裁判官には、時代や世の流れ…

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【大弦小弦】:判決に正直、驚いた。裁判官には、時代や世の流れ…

 判決に正直、驚いた。裁判官には、時代や世の流れは見えていないのだろうかと。都内の私立学校の女性教諭が職場の文書で旧姓の記載を認めてほしいと、学校側に求めた訴訟である。東京地裁は11日、請求を退けた

 ▼女性は、教室では旧姓を名乗り、生徒や保護者からも旧姓で呼ばれているという。慣れ親しまれている名前、それを通知表や保護者へのお知らせなどの文書で使わせてとの願いが、なぜかたくなに拒まれるのだろう。疑問を禁じ得ない

 ▼判決は、旧姓を使う利益は法律上保護されると言いながら、職場で「戸籍上の氏名の使用を求めることには合理性、必要性がある」として棄却した。旧姓の使用が「社会に根付いているとまでは認められない」との認識も示した

 ▼企業であれ、公務員であれ旧姓使用を認める動きは着実に広がっている。女性の活躍推進に向けた政府方針も、旧姓使用の拡大を位置づけた。ちょっと周りを見渡せば分かりそうだが、判決は後ろ向きである

 ▼旧姓使用について最高裁は昨年、「社会的に広まることで、改姓することの不利益は一定程度緩和される」との考えを示した。この考えとも整合せず、後退した判決と指摘されても仕方ない

 ▼最近、社会が築き上げてきた価値観や権利をないがしろにする判決が続いている気がして、何か落ち着かない。(宮城栄作)

 元稿:沖縄タイムス社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【大弦小弦】  2016年10月14日  08:42:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【社説】:[翁長知事「歓迎... | トップ | 【社説】:[那覇市民会館の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。