乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【WIN5次々的中】:脱税の寝屋川市職員“4億円ゲット”の必勝法

2016-10-16 09:15:10 | 事件・犯罪・疑惑

【WIN5次々的中】:脱税の寝屋川市職員“4億円ゲット”の必勝法

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【WIN5次々的中】:脱税の寝屋川市職員“4億円ゲット”の必勝法

 どうやって高額馬券を次々と的中させたのか。大阪府寝屋川市固定資産税課の中道一成前課長(46)が、競馬で的中した4億円超の払戻金を申告せず、所得税約6200万円を脱税したとして、14日、大阪地検に在宅起訴された。

「WIN5」の最高配当額は今年8月に出た4億2000万円/(C)日刊ゲンダイ

  「WIN5」の最高配当額は今年8月に出た4億2000万円/(C)日刊ゲンダイ

 中道前課長は、2012年にJRAが指定する5レースの1着馬をすべて当てる「WIN5」を的中させて約5600万円を獲得。14年にも当時最高の約2億3200万円の払戻金を得た。ほかの高額馬券も合わせると、これまでに4億2000万円をゲットしたという。

 WIN5は自分でレースを選択できず、全レースが18頭立てだと、当選確率は約189万分の1と宝くじ並み。的中させたとしても、5レースの1着馬が“本命”ばかりだと100円の賭け金で払戻金が1万円を割ることもある。中道前課長は、どうやって高額馬券ばかり次々と的中させたのか。

 ■情報源は競馬新聞

 「かつて市販の競馬予想ソフトを改良して馬券を大量に購入し、100万円の元手を30億円以上に殖やした男性が“脱税事件”で起訴されました。しかし、中道前課長のやり方は超アナログです。主な情報源は競馬新聞。馬券の購入方法もシステマチックではありません。数千~数万円単位で“流し”で購入するのは他の競馬ファンと一緒ですが、払戻金が少ない“本命”の馬券をギリギリまで“間引き”し、的中した際のリターンを重視していたようです」(国税担当記者)

 WIN5の買い方には(1)5レースすべてを自分で予想 (2)一部をコンピューターが予想 (3)全てコンピューターにおまかせの3種類があるが、中道前課長は(1)の完全セレクトだったらしい。

 中道前課長の代理人を務める中村和洋弁護士がこう話す。

 「依頼者は記録が残るインターネットを通じて馬券を購入していたため、国税当局に嫌疑をかけられたようです。ただ、窓口で高額の払い戻しを得ても、一時所得を申告していない人はたくさんいます。たまたま高額な馬券に2回当たっただけで起訴までされるのは、あまりに不公平。しかも、公務員は禁錮刑以上になると失職してしまうのです。裁判では徹底的に争うつもりです」

 寝屋川市役所での勤務態度も悪くなかったようだ。

 「事務系職員1000人弱の市役所で行動に問題がある人物はまず課長になれません。中道が急に羽振りがよくなったとか、高級外車を乗り回していたという話を聞いたこともありませんし、今年4月に大阪国税局が市役所に査察調査に入って初めて、彼が競馬好きだと知った職員も多かったようです」(広報広聴課)

 馬券をコツコツと研究しながら次々と的中――。裁判の判決はどうなるか。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 事件 【犯罪・疑惑ニュース】  2016年10月16日  09:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野生サルの左手のわな、外し... | トップ | AV嬢在籍ソープ経営 “吉原の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。