乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【いじめ防止法】:例示し明確化を 国の対策協議会で改善素案提示

2016-10-12 10:17:30 | 【法務省、現行刑法・法定刑、法曹界】:

【いじめ防止法】:例示し明確化を 国の対策協議会で改善素案提示

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【いじめ防止法】:例示し明確化を 国の対策協議会で改善素案提示 

 国のいじめ防止対策協議会は12日、いじめ防止対策推進法に基づく施策の改善素案を示した。近く取りまとめる予定。同法では被害の大きいいじめを「重大事態」と定義し、学校や教育委員会に事実関係の調査を義務付けているが、定義が曖昧で対応に差が出ていると指摘。素案では、複数の具体例を示して重大事態を明確化するほか、調査の進め方を示した指針を作成するよう文部科学省に求めている。

 同法は重大事態を(1)心身や財産に深刻な被害が生じた疑いがある(2)相当期間欠席を余儀なくされている疑いがある―と定義。重大事態を把握した学校や教委は組織を設けて調査を行うこととしている。

 元稿:西日本新聞社 主要ニュース 社会 【生活・レジャー】 2016年10月12日  10:17:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【衆院補選】:小池氏と蓮舫... | トップ | 中国漁船の体当たりで警備艇... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。