乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【筆洗】:英国で生まれ育ったオフィーリアさん(52)は十歳の時、・・・

2016-09-19 01:30:20 | 学術・文学・アート・美術・古典

【筆洗】:英国で生まれ育ったオフィーリアさん(52)は十歳の時、お父さんから車の運転を教えられたという。

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【筆洗】:英国で生まれ育ったオフィーリアさん(52)は十歳の時、お父さんから車の運転を教えられたという。

 はじめは果樹園を乗り回していたが、そのうち父の昼寝 時を見はからっては外の道路に乗り出すようになった▼ある日、お菓子を買いに村まで行ったら、車が故障してしまった。家に電話すると、父は「ばかだね」と だけ言い、駆け付けると叱りもせずにさっと修理してくれた▼だが、彼女には父が言わんとしていることが分かった。「いいか、車で出掛けるのなら、最低限の 簡単な修理ぐらい覚えておくもんだ」▼この豪放磊落(らいらく)なお父さんの名は、ロアルド・ダール。この十三日に生誕百年が祝われた作家だ。戦時中は英 空軍で戦闘機を操り、米国での情報活動にも奔走した。パイロットにスパイ…冒険劇の主人公のような青年時代を送った彼にとって育児とは、子どもと一緒に宝物を探す冒険だったに違いない▼ベッドでわが子に話す物語から、没後四半世紀余たっても魔法のような力を放つ『チョコレート工場の秘密』『オ・ヤサシ巨人 BFG』などの名作が生まれた▼評伝『ダールさんってどんな人?』によると、「どうすれば八歳の子どもの心をそれほど完璧にまで理解できるのか」と尋ねられた作家は、こう答えたそうだ。「わたしは八歳だからだ」。自分のなかの子どもを、大切に大切にし続けた人だったのだろう。

 元稿:東京新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【筆洗】  2016年09月17日  01:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

ジャンル:
作家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【社説】:民進代表に蓮舫氏... | トップ | 【社説②】:今、憲法を考える... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。