乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

止まらないポンド下落 FXで儲けるコツを投資家に聞いた

2016-10-09 09:17:00 | 金融・財政ニュース

止まらないポンド下落 FXで儲けるコツを投資家に聞いた

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:止まらないポンド下落 FXで儲けるコツを投資家に聞いた

 ポンドの下落が止まらない。連日、安値を更新し、4カ月前から20%も下落している。英国経済への懸念からポンドが売られているのだ。

来年3月にイギリスはEU離脱を通告する(C)AP

        来年3月にイギリスはEU離脱を通告する(C)AP

 7日もアジア市場でポンドが対ドルで急落。一時1ポンド=1.18ドル台をつけ、約31年ぶりの安値を記録。わずか2分間で6%も下落する異常事態も発生し、市場は大パニックだった。

 「6%の急落は、誤発注がきっかけだった可能性が高い。ただし、誤発注だけでは、ここまで下げない。安値を付けると自動的に売るように設定している投資家がいるので、どんどん売られたのでしょう。ポンドへの警戒感からそのような設定をしている投資家が多いということです」(エモリキャピタルマネジメント代表の江守哲氏)

 信頼性が高い通貨なのに、値動きが荒いことから「殺人通貨」の異名をとるポンド。個人投資家には恐ろしい通貨だ。きのうの急落でも、ネット上では「地獄に落ちた」「瞬殺だ」と悲鳴が上がっている。この激しい相場で儲ける方法はないのか。

 「相場は値動きが激しいほど儲けのチャンスがあります。ただし、前提としてポンドの場合、円やドルなど安定した通貨より投資額は控えめにすべきです。難しいのは、いつ買って、いつ売るか。何%下落したら買うなどと事前に決めずに、落ちきって、少し上向きになったところが買いです。ただ、そこで再び下落したら、すぐ売るべき。2番底の恐れがあるからです。一方、売るのは、上昇局面がいったん止まり、少し落ち着いたところです」(カリスマ個人投資家の新田ヒカル氏)

 この荒っぽい相場は大ヤケドしやすい。シロウトが手を出すにはかなりヤバそうだ。

 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース ビジネス 【株式・投資・金融ニュース】  2016年10月09日  09:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【豊洲問題】:石原慎太郎氏... | トップ | 【大弦小弦】:県議会文教厚... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

金融・財政ニュース」カテゴリの最新記事