乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

ドラマ秋の陣で差くっきり 絶好調テレ朝が日テレを抜く日

2016-10-16 09:15:50 | 新聞社・マスコミ・雑誌・ミニコミ

ドラマ秋の陣で差くっきり 絶好調テレ朝が日テレを抜く日

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:ドラマ秋の陣で差くっきり 絶好調テレ朝が日テレを抜く日

 秋の新ドラマは“テレ朝祭り”となった。「相棒シーズン15」はシーズン13以来の登場となった仲間由紀恵が好評で、2時間超の放送枠で初回視聴率15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と健闘だし、「ドクターX~外科医・大門未知子~」も泉ピン子を迎えて20.4%と高視聴率をマーク。

連ドラ氷河期に高視聴率をマーク(C)日刊ゲンダイ

   連ドラ氷河期に高視聴率をマーク(C)日刊ゲンダイ

 ひと桁視聴率が当たり前の連ドラ氷河期とは思えないスタートダッシュに、「この2つのドラマには勝てっこない」と他局が白旗を揚げている。

 作家の松野大介氏が言う。

 「『相棒』は男性高齢者も巻き込み、『ドクターX』は米倉涼子と同年代のアラフォー女性がメーンで、どちらもテレビ好きの層を取り込んでいる。新シリーズごとのメンバーチェンジも奏功、主役が勝利するマンガ的な展開が見ていて痛快です。水谷・米倉世代の視聴者はこのままシリーズを重ねても支持するのではないか。米倉の決めゼリフをもじれば『テレ朝、失敗しないので』となります」

 「相棒」は年明けに再び映画化され、連ドラ人気に拍車もかかる。来週には「科捜研の女」の新シリーズもスタート。こちらも視聴率が安定しているだけに、この秋はテレ朝の独壇場で、日本テレビとの年間視聴率争いも注目されている。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 芸能 【エンタメニュース】  2016年10月16日  09:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベッキー地上波出演で復活気... | トップ | 西武狭山線で保安装置故障、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。