乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【沖縄が危ない!】★(1)沖縄の米軍北部訓練場、移設工事への・・・

2016-10-12 15:06:00 | 在日米軍基地・再編問題・防衛・武器

【沖縄が危ない!】★(1)沖縄の米軍北部訓練場、移設工事への反対運動にほくそ笑む中国

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【沖縄が危ない!】★(1)沖縄の米軍北部訓練場、移設工事への反対運動にほくそ笑む中国

  沖縄県の米軍北部訓練場(東村など)の返還に向けたヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事への反対運動が過激化している。工事現場で反対派と機動隊がもみ合い、けが人や逮捕者が出る事態にまで発展した。

沖縄・東村高江でにらみ合う反対派と機動隊(八重山日報提供、画像を一部加工しています)

  沖縄・東村高江でにらみ合う反対派と機動隊(八重山日報提供、画像を一部加工しています)

 沖縄メディアは「政府による弾圧だ」と、反対運動の正当性をアピールする。だが、その実態は、同じ沖縄の尖閣諸島(石垣市)に迫る、中国の脅威をそっちのけにした「イデオロギー闘争」にほかならない。

 私は8月末、反対派が集結している東村高江を訪れた。通称「N1」地区の入口ゲートがあり、資材を積んだ工事車両が通過している。そのたびに、反対派が興奮した様子で車道に飛び出そうとし、警察官に阻止されていた。

 工事現場近くでは、反対派が車両をバリケードにして県道をふさぎ、工事車両だけでなく、一般車両の通行も妨害していた。反対派は周辺で「工事車両でないか確認するため」と称し、一般車両を強制的に停車させていた。市民の1人は「何の権限があって勝手に検問しているのか」と憤慨していた。

 ゲート前の県道沿いには反対派がテントを設置し、工事を監視していた。中から出てきた女性は「工事は戦争準備のためだ」と話した。私は「石垣市から取材に来たが、尖閣諸島問題をどう思うか?」と聞いてみた。

 女性は「日本が軍事的に尖閣に出ていくから、中国はメンツをつぶされて軍艦を派遣した。日本が煽り立てるからいけない」とまくし立てた。

 私が反対派とのやり取りを記事にして八重山日報に掲載すると、反対派から「尖閣問題とヘリパッド移設に何の関係があるのか」と抗議があった。

 米軍や自衛隊基地は、尖閣を狙う中国に対する抑止力として機能している。反対派は自覚していないのかもしれないが、尖閣問題では「中国の代弁者」そのものに聞こえる。多くの県民が漠然と「基地反対=平和運動だ」と思い込んでいるが、高江や辺野古で活動している人たちは、特定のイデオロギーを県民に押し付けようとする、独善的な集団だ。

 沖縄県警の池田克史本部長は9月の県議会で、ヘリパッド反対派について「過激派といわれる極左暴力集団の参加も確認している」と答弁した。

 そもそも、ヘリパッド建設工事は、戦争準備のためではない。6カ所のヘリパッド移設工事が完了すれば、北部訓練場の半分に当たる約4000ヘクタールが返還される。移設は「基地機能の維持」と「県民負担の軽減」を両立させる政策だ。

 反対派が抵抗すればするほど、中国はほくそ笑み、県民の負担軽減は遠のく。高江の光景は、尖閣をめぐる代理戦争でもある。

 ■仲新城誠(なかしんじょう・まこと) 1973年、沖縄県石垣市生まれ。琉球大学卒業後、99年に石垣島を拠点する地方紙「八重山日報社」に入社。2010年、同社編集長に就任。同県の大手メディアが、イデオロギー色の強い報道を続けるなか、現場主義の中立的な取材・報道を心がけている。著書に「国境の島の『反日』教科書キャンペーン」(産経新聞出版)、『翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走』(同)など。

 元稿:夕刊フジ 主要ニュース 政治・社会 【政治ニュース】  2016年10月12日  15:05:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。


『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【沖縄が危ない】:★(5)国... | トップ | 【東京株大幅反落】:終値1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。