乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【ヘリパッド阻止】:闘志健在 沖縄・高江 定例の集中行動

2016-09-19 07:10:25 | 在日米軍基地・再編問題・防衛・武器

【ヘリパッド阻止】:闘志健在 沖縄・高江 定例の集中行動

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【ヘリパッド阻止】:闘志健在 沖縄・高江 定例の集中行動

 沖縄県東村高江で17日、米軍ヘリパッド=オスプレイパッド(着陸帯)の建設工事を阻止しようと、毎週水・土曜日に行われる「集中行動」が県道70号線沿いのN1ゲート前で開かれ、200人以上が集まりました。

写真

  (写真)定例の集中行動に参加する人々=17日、沖縄県東村高江

 福岡高裁那覇支部が前日、名護市辺野古の米軍新基地建設をめぐる訴訟で安倍政権の主張を全面的に認める不当判決を下したことへの怒りの声が相次ぐと同時に、高江・辺野古の工事阻止へ連日の行動を継続しようと確認しあいました。

 日本共産党県議団から3人が参加し、渡久地修議員は「昨日の判決は、司法が役割・任務を放り投げて、安倍政権の代理人になった最悪の判決だ」と厳しく批判しました。

 「オール沖縄会議」の高里鈴代共同代表は3月4日の国・県による「和解」以来、辺野古の工事が止まっていることについて「それまで長い間がんばってきたことの成果です。一日一日のたたかいを大切にして何としても辺野古・高江の工事を止め続けよう」と訴えました。

 沖縄平和市民連絡会の北上田毅さんは、高江の工事の進ちょく状況を報告。「予定されている4カ所のヘリパッドを建設するためには砂利だけでも10 トントラック1300台分は必要だが、現在で400台分程度。しかも、先日、ヘリで重機を空輸したH、G地区は手つかずであり、ノグチゲラの営巣期間(来 年3月~6月)前に完了する見通しはたっていない」と指摘。「阻止行動で工事が遅れ、政府は焦っている。ゲート前での阻止行動がますます重要になってい る」と訴えました。

 元稿:しんぶん赤旗 朝刊 主要ニュース 政治 【政策・沖縄県・在沖米軍基地・米軍北部訓練場で日米両政府が進めるヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設工】 2016年09月18日  07:10:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【沖縄・「やんばる国立公園... | トップ | 【東京都】:石原氏「地下に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

在日米軍基地・再編問題・防衛・武器」カテゴリの最新記事