乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【中国という猛毒】:★(3)トランプ氏長女に接近するスパイ疑惑の中国女性

2016-11-19 15:11:30 | 外交・中国・台湾・尖閣国有化

【中国という猛毒】:★(3)トランプ氏長女に接近するスパイ疑惑の中国女性 米大統領選中に「バカンス」も

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【中国という猛毒】:★(3)トランプ氏長女に接近するスパイ疑惑の中国女性 米大統領選中に「バカンス」も

 ★(3)

 次期米国大統領のドナルド・トランプ氏と、中国の習近平国家主席が14日、初の電話会談を行い、早期に直接会談を実現させることで合意したと、中国中央テレビ局(CCTV)が報じた。

 米国の影響をアジアから排除したい習政権は、「米国がアジア太平洋地域に深く関与するのは得策ではない」との考えを示す「トランプ大統領」の誕生を歓迎しているはずだ。

 では、中国とトランプ氏の間にどんなチャンネルがあるのか?

トランプ氏の長女、イバンカさん(写真)は、疑惑の中国女性、デン氏と懇意だ(ロイター)

  トランプ氏の長女、イバンカさん(写真)は、疑惑の中国女性、デン氏と懇意だ(ロイター)

 少なくとも、この度の米大統領選で“トランプの秘密兵器”として大活躍したトランプ家の長女、イバンカさんと親しい1人は、超大物の中国人女性である。

 1968年に江蘇省で生まれた彼女の現在の名前は、ウェンディ・デン・マードック(●(=登におおざと)文迪)氏。“世界のメディア王”の異名を持つ、米メディア大手ニューズ・コーポレーション社の会長兼最高経営責任者、ルパート・マードック氏の3番目の夫人(離婚済)である。

 デン氏は、マードック氏と1999年6月に結婚して以来、メディア界のみならず政界、実業界、映画界、ファッション界、芸術界、上流社会に広い人脈を築いていく。そして、欧米社会で超セレブな有名人となる。

 米フォーブス誌が2009年に発表した「世界の富豪夫人トップ10」では1位。同年の8位は、トランプ氏の妻、メラニア夫人だった。

 そんなデン氏に、欧米メディアが注目する理由は、実のところ他にもある。彼女の素性について、英米メディアと一部の中国語メディアまでが「広州医学院へ進学した1年生の時、人民解放軍総政治部広州支部の目に留まりスパイ候補生となった」と報じるなど、数年前からスパイ疑惑が噴出しているためだ。

 しかも、マードック氏との離婚騒動が報じられた3年前には、「ブレア元英首相と恋仲にあった」と、米英の複数メディアが大々的に報じた。この不倫報道を、当事者らは「強く否定」しているが、マードック夫妻の2人の娘の洗礼式が行われた11年に、「ブレアが娘たちの教父」などと報じられた件が蒸し返された。

 離婚後も“日の当たる場所”にいるデン氏だが、今年3月下旬にも再び“時の人”となる。USウイークリーなど複数メディアが、ロシアのプーチン大統領との“密会の噂”を報じたのだ。

 ツーショット写真は存在せず真偽は定かでないが、スパイ疑惑を報じられた中国人セレブと元KGBの密会は、単にラブ・アフェアではなさそうだ。

 さらに、米大統領選中の8月半ば、前出のイバンカさんとクロアチアでバカンスをしている様子が、ニュース専門放送局CNBCや英国のセレブ雑誌などに掲載された。

 米中の超大物女子が、どんなナイショ話を交わしたのだろう? 何よりデン氏の“次なるミッション”は何なのか?

 ■河添恵子(かわそえ・けいこ) ノンフィクション作家。1963年、千葉県生まれ。名古屋市立女子短期大学卒業後、86年より北京外国語学院、遼寧師範大学へ留学。著書に『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』(産経新聞出版)、『世界はこれほど日本が好き』(祥伝社)、共著に『「歴史戦」はオンナの闘い』(PHP研究所)など。

 元稿:夕刊フジ 主要ニュース 政治・社会 【政治ニュース】  2016年11月17日  15:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【中国という猛毒】:★(2)... | トップ | 【中国という猛毒】:★(4)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。