乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【米大統領選】:女性に嫌われたヒラリー 敗因は“夫隠し”と“パンツスーツ”

2016-11-19 15:03:40 | 国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米

【米大統領選】:女性に嫌われたヒラリー 敗因は“夫隠し”と“パンツスーツ”

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【米大統領選】:女性に嫌われたヒラリー 敗因は“夫隠し”と“パンツスーツ”

 米大統領選で敗北した民主党のヒラリー・クリントン氏(69)は、女性の社会進出を阻む「ガラスの壁」の打破を掲げていた。ところが、肝心の女性たちは、クリントン氏の訴えにそれほど共感しなかったらしい。

 米CNNテレビの出口調査によると、白人女性の53%がトランプ氏に投票していたという。

女性有権者の共感を得られなかった…(C)AP

       女性有権者の共感を得られなかった…(C)AP

 トランプ氏は、女性蔑視発言が物議を醸した男性だ。ワンマン経営者で、2度の離婚歴がある肉食系。マンガになりそうなぐらい男っぽい。そんな相手に対しても、女性からの支持でリードを奪えないのだから、えらく嫌われたものである。

 女性の活躍推進が叫ばれる日本では、今後、女性管理職が増える見込みだ。だが、クリントン氏のように女性から嫌われるタイプを管理職に据えれば、組織はガタガタになりかねない。いったいなぜ、クリントン氏は女性に嫌われたのか。どこに嫌われる要素があったのか。

 家族問題評論家でNGO「Girl Power」代表理事の池内ひろ美氏は、こう言う。

 「彼女は、若い女性のロールモデル(模範となる人物)になれなかったのです。選挙終盤、夫のビル・クリントン氏を応援演説に立たせず、有名人を呼んで話をさせました。夫の添え物ではないことを強調したかったのかもしれませんが、多くの女性は、夫が援護してくれないような妻にはなりたくありません。女性は男性に支えられて輝き、男性は女性に支えられて輝くのです。元モデルの妻や前妻との間にできた娘を登壇させたトランプ氏の方に、女性は共感したんでしょうね」

 クリントン氏のファッション、特に選挙終盤に見せたパンツスーツ姿も、女性に嫌われる要素という。

 「女性が男性よりも優れているのは共感能力とバランス感覚です。女を売りにせず、女を否定しない。そんなスタンスの女性は、周囲の女性にも好かれます。パンツスーツは、女性を売りにしていない表れになるでしょうが、どうしてもオバサンぽさが強調され、女性らしさに欠ける。女性を否定していると、とられかねません」

 仲のいい夫やボーイフレンドがいて、スカート姿を好む女性管理職なら安心だ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2016年11月19日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【安倍首相】:トランプ会談... | トップ | 【米・政権移行チーム】:人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。