乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

氷河期世代を正社員化、採用の企業に助成へ

2016-10-31 06:15:10 | 就職・非正規雇用・失業・雇用問題

氷河期世代を正社員化、採用の企業に助成へ

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:氷河期世代を正社員化、採用の企業に助成へ

 政府は来年度、バブル崩壊後の就職氷河期(1990年代後半~2000年代前半)に高校・大学などを卒業し、現在は無職や非正規社員の人を正社員として採用した企業に対し、助成金を支給する制度を創設する。

 少子高齢化に伴って生産年齢人口(15~64歳)が減少する中、働き盛りの世代を活用する狙いがある。

 就職氷河期に就職活動した世代の大半は現在、30歳代後半~40歳代になった。親が定年退職したり、介護が必要になったりして、現役世代の働き手として家族の中心的な役割を担っていることから、正社員化で生涯賃金の引き上げを図ることにした。

 政府は、沖縄県を除く46都道府県で有効求人倍率が1倍を超える(9月)など、良好な雇用環境が続くうちに、こうした世代の正社員化を促す取り組みを進めたい考えだ。

 元稿:讀賣新聞社 朝刊 主要ニュース 政治 【政策・雇用施策・バブル崩壊後の就職氷河期(1990年代後半~2000年代前半)に学校を卒業・現在は無職や非正規社員の人を正社員として採用した企業に対し、助成金を支給する制度を創設】  2016年10月31日  06:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【社説①】:不確実性の高まり... | トップ | 【社説】:②企業情報開示 報... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

就職・非正規雇用・失業・雇用問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。