乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【韓国】:朴大統領の弟「姉は崔太敏氏のたくらみにはまり…」 過去に・・・

2016-11-07 15:11:10 | 【憲法、擁護・改正、第9条問題他】:

【韓国】:朴大統領の弟「姉は崔太敏氏のたくらみにはまり…」 過去に漏らした“抜き差しならない関係”

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【韓国】:朴大統領の弟「姉は崔太敏氏のたくらみにはまり…」 過去に漏らした“抜き差しならない関係”

 【ソウル=桜井紀雄】4日の謝罪会見で、朴槿恵大統領が語気を強めた場面があった。「私がカルト宗教にはまっているという話まで出ているが、決して事実ではない」

 「巫女(みこ)」的な存在の崔順実容疑者が陰で大統領を操っている-との韓国社会に広まったイメージを真っ向から否定したのだ。

 イメージは、崔容疑者の父で、宗教家の故崔太敏牧師と朴氏の抜き差しならない関係から派生したものだった。

朴槿恵大統領と崔太敏牧師をめぐる相関図

        朴槿恵大統領と崔太敏牧師をめぐる相関図

 朴氏と崔父娘とのつながりは1970年代にさかのぼる。韓国の複数の報道によると、母、陸英修(ユク・ヨンス)氏が凶弾に倒れた74年に崔太敏氏が手紙を送り、「お母さんはあなたの時代を開くために道を譲った」と諭したという。

 それをきっかけに父娘2代、40年以上に及ぶ「相互依存」関係が続く。

 韓国紙、朝鮮日報は4日、崔太敏氏が、朴氏が理事長を務めていた財団の「運営を裏で操っていた」と指摘した盧泰愚(ノ・テウ)政権時代の報告書を入手したと報じた。「朴氏の後見人」を自任し、「何年か我慢して待てば女王になる」と告げたという。朴氏の弟が「姉は崔太敏氏のたくらみにはまり、他人の話を聞かず、家でも会えない」と不満を漏らしたとの記載もあった。

 内部告発サイト、ウィキリークスは、在韓米大使館が2007年に本国に宛てた報告書を暴露。帝政ロシアで国政に介入した怪僧に例え、「韓国のラスプーチン」と呼ばれ、「朴氏の心身を完全に支配し、子供たちが莫大(ばくだい)な蓄財をした」といった噂を記していた。

 深い関わりは崔容疑者に引き継がれ、孤独な朴氏の「最も苦しい時期にそばで見守る」存在となった。

 崔太敏氏が「娘は霊的な能力がある」と語ったともされることから、「崔容疑者=巫女説」が広まったと韓国メディアは伝えている。

 元稿:夕刊フジ 主要ニュース 政治・社会 【政治ニュース】  2016年11月05日  15:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【韓国】:「わずか数年で日... | トップ | 韓国民怒り爆発!朴大統領“命... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。