乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【亀有駅】:「こち亀」一色…階段や床をラッピング

2016-09-18 09:12:30 | 産業・経済・企業・ビジネスニュース

【亀有駅】:「こち亀」一色…階段や床をラッピング

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【亀有駅】:「こち亀」一色…階段や床をラッピング 

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で40年にわたって連載された人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(こち亀)が17日に完結した。

JR亀有駅構内の床に貼られた「こち亀」の表紙

      JR亀有駅構内の床に貼られた「こち亀」の表紙

 漫画の舞台となった東京・葛飾のJR亀有駅はラッピングで「こち亀」一色に彩られ、東京都中央区の日本橋高島屋で開かれている「こち亀展」(読売新聞社、集英社主催)にも多くのファンが訪れた。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の完結を記念し、単行本背表紙のラッピングが施されたJR亀有駅構内の階段(いずれも17日、東京都葛飾区で、伊藤紘二撮影)

  「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の完結を記念し、単行本背表紙のラッピングが施されたJR亀有駅構内の階段(いずれも17日、東京都葛飾区で、伊藤紘二撮影)

 亀有駅では壁や階段、床一面に、主人公・両津勘吉らキャラクターのラッピングが施されたほか、改札近くの床には200巻全ての表紙が登場。利用者が足を止め、記念撮影していた。

 こち亀展には初日の14日から16日までに計約1万3000人が来場。作者の秋本治さん(63)が、特別に描き下ろした読み切りの原画も特別公開され、最終回を読んだ後もこち亀を楽しむことができる。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【話題】  2016年09月18日  09:12:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【豊洲市場】:空洞は汚染対... | トップ | 【特集・北朝鮮】:米の北朝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

産業・経済・企業・ビジネスニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。