乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

顕微授精で生まれた男性、精子の濃度は半分

2016-10-31 10:58:30 | 【不妊治療・体外受精・代理出産】:

顕微授精で生まれた男性、精子の濃度は半分

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:顕微授精で生まれた男性、精子の濃度は半分

 不妊男性の精子を針で卵子に注入する顕微授精で生まれた男児は成長後、一般男性より精子の濃度が薄く、活発な精子の数が少ないなどとする調査結果を、ベルギーの研究チームが欧州生殖医学会誌に発表した。

 男性不妊の要因が、顕微授精で親から引き継がれたことが分かったのは初めて。

 研究チームは、顕微授精で生まれた18~22歳の男性54人を、自然妊娠で生まれた同世代の一般男性57人と比較。全体として精子の濃度は半分程度と低く、活発な精子の数は3分の1程度と少なかった。

 顕微授精は体外受精の一種で、精子の数が少なかったり、動きが悪かったりする場合に行う。最近は体外受精の成功率を上げるため、顕微授精を選ぶ例も増えている。現在主流の方法は1992年にベルギーで開発され、国内でもこの方法で94年から2014年までに少なくとも9万人以上が生まれている。ベルギーでは、生まれた子どもの長期追跡調査が行われ、初期に生まれた男児が成長し、生殖能力への影響が判明した。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 科学・IT 【医療・病気・不妊治療】 2016年10月31日  10:58:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国大統領と「特別な関係」... | トップ | イエメン反政府勢力のビルに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

【不妊治療・体外受精・代理出産】:」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。