乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【韓国】:韓国メディア、大統領談話に批判相次ぐ ■「権力に未練」

2016-11-07 01:03:20 | 【外交・韓国・従軍慰安婦、竹島問題】

【韓国】:韓国メディア、大統領談話に批判相次ぐ ■「権力に未練」

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【韓国】:韓国メディア、大統領談話に批判相次ぐ 

 ■「権力に未練」

 【ソウル=峯岸博】5日付の韓国各紙は、大統領文書を友人に漏洩していた問題に関して朴槿恵(パク・クネ)大統領が4日に発表した国民向けの談話を1面トップで大きく取り上げ、おおむね批判的に報じた。大統領の権限を手放し、国政への関与を薄めるよう求める論調がめだつ。

 中央日報は社説で、朴大統領が検察の捜査を受け入れると表明したのは「評価できる」としつつ、自らが指名した新首相候補に内政の全権を委ねると言及しなかったことに不満を示した。「権力に未練が残っているのか。朴大統領がまず国政運営の第一線から退くことで国家救出の小さな糸口をつかめる」と主張した。

 「5%大統領、野党説得に失敗」との見出しをつけた東亜日報は、世論調査の大統領支持率が5%にまで落ち込むなかで、首相の権限拡大や朴氏自身の第一線からの後退などに言及しなかったため「野党が反発している」と指摘した。社説でも「死ぬほどの覚悟で大統領の権限を下ろさなければ民心が戻ってこないこともある」と伝えた。

 朝鮮日報も「出口が見えない政局」との見出しで談話が事態収拾にはつながらないとの見通しを示した。「大統領が根本的な解決策を示さないまま未練を捨てられずに少しずつ後ずさりしていけば、本当の崖っぷちに立つことになる」と報じた。

 元稿:日本経済新聞社 主要ニュース 国際 【アジアニュース・韓国】  2016年11月05日  12:56:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【韓国】:韓国大統領への怒... | トップ | 【韓国】:朴大統領の聴取、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。