乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

イタリアでM6・6…建物倒壊、20人重軽傷

2016-10-31 01:05:30 | 災害・地震・津波・台風・竜巻・地滑り

イタリアでM6・6…建物倒壊、20人重軽傷

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:イタリアでM6・6…建物倒壊、20人重軽傷 

 【ノルチャ(イタリア中部)=佐藤友紀】イタリア中部ノルチャ近郊で30日午前7時40分(日本時間同日午後3時40分)頃、マグニチュード(M)6・6の地震が発生した。

 米地質調査所(USGS)によると、イタリアでは1980年に南部で起きたM6・9の地震以降、最大。地元当局によると、午後2時現在、少なくとも20人が重軽傷を負ったが、死者は報告されていない。

30日、伊中部ノルチャで、地震で外壁が大きく崩れ落ちた建物(AP)

  30日、伊中部ノルチャで、地震で外壁が大きく崩れ落ちた建物(AP)

 ノルチャや周辺の村では建物が倒壊するなど大きな被害が出ており、負傷者の救出活動や捜索が行われている。26日にもM5・5とM6・1の強い揺れが襲い、多くの住民が避難していたため被害の拡大を免れた可能性もある。ローマにある日本大使館によると、日本人の被害報告はない。

 USGSなどによると、震源地はノルチャの北6キロ・メートル、深さは約10キロ。午後1時7分にはM4・6の余震もあった。ノルチャの町の入り口は警察当局の規制線が張られ、道路沿いでは家屋の壁が崩れていた。道路はあちこちに地震による亀裂が入り、山肌から崩れ落ちた土砂が道路脇にたまっていた。

 地元メディアは建物の白い壁が煙を上げながら崩れ落ちる瞬間の映像を流した。中世に建てられた古い教会が多く、歴史的建造物であるサンベネデット教会などすべての教会が崩壊したという。住民らは避難所に集まり、不安そうに肩を寄せ合っている。英BBCは、崩落した修道院から修道女らが救急隊員に救助される様子を伝えた。

 ノルチャのピエルルイージ・アクタビラ副町長は地元メディアに「町は壊れてしまった。ただ、住民の多くは26日の地震の際に避難していたため無事だった」と話した。地元テレビは地震発生時、町にいた人は50人程度だったと伝えた。

 ノルチャは人口5000人に満たない地方で、黒トリュフと生ハムが特産品の観光地。1979年と97年にも大きな地震に見舞われ多くの犠牲者を出したことを教訓に、耐震化を進めた。

 今回の震源地付近では8月下旬に290人以上が死亡する地震が発生。街が消えたとまで言われるほど甚大な被害を受けたアマトリーチェと震源からの距離はほぼ同じだったが、大きな被害はなかった。しかし、今回は多数の建物が倒壊しており、地震の大きさを示している。

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース 国際 【欧州・イタリア・災害・地震】  2016年10月31日  01:05:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羽田空港で「昼」の米国線就... | トップ | 【余録】:昭和天皇のお印(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

災害・地震・津波・台風・竜巻・地滑り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。