乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【特別ホーム】:介護職が80代女性虐待 家族の撮影で発覚

2016-10-01 02:30:20 | 【高齢者への虐待・暴行・身体拘束】:

【特別ホーム】:介護職が80代女性虐待 家族の撮影で発覚

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【特別ホーム】:介護職が80代女性虐待 家族の撮影で発覚

 三重県四日市市西大鐘町の特別養護老人ホーム「よっかいち諧朋苑(かいほうえん)」で、50代の女性職員が入所者の80代の女性に、暴言を吐きながら平手打ちをするなど虐待を繰り返していたことが分かった。施設を運営する社会福祉法人「宏育会」理事の村中正敏施設長が30日、毎日新聞の取材に「暴力行為があったことは間違いない。利用者には申し訳ない」と認めた。

  虐待が発覚した特別養護老人ホーム「諧朋苑」を含む、「宏育会」が運営する福祉施設=三重県四日市市西大鐘町で2016年9月30日、松本宣良撮影

 施設や市介護・高齢福祉課、県長寿介護課によると、職員は7〜9月の夜勤中、1人部屋に入居する女性に対し「早く死んだらええやん」などと言いながら顔を平手打ちしたり、枕で顔を殴ったり、顔に布団のシーツをかぶせたりするなどの虐待を繰り返していた。女性は要介護度5の重度の寝たきりで、意思疎通も難しい。けがはなかったという。

 入所者の女性の長男が9月初旬、暴行などの場面が映った30秒から1分前後の動画約15本を市と県警四日市北署に持ち込み、発覚した。虐待を疑い、自ら部屋にカメラを設置して撮影したという。

 市は9月8日に県に報告するとともに、翌日、施設に調査を要請。県や市によると、職員は事実を認めた上で「夜勤のストレスがあった」と話したという。施設は同17日付で職員を懲戒解雇した。

 施設には約100人が入所しているが、他の被害者は確認されていないという。【井口慎太郎、松本宣良】

 元稿:毎日新聞社 主要ニュース ライフ 【ライフスタイル】  2016年10月01日  02:30:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『三重県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【日銀】:新たな緩和手法始... | トップ | 【B型肝炎】:国、発症時期... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

【高齢者への虐待・暴行・身体拘束】:」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。