乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【特集・米大統領選】:クリントン氏優位鮮明…米紙調査14ポイント差

2016-10-11 22:06:30 | 国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米

【特集・米大統領選】:クリントン氏優位鮮明…米紙調査14ポイント差

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【特集・米大統領選】:クリントン氏優位鮮明…米紙調査14ポイント差

 【セントルイス(米ミズーリ州)=尾関航也】11月8日の投開票まで1か月を切った米大統領選は、先月26日と今月9日の2度のテレビ討論会で安定感を発揮した民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(68)の優位が鮮明になってきた。共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)は討論会で振るわなかったうえ、所得税免除問題や女性をめぐるわいせつ発言問題で失速し、挽回は容易ではないとの見方が出ている。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルなどが10日に発表した世論調査(8、9日実施)によると、両候補の1対1の選挙を想定した全米支持率はクリントン氏が52%で、トランプ氏は38%。9月中旬時点で7ポイント差だったのが14ポイント差に拡大した。わいせつ発言に反発した共和党支持者の一部が離反しているのに加え、態度を決めかねていた無党派層の一部がクリントン氏に流れているとみられる。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 国際 【米国・大統領選】 2016年10月11日  22:06:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【衆院補選】:総力戦に…東京... | トップ | 【特集・皇室】:天皇、皇后... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。