乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

中国の宇宙船がドッキング成功 宇宙で実験へ

2016-10-19 15:15:45 | 外交・中国・台湾・尖閣国有化

中国の宇宙船がドッキング成功 宇宙で実験へ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:中国の宇宙船がドッキング成功 宇宙で実験へ

 【北京=平岩勇司】中国中央テレビによると、中国の有人宇宙船「神舟11号」が十九日午前三時半(日本時間同四時半)すぎ、九月に打ち上げられた宇宙実験室「天宮2号」とのドッキングに成功した。景海鵬飛行士ら二人は天宮2号に移り、今後は中国としては最長の三十日間にわたってさまざまな実験を行う予定。

19日、北京の宇宙飛行管制センターのモニターに映し出された、ドッキングした「天宮2号」に移動した「神舟11号」の宇宙飛行士の映像=新華社・共同

写真

 ドッキングは中国が独自に目指している宇宙ステーション建設の一環で、高度約三百九十キロの軌道上で自動操縦で行われた。実験室で飛行士二人が親指を立ててドッキング成功を喜ぶ様子がテレビで生中継された。二人は実験室に滞在し、宇宙空間を利用した科学実験を行うほか、人体への影響を検査する。

 中国は二〇一八年ごろに宇宙ステーションの建設を計画している。今後は段階的にパーツを打ち上げ、複数のモジュールと呼ばれる構造物を組み合わせて二二年ごろのステーションの運用開始を目指している。今回の神舟11号と天宮2号は建設計画の「ひな型」とされている。有人宇宙船と実験室のドッキングは今回で三回目。

 <中国の宇宙ステーション計画> 

 中国は1992年から有人宇宙飛行プロジェクトをスタート。人民解放軍を中心に、2020年ごろの宇宙ステーション完成を目指して計画を進めている。03年には有人宇宙船「神舟5号」の打ち上げを成功させ、旧ソ連(ロシア)、米国に次ぐ世界で3番目の有人宇宙船打ち上げ国となった。その後、無人宇宙実験室「天宮1号」と有人宇宙船「神舟10号」とのドッキング実験などを続けている。 (共同)

 元稿:東京新聞社 夕刊 主要ニュース 国際 【アジア・中国】 2016年10月19日  15:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【米大統領選】:トランプ氏... | トップ | 【「TPP強行採決」】:言... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。