乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【朴氏「友人」】:31日にも聴取…文書流出問題で

2016-10-30 21:48:30 | 【外交・韓国・従軍慰安婦、竹島問題】

【朴氏「友人」】:31日にも聴取…文書流出問題で

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【朴氏「友人」】:31日にも聴取…文書流出問題で 

 【ソウル=中島健太郎】韓国の朴槿恵(パククネ)大統領(64)が演説草稿など機密文書を渡していた友人の会社経営、崔順実(チェスンシル)氏(60)が30日、滞在先の欧州から帰国した。

 検察の特別捜査本部は31日にも崔氏を事情聴取する見通しで、疑惑の渦中の人物に捜査のメスが入る。朴政権は30日、首席秘書官4人と側近秘書官3人、李元鐘(イウォンジョン)大統領秘書室長の計8人を更迭したが、事態収拾につながる気配はない。

 崔氏は30日、弁護士を通じ、「国民をがっかりさせたことを謝罪する。捜査には積極的に応じる」と述べた。

 崔氏には、朴氏から側近の秘書官を通じて演説草稿や機密扱いの公文書が渡っていたことが韓国メディアの報道で明らかになり、朴氏は国民への謝罪記者会見に追い込まれた。文書流出は、機密文書の漏えいを禁じた大統領記録物法に違反する疑いがある。

 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 国際 【アジア・朝鮮半島・韓国】 2016年10月30日  21:48:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池知事支援の区議7人、処... | トップ | 【「小池政治塾」】:旗揚げ…... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

【外交・韓国・従軍慰安婦、竹島問題】」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。