乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【グループホーム火災】:運営会社社長に無罪判決 札幌地裁

2016-10-14 13:36:30 | 裁判(最高裁・高裁・地裁・簡易裁)

【グループホーム火災】:運営会社社長に無罪判決 札幌地裁

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【グループホーム火災】:運営会社社長に無罪判決 札幌地裁

 札幌市北区で2010年3月に入所者7人が死亡した認知症高齢者グループホーム「みらい とんでん」火災で、業務上過失致死罪に問われた施設運営会社社長、谷口道徳被告(58)=同市中央区=の判決公判が14日、札幌地裁であり、金子大作裁判長は無罪(求刑・禁錮2年)を言い渡した。

  7人が死亡したグループホーム「みらい とんでん」=札幌市北区で2010年3月13日午前7時20分、本社チャーターヘリから木葉健二撮影

 谷口社長は火災から約3年後の13年1月に書類送検され、同年5月に在宅起訴された。

 公判で、検察側は「男性入所者が衣類をストーブの上に置いたのが出火原因で、被告は男性の行動を予見できた」と指摘。これに対し弁護側は「1人で夜勤をしていた女性職員が洗濯物を乾かそうとストーブの近くに干し、離れたのが原因。予見は不可能だった」と無罪を主張した。【安達恒太郎】

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース 社会 【事件・事故・裁判】  2016年10月14日  13:36:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【東京労働局】:電通に立ち... | トップ | 【災害警戒区域】:指定で地... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。