乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【社説②】:トヨタ・スズキ提携と車の未来

2016-10-16 03:30:20 | 産業・経済・企業・ビジネスニュース

【社説②】:トヨタ・スズキ提携と車の未来

 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【社説②】:トヨタ・スズキ提携と車の未来

 トヨタ自動車とスズキが環境や安全、自動運転など次世代技術の開発を中心に提携する。

 具体的な中身はこれから詰めるが、世界最大手で日米などの先進国市場に強いトヨタと、小さい車づくりや巨大な潜在需要が見込まれるインド市場に強いスズキの組み合わせは迫力がある。

 両社の協業が日本の自動車産業の競争力向上に資することを期待したい。

 自動車産業では提携や再編の動きが急だ。トヨタはマツダや富士重工業、独BMWなどとも提携している。日産自動車は三菱自動車への資本参加を決めた。世界に目を転じると、2014年には伊フィアットが米クライスラーを完全買収した。

 一連の提携劇の根っこにあるのは自動車をめぐる技術潮流の変化だ。過去100年間にわたって自動車の唯一の動力源はエンジンであり、エンジンを改良することが車の環境・走行性能を高める決め手だった。

 だが、近年は車の電動化が進み、モーターで車を動かすハイブリッド車や電気自動車が脚光を浴びている。さらにドライバーを人工知能(AI)で補助したり代替したりする自動運転技術の開発競争が、米グーグルなどの有力IT(情報技術)企業も巻き込みながら加速している。

 必要な技術の範囲が急速に広がる中では、自動車各社は自社開発の技術だけでは対応しきれない。とりわけスズキのような中堅企業は自前主義の限界を意識しており、それが提携につながった。

 今後各メーカーに求められるのは、自社や系列の殻に閉じこもるのではなく、大学の研究者やIT系のベンチャー企業など外部の人たちと連携する開かれた姿勢だ。ライバルとも時には協力し、仲間づくりを進めて、技術の標準化を進めることも重要だ。

 その先頭に日本車メーカーが立って、安全でクリーンな車づくりで世界をけん引してほしい。それだけの潜在力はあるはずだ。

 元稿:日本経済新聞社 朝刊 主要ニュース 社説・解説・コラム 【社説】  2016年10月14日 03:30:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【春秋】:熊本市の宮本儀子... | トップ | 【社説①】:TPP承認で世界... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。