乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【防衛省】:幹部も絶賛 馬毛島買収のナゼ 無人島で騒音問題なし+滑走路

2016-11-05 08:15:20 | 防衛省・自衛隊、核兵器・武器

防衛省】:幹部も絶賛 馬毛島買収のナゼ 無人島で騒音問題なし+滑走路あり造成も不要

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【防衛省】:幹部も絶賛 馬毛島買収のナゼ 無人島で騒音問題なし+滑走路あり造成も不要

 米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転先となる馬毛(まげ)島(鹿児島県西之表(にしのおもて)市)の用地買収をめぐり、政府と土地所有者の開発会社との間で契約のメドが立ったのは、空母艦載機の拠点が来年、岩国基地(山口県)に移駐するタイムリミットが迫っていることが大きい。

 FCLPは米軍パイロットが空母に着艦するための資格を得る訓練で、硫黄島でのFCLPはあくまで暫定措置だ。昭和57年から厚木基地(神奈川県)で行われていたFCLPは騒音問題が深刻化し、代替施設が確保されるまでの間として平成3年から硫黄島を暫定使用してきた。

 18年に米軍再編の日米合意で空母艦載機の拠点を厚木から岩国に移すことが決まり、FCLPも21年をメドに移転候補地を選定すると決定。19年には候補地として馬毛島が浮上したが、21年に発足した民主党政権が普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で迷走したあおりで用地取得交渉を停滞させ、地元の西之表市から反発も受け、膠着(こうちゃく)状態に陥った。

 艦載機の拠点の厚木から硫黄島は約1200キロと遠く、米側には不満がくすぶり続けた。拠点が岩国に移ると、硫黄島までは約1400キロでさらに遠くなる。

 それに対し岩国から馬毛島までは約400キロで、無人島のため騒音問題も生じにくい。土地が平らで大規模造成が不要な上、X字形に滑走路2本も造成されており、「これ以上の適地はない」(防衛省幹部)と指摘されてきた。

 用地取得交渉では開発会社が売却ではなく賃貸契約を求めたことが膠着状態に陥った一因だった。政府側には売却額をつり上げてくることへの警戒感も強かったが、タイムリミットを前に「妥当な売買額で決着できる見通しがついた」(政府高官)という。

 米軍使用に道が開けたことで、普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する勢力が馬毛島へのオスプレイの大規模な訓練移転を主張する可能性があるが、政府は沖縄の負担軽減策としての馬毛島の活用は限定的な訓練移転にとどめる。(半沢尚久)

 元稿:夕刊フジ 主要ニュース 政治・社会 【政治ニュース】  2016年11月05日  08:15:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『鹿児島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【韓国】:朴大統領“屈辱謝罪... | トップ | 窮地の山本農水相…蓮舫氏「敵... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

防衛省・自衛隊、核兵器・武器」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。